ミトコンドリア

質量のないエネルギーが生命と関係しているー西原克成『究極の免疫力』

当ブログではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、真の健康の実現と多くの病気の問題を解決する方法について考えていますが、今回は西原克成博士の『究極の免疫力』(講談社インターナショナル)について述べていきたいと思います。

 

前回や前々回取り上げた『免疫力を高める生活 健康の鍵はミトコンドリアが握っている』の著者である西原克成博士は、この『究極の免疫力』のなかで、質量のある物質だけではなく、質量のないエネルギーが、生命と関係していることをはっきりと述べています。

この「質量のないエネルギー」とは見えないエネルギーのことですが、西原克成博士は、本書『究極の免疫力』のなかで「質量のない物質、つまりエネルギーが生体に果たしている影響・役割をきちんと把握していくことが必要不可欠」だとしています。

 

また、「人間の生命を把握し、その生命におこる現象を把握するには、食べもの、飲みもの、薬といった物質と、熱、寒冷、圧力、光、引力、音波、電波といった環境エネルギーの両面から身体と生命を捉え直す視点がどうしても不可欠」であると述べています。

 

 物質中心主義こそが唯物論ですが、これが行きづまりを見せています。これを打破するためには、質量のない物質、つまりエネルギーが生体に果たしている影響・役割をきちんと把握していくことが必要不可欠だと思います。私たちの身体には、体温をはじめ、エネルギーが巡って旧くなった細胞を新しくつくりかえています。

(西原克成『究極の免疫力』 p73)

 それでは、そのエネルギーとは何でしょうか? エネルギーとは、質量のない物質です。質量のある物質は、ある極限状態でエネルギーに変換されます。これが十九世紀に明らかになり、二十世紀に検証された宇宙の構成則である「エネルギー保存則」です。世の中は質量のある物質だけでできていたのではないのです。

とくに生命は、エネルギーの渦の回転とともに細胞やそのパーツがリモデリングし、新陳代謝して老化を克服するシステムです。そうした視点、エネルギーを視野に入れた視点が今の医学には完全に欠けているのです。

(同)

 

ミトコンドリアは生命の渦に深く関与している。

究極の免疫力

さらに本書『究極の免疫力』で西原博士は、「エネルギーの渦が巡らなければ生命の渦も巡らないのです」としたうえで、「生命の渦」に深く関与している存在として「ミトコンドリア」が挙げられており、「免疫病はどれも、細胞呼吸のミトコンドリアの障害によるものです」と述べています。

 

 ミトコンドリアは、私たちの生命がよりどころとしているエネルギー物質を産生するところですから、ここが駄目になれば、すべてがおしまいなのは当然です。だからこそ、ミトコンドリアが活性化するような生き方をするが肝要です。生命とは、ミトコンドリアがつくりだすエネルギーの渦が巡るとともにおこる細胞のパーツや細胞そのものもリモデリング(新陳代謝)によって老化を克服するシステムなのです。

(西原克成『究極の免疫力』 p167)

 

 ミトコンドリアの行っているエネルギーの産生(エネルギー代謝)にも、リモデリング(新陳代謝)にも、もとよりこれを回転させる機動力としてのエネルギーが必要です。そして、エネルギー代謝と新陳代謝と新陳代謝の本質も、エネルギーを考慮に入れないと把握できません。エネルギーの作用によって私たちの細胞の機能がすべて営まれています。細胞の中にあるミトコンドリアも、エネルギーによってミトコンドリアの遺伝子の引き金が引かれて、リモデリングしたり増殖して機能しているのです。このときのエネルギーが、熱であり、太陽光線のソーレー帯です。ミトコンドリアの活動には、温熱と光刺激が必須なのです。

(西原克成『究極の免疫力』 p167)

 

光や熱など目に見えないエネルギーが私たちの生命や免疫と深く関わっている。

光や熱など目に見えないエネルギーが私たちの生命や免疫と深く関わっている

私たちは健康を考えるうえで、目に見えるもの(物質)だけに囚われがちですが、光や熱など目に見えないエネルギーが、私たちの生命や免疫と深く関わっているということを、肝に銘じておく必要があるように思います。

 

特に本書『究極の免疫力』の前半部は、免疫病に対して間違った捉え方をしている現代の医療について厳しく批判されていますので、病気に対して闇雲にステロイド剤や抗がん剤などを用いる治療のありかたに疑問を抱いている方は、『免疫力を高める生活』と同様に、ぜひ一度読んでみていただきたいと感じます。

 

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. 日光浴・ビタミンD・メラトニンが慢性炎症を抑える理由とは?
  2. 『失われてゆく、我々の内なる細菌』が鳴らす警鐘「抗生物質の冬」とは?
  3. 知っておきたい高品質なココナッツオイルの選び方とは?
  4. 糖質制限はゆるやかに行うのがオススメ。
  5. 感覚をマインドフルに観察することは反応しない練習ー『なぜ今、仏教なのか』2

関連記事

  1. 腸内環境

    『「腸の力」であなたは変わる』で現代病予防。

    今回はデイビッド・パールマター/クリスティン・ロバーグ氏の『「…

  2. 病気が教えてくれる、病気の治し方 スピリチュアル対症療法

    病気とは何か?

    『病気が教えてくれる、病気の治し方』から病気とは何かを考える。

    今回は『病気が教えてくれる、病気の治し方 スピリチュアル対症療…

  3. 令和の時代は『出家的人生のすすめ』で毎日を有意義に生きる。

    仏教

    『出家的人生のすすめ』で毎日を有意義に生きる。

    令和の時代は、『出家的人生のすすめ』で毎日を有意義に生きてみま…

  4. 人生を良い方向に変えるための『小さな習慣』とは?

    生活習慣

    『小さな習慣』で人生を良い方向に変えるには?

    今回は 『小さな習慣』(スティーヴン・ガイズ 著 田口 未和 …

  5. 『肥満を解消するためのマインドフルネス・ダイエット』Kindle販売のお知らせ。

    ミトコンドリア

    『肥満を解消するためのマインドフルネス・ダイエット』Kindle販売のお知らせ。

    当ブログでは令和の時代の真の健康とセルフケアについて述べていま…

  6. 自分時間を生きるとは?-鬼界彰夫『生き方と哲学』

    哲学

    自分時間を生きるとは?-鬼界彰夫『生き方と哲学』

    今回は『生き方と哲学』(鬼界彰夫 著 講談社)を、これからの時…

特集記事

  1. 生ローヤルゼリーの健康効果が心と体にオススメなわけ
  2. 発酵食品がこれからの健康生活のためにイチオシなわけ。
  3. ビーポーレン(蜂花粉)がパーフェクトフードなわけ
  4. 本物のマヌカハニーの正しい選び方
  5. 森林浴×マインドフルネスでこれからの健康管理

オススメ記事

  1. ONKYOスピーカー【D-112NFX(D)】の感想はハイレ…
  2. 「うつ」の改善には<いま>に気づく瞑想が効果的。
  3. 腸内環境の改善がアレルギーを緩和していく理由とは?
  4. 1分間のマインドフルネス瞑想がうつを遠ざける。
  5. 体が硬い人ほど【ゆっくりヨガ】でからだを観察&マインドフルネ…

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. 乳酸菌より注目な「乳酸菌生産物質」の腸への効果とは?

    腸内環境

    乳酸菌より注目な「乳酸菌生産物質」の腸への効果とは?
  2. 知って腸トクする【甘酒の効果・効能】毎日飲むことのメリットとは?

    甘酒

    知って腸トクする【甘酒の効果・効能】毎日飲むことのメリットとは?
  3. 「天然の抗生物質」プロポリスの効果・効能が注目なわけ。

    効果・効能

    「天然の抗生物質」プロポリスの効果・効能が注目なわけ。
  4. マインドフルネス瞑想のやり方・方法・注意点とは?

    マインドフルネス

    【マインドフルネス瞑想】を始めるためのやり方・方法・注意点とは?
  5. 発酵食品がこれからの健康生活のためにイチオシなわけ。

    発酵食品

    発酵食品がこれからの健康生活のためにイチオシなわけ。
PAGE TOP