糖尿病は〝砂糖〟で治す! 甘いものに目がないのは正しかった

ミトコンドリア

『糖尿病は〝砂糖〟で治す!』から考える糖の重要性。

糖尿病は〝砂糖〟で治す! 甘いものに目がないのは正しかった

今回は『糖尿病は〝砂糖〟で治す! 甘いものに目がないのは正しかった』(﨑谷博征 著 鉱脈社)という本をご紹介しつつ、これからの健康について考えていきたいと思います。

本書『糖尿病は〝砂糖〟で治す! 甘いものに目がないのは正しかった』は、ほかの記事でご紹介した

「プーファ」フリーであなたはよみがえる! 生命場を歪ませるアルデヒド

病は「リポリシス」から 生体内核爆発リポリシス

新・免疫革命

と同様、パレオドクターである﨑谷博征医師の<健康常識パラダイムシフトシリーズ)>のなかの一冊です。

 

そして、『糖尿病は〝砂糖〟で治す!』とは衝撃的なタイトルですが、書かれている内容はとても興味深いように感じます。

常識的には糖尿病の原因は、砂糖など甘い物の摂り過ぎだと思ってしまいがちです。しかし本書では糖尿病の原因は、砂糖ではなく、主に「プーファ(多価不飽和脂肪酸)」によって糖の代謝が妨げられることだとしています。

 

 プーファ(PUFA:多価不飽和脂肪酸、オメガ3&6)は、

・糖の細胞内での代謝をブロックする

・インシュリン抵抗性を高める(インシュリンのアンテナの感受性を低下)

・インシュリンを産生する膵臓のベータ細胞を破壊する

という複数の作用を通じて糖尿病(およびあらゆる慢性病)とよばれる病態を発症させるのです。

これらの相互作用の結果、細胞内で糖が利用できない状態(intracellularglycopenia)がおこる、それが糖尿病なのです。尿に糖がおりる、あるいは血糖が高いことが本態ではありません。これはあくまで結果でしかないのです。

(﨑谷博征『糖尿病は〝砂糖〟で治す!』p93~94)

 

ちなみに糖(ブドウ糖と果糖)がミトコンドリアエンジンによって完全燃焼されると、たくさんのATPと水と二酸化炭素が作られます。しかし、糖によるエネルギー代謝がスムーズに流れていかないことが問題だというのです(糖の不完全燃焼)。

 

 健康の場(ヘルスィネス・フィールド)の特徴は、エネルギー代謝が滞りなくスムーズに流れていること。細胞レベルでみると、ミトコンドリアで電子の流れが最後の酸素に受け渡されるまでスムーズに流れている場です。

健康の場(ヘルスィネス・フィールド)では、エネルギーの源である糖、果糖が完全燃焼されて、最終的に多大なエネルギー(ATPといいます)と二酸化炭素(CO₂)および水が産出されます。

(﨑谷博征『糖尿病は〝砂糖〟で治す!』p35)

 一方の病気の場(sickness field:シックネス・フィールド)では、糖は不完全燃焼に終わってしまうか、あるいは糖以外の脂質(脂肪酸)、タンパク質(アミノ酸)を燃料としています。

糖の不完全燃焼ではエネルギー(ATP)は完全燃焼の場合のたった七パーセントしか得られません。さらに不完全燃焼の最終産物として乳酸という毒性物質が蓄積します。乳酸はそれ自体が糖のエネルギー代謝をブロックして、シックネス・フィールド(病気の場)を形成する中心的な役割を果たします。

(﨑谷博征『糖尿病は〝砂糖〟で治す!』p40)

 

『糖尿病は〝砂糖〟で治す!』から分かるブドウ糖・果糖によるエネルギー代謝の重要性。

糖尿病は〝砂糖〟で治す! 甘いものに目がないのは正しかった

ここまで『糖尿病は〝砂糖〟で治す!』の内容を簡単にご紹介してきましたが、この1冊は糖尿病のことだけではなく、「健康の場」という視点から砂糖(ブドウ糖・果糖)によるエネルギー代謝の重要性について述べている一冊だとも言えます。

今回ご紹介した内容は、本書のごく一部ですが、実際に通読してみると、糖類をカットし、タンパク質や脂肪をエネルギー源にする健康法の問題点や、近頃の糖質制限ブームなどについても考えさせられます。

また、「糖」を摂取する場合、ご飯やパン(でんぷん質)ではなく、なぜブドウ糖と果糖のバランスが良い砂糖やハチミツ、果物でなければいけないのかもわかってきます。

 

果糖には様々な良い効果があるといったことをはじめ、巷の健康常識とは正反対のことが書かれていることも多いですが、ミトコンドリアによるエネルギー代謝の観点からすると、大変説得力のある内容だと個人的には思いますので、関心がある方は、実際に『糖尿病は〝砂糖〟で治す! 甘いものに目がないのは正しかった』を読んでみていただきたいと思います。

 

「プーファ」フリーであなたはよみがえる! 生命場を歪ませるアルデヒド

なお、﨑谷博征医師の他の著作である『「プーファ」フリーであなたはよみがえる! 生命場を歪ませるアルデヒド 』や、『病は「リポリシス」から 生体内核爆発リポリシス』について関心がある方は、よろしければリンクから記事をご覧ください。

 

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. 食品添加物は腸内環境悪化の原因。
  2. 知ってトクするマヌカハニーの花粉症対策効果とは?
  3. 毎年つら~い花粉症の症状と腸内環境の関係とは?
  4. 腸に効くヨーグルトの「トリセツ」とは?
  5. ビーポーレン(蜂花粉)で花粉症対策。

関連記事

  1. ブッダの思考法で『反応しない練習』を実践。

    仏教

    ブッダの思考法で『反応しない練習』を実践。

    現代の情報社会では、インターネットやSNSでの情報に対して、つ…

  2. 糖質制限

    うつを治していくための糖質制限とは?

    今回はうつを治していくための糖質制限について述べていきたいと思…

  3. ミトコンドリア

    生命活動とは新陳代謝ー『免疫力を高める生活』2

    当ブログでは主に、ハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギ…

  4. AI原論 神の支配と人間の自由

    進化

    シンギュラリティ仮説と一神教思想の類似点とはー『AI原論』2

    今回は、前回に引き続き、『AI原論 神の支配と人間の自由』(西…

  5. 病気にならない生き方

    酵素

    『病気にならない生き方』をこれからの健康のために読み直す。

    今回は『病気にならない生き方』(新谷弘実 著 サンマーク出版)…

  6. 信念を変えれば人生を変えられる

    細胞

    信念を変えれば人生を変えられるー『思考のすごい力』2

    当ブログでは令和の時代の健康と幸福について書いていますが、今回は、前回…

特集記事

  1. アトピーを治していくために続けていきたい生活習慣
  2. 話題の乳酸菌が16種類・500億個の「乳酸菌革命」とは?
  3. マインドフルネス瞑想を始める理由とは何か?
  4. 299種類もの栄養が注目なサジーの健康効果

オススメ記事

  1. 299種類もの栄養が注目なサジーの健康効果とは?
  2. 知っておきたいマヌカハニーの効果・効能とは?
  3. 【59種類の栄養】ユーグレナ効果が現代食の栄養不足を補うため…
  4. 「うつ」を予防するための食事のポイントとは?
  5. 瞬間(いま)の自分は常にベスト。(今の自分を安心させてあげる…

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. 話題の乳酸菌が16種類・500億個の「乳酸菌革命」とは?

    乳酸菌

    人気の乳酸菌が16種類・500億個の<乳酸菌革命>とは?
  2. はちみつの効果・効能

    ハチミツ

    知っておきたい【天然・生はちみつの効果・効能】とは?
  3. 「天然の抗生物質」プロポリスの効果・効能が注目なわけ。

    効果・効能

    「天然の抗生物質」プロポリスの効果・効能が注目なわけ。
  4. なぜ今、発酵生活が現代人のライフスタイルに必要なのか?

    発酵食品

    なぜ今、発酵生活が現代人のライフスタイルに必要なのか?
  5. 便秘の改善

    食物繊維の効果・効能で腸内環境改善。
PAGE TOP