自由への旅 「マインドフルネス瞑想」実践講義

マインドフルネス

『自由への旅』はマインドフルネス瞑想を長く続けていくための一冊。

自由への旅 「マインドフルネス瞑想」実践講義

今回は『自由への旅 「マインドフルネス瞑想」実践講義』(ウ・ジョーティカ 著 新潮社)という本を、マインドフルネス瞑想を長く続けていくための一冊として、ご紹介したいと思います。

このウ・ジョーティカ氏の『自由への旅 「マインドフルネス瞑想」実践講義』(魚川 祐司 訳)は、マインドフルネス瞑想をより理解したり深めたりすると同時に、マインドフルネス瞑想を長く続けていくためにオススメの一冊です。

なぜなら、私自身、瞑想に関する本は何冊も読んできましたが、この『自由への旅 「マインドフルネス瞑想」実践講義』には、マインドフルネス瞑想の本質が、(理論的な解説がなされつつも)ウ・ジョーティカ氏の非常に日常的で平易な言葉で書かれているからです。

 

また、ウ・ジョーティカ氏の言葉が、これからマインドフルネス瞑想を続けていこうと思えるように、心に響きます。

そして、本書の内容は瞑想合宿(リトリート)に先立って行われた連続講義ですが、マインドフルネス瞑想を実践するにあたって、何度も読み返したい一冊でもあります。

 

このように述べる理由は、マインドフルネス瞑想は、シンプルであるがゆえに、マインドフルネス瞑想の中身を真に理解して実践するには難しいからです。

 

 いま私が説明していることは、実のところ

とてもシンプルです。しかし、シンプルなことを行うのが難しいのです。

私たちは、物事をどんどん複雑にしてしまう。

瞑想をするというのは、とてもシンプルなこと。それができますか?

あなたは、シンプルになろうとしていますか?

(ウ・ジョーティカ 『自由への旅 「マインドフルネス瞑想」実践講義』 魚川 祐司 訳 p190)

 

『自由への旅』を読めばマインドフルネス瞑想の本質が理解できる。

『自由への旅』を読めばマインドフルネス瞑想の本質が理解できる。

マインドフルネス瞑想について、生成消滅のプロセスをあるがままに観察するということを、ただ知識として頭で分かっているつもりでも、実践するとなると、すぐに自分自身が執着や雑念に囚われてしまいます。

またマインドフルネス瞑想を実践するにあたっては「分かっているつもり」になったり、勝手に自分で概念を弄んだりすることが最大の落とし穴であったりします。

そのため本書の使い方としては、一度通読しただけで理解したつもりになるのではなく、マインドフルネス瞑想を実践しながら、何度も本書を繰り返し読み、マインドフルネス瞑想の本質を理解していくのが良いと思われます。

 

ちなみに本書の翻訳をしており、同じ新潮社から出ている『仏教思想のゼロポイント』の著者でもある魚川祐司氏は、「「マインドフルネス」やウィパッサナー瞑想のマニュアルは世界中で大量に出版されていますし、またテーラワーダの実践について教理の側面から解説を加えた書籍も多くあります」としたうえで、

 

しかし、本書のように、ウィパッサナー瞑想によってもたらされる実践者の変容を、教理的に跡づけつつ順を追って丁寧に解説し、さらにそれを、西洋の知的文脈と対比しながら、同時に私たち在家の生活者の日常や実存の具体的な問題とも調和させつつ語りきるという、このように周到な著作は、なかなか例がありません。

(『自由への旅 「マインドフルネス瞑想」実践講義』 p545)

 

と述べています。

 

 生成消滅を観察することができた時、

不幸な思いが心に生じても、それは消滅するということを、

あなたは知ることができる。

あなたはそれについて何もする必要がない。

何らかの種類の欲望が生じた時でさえ、

あなたはただそれを注視することができ、するとそれは消えていく。

その心の状態に基づいて行動することを、あなたは強いられていないのです。

あなたはその心の状態に従う必要がない。

選択することができるのです。

(ウ・ジョーティカ 『自由への旅 「マインドフルネス瞑想」実践講義』 魚川 祐司 訳 p275)

自由への旅 「マインドフルネス瞑想」実践講義

 瞑想において、物事は常に変化します。

瞑想経験とは、常に同じところに

留まるものではないのです。

(ウ・ジョーティカ 『自由への旅 「マインドフルネス瞑想」実践講義』 魚川 祐司 訳 p145)

 手を放した瞬間に、あなたは自由です。

私たちは自由を求めるが、同時に対象にしがみついてもいる。

「自由になりたい、自由になりたい」

にもかかわらず、なぜ私たちは手を放さないのでしょう?

(ウ・ジョーティカ 『自由への旅 「マインドフルネス瞑想」実践講義』 魚川 祐司 訳 p415)

 心を一つの現象に、より長く留めれば留めるほど、

より明らかにあなたは見る。生成と消滅を、

より明らかに観察するのです。

(ウ・ジョーティカ 『自由への旅 「マインドフルネス瞑想」実践講義』 魚川 祐司 訳 p262)

 

 

なお、マインドフルネス瞑想の方法について関心がある方はこちらの記事をご参照ください。

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. エネルギー不足が「うつ」の原因のひとつである理由とは?
  2. 『肥満を解消するためのマインドフルネス・ダイエット』Kindle販売のお知らせ。…
  3. 【知っておきたい】水溶性ケイ素のデトックス効果。
  4. 【59種類の栄養】ユーグレナ効果が現代食の栄養不足を補うために最適なワケ。
  5. 現代に【悟り】は本当に必要なのか?ー『なぜ今、仏教なのか』3

関連記事

  1. 脳疲労がピークに達する金曜日は瞑想習慣がオススメ。 

    森林浴

    脳疲労がピークに達する金曜日は瞑想習慣がオススメ。 

    一週間分の脳の疲れを感じる金曜日を、頭をスッキリさせるための瞑…

  2. 「気づく」とはどういうことか こころと神経の科学

    マインドフルネス

    『「気づく」とはどういうことか』はマインドフルネスに関心がある方にオススメ。

    当ブログでは、令和の時代の心と身体の健康のために、マインドフル…

  3. 『ホモ・デウス』は心の未来を見据えた書物【感想・書評】

    進化

    『ホモ・デウス』は心の未来を見据えた書物【要約・書評】

    今回は、『サピエンス全史』や『21 Lessons 21世紀の…

  4. 信念を変えれば人生を変えられる

    細胞

    信念を変えれば人生を変えられるー『思考のすごい力』2

    当ブログでは令和の時代の健康と幸福について書いていますが、今回は、前回…

  5. 小さな習慣にモチベーションはいらないワケとは?-『小さな習慣』2

    生活習慣

    小さな習慣に「モチベーションはいらない」わけとは?-『小さな習慣』2

    今回は前回に引き続き 『小さな習慣』(スティーヴン・ガイズ 著…

  6. 「プーファ」フリーであなたはよみがえる! 生命場を歪ませるアルデヒド

    ミトコンドリア

    『「プーファ」フリーであなたはよみがえる!』は健康常識を疑うための一冊。

    今回は﨑谷博征氏の『「プーファ」フリーであなたはよみがえる! …

特集記事

  1. 知腸内環境の改善が免疫力を高める
  2. 呼吸&マインドフルネス瞑想で根本的なストレス対策。
  3. 呼吸はいつも、今・ここにある【呼吸に還るマインドフルネス】
  4. 森林浴×マインドフルネスでこれからの健康管理
  5. マインドフルネス瞑想を始める理由とは何か?

オススメ記事

  1. 手作り「塩麹」で簡単・気軽に発酵生活。【作り方】
  2. 運命は変えられる?「エピジェネティクス」とは何か。
  3. 「うつ」にも関わる【脳の炎症】を抑えるための生活習慣とは?
  4. ダイエットしないで健康的に痩せるための方法とは?
  5. なぜ今、発酵生活が現代人のライフスタイルに必要なのか?

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. なぜ今、発酵生活が現代人のライフスタイルに必要なのか?

    発酵食品

    なぜ今、発酵生活が現代人のライフスタイルに必要なのか?
  2. 乳酸菌発酵エキス「善玉元気」で腸内環境をキレイに

    サプリメント

    短鎖脂肪酸配合の乳酸菌発酵エキス「善玉元気」で腸をキレイに。
  3. マヌカハニーの効果・効能

    ハチミツ

    知っておきたいマヌカハニーの効果・効能とは?
  4. 便秘の改善

    食物繊維の効果・効能で腸内環境改善。
  5. 呼吸はいつも、今・ここにある【呼吸に還るマインドフルネス】

    マインドフルネス

    呼吸はいつも、今・ここにある【呼吸に還るマインドフルネス】
PAGE TOP