【食事・運動・瞑想】で心身のバランスを整えることは<コロナうつ>にも有効。

うつ

【食事・運動・瞑想】で心身のバランスを整えることは<コロナうつ>にも有効。

事・運動・瞑想で自分自身を大切にするためのセルフケア習慣を始めてみませんか?

世の中に希望を見出すことができず、「コロナうつ」がつらいと感じたら、食事・運動・瞑想で自分自身を大切にするためのセルフケア習慣を始めてみませんか?

 

以前、『食事・運動・瞑想で「うつ」な気分を良くする生き方 自分を大切にするためのセルフケア習慣』をKindleで出版したことをお知らせしましたが、食事・運動・瞑想で心身のバランスを整えるようにすることは、<コロナうつ>にも有効であるように思います。

 

拙著『食事・運動・瞑想で「うつ」な気分を良くする生き方』の後半部では、「うつ」の要因として、ストレスやエネルギー不足、自分を大切に出来ないことを挙げていますが、特に脳ストレスや「ぐるぐる思考」によるエネルギーの消耗、子ども時代の親子関係から生じてくる自己嫌悪は、「うつな気分」の要因として、密接に関係し合っているように思います。

 

かくいう私自身も、メンタルが弱いほうなので、普段からマインドフルネス瞑想を実践していても、<コロナ禍>と呼ばれる状況では、どうしても気分が落ち込んでしまいます。

しかし、<コロナ禍>と呼ばれる状況がつらい時でも、食事・運動・瞑想によって、自分自身を大切にすることはやはり必要であると感じるのです(近ごろやっと気持ちをニュートラルにすることで元気がでてきました)。

 

食事・運動・瞑想

 

☆食事☆

厳密にはうつや脳に良い食事というものはないため、新鮮な野菜や果物、お米、肉や魚、海藻、発酵食品、はちみつなどから栄養素をバランスよく摂るようにすることが大切です。

具体的には、糖類(ブドウ糖+果糖)を中心に、代謝に必要なビタミン、ミネラル、体の組織をつくるためのタンパク質などをバランスよく摂っていくことです(マゴワヤサシイ食事が目安)。

また出来る範囲で少しずつ、加工食品・食品添加物、質の悪い油(トランス脂肪酸など)の摂取を減らすようにすることも必要です。

 

☆運動☆

自分の身体に気づくヨガスロージョギング、ゆっくりスクワットといった適度な運動をバランよく行うことは、神経細胞やBDNF(脳由来神経栄養因子)を増やしたり、認知機能を改善したりすることにつながります。

そのためには自分が始めやすい運動をまず見つけてみることが大切ですが、ポイントはいつもと違う動きをしたり、普段は使わない体の部位を使ってみたりすることです。

 

しかし「うつ」の時ほど運動する気がなかなか起きないため、いきなり毎日頑張ろうせず、まずは「週末だけ1日20分程度のウォーキングをしてみる」「筋トレは3日に1回だけ」など、最初のハードルをなるべく低くしてみてください。

また「うつ」はエネルギー不足が関係しているため、無理に運動をし続けることで疲れすぎないように注意してみてください。

 

適度な運動で気持ちのよい汗を流すことは、自律神経のバランスを整え、不安による心理的ストレスの解消にもつながります。

なお、適度な運動によってもし元気が出てきたら、散歩の延長としての「森林浴」でストレスを解消するのもオススメです。

 

☆瞑想☆

「コロナウイルス」によって生じた問題の多くは、自分ひとりでは解決が難しいものがほとんどです。

たとえばコロナウイルスによって生活が困窮していることの問題を解決するのは、本来、政府や行政の仕事であり、決して「自分のせい」や「自己責任」ではありません。

 

もちろん、自分が今すべきことをきちんと冷静に考えることは必要ですが、頭のなかで勝手に悲観的な未来をつくりだしてしまうような「ぐるぐる思考」や「自動思考」を延々と続けると、脳でエネルギーをかなり消耗してしまいます。

しかし日頃から呼吸に気づくマインドフルネス瞑想の実践によって、過去や未来ではなく、現在(いま)を意識するようにトレーニングすることは、不安によって扁桃体が優位になっている状況に対して前頭前野を介入させることで「うつ」な気分を良くしていくことにつながります。

 

また、いきなり30分の瞑想をしようとすると、すぐに退屈に感じて続けるのが難しくなるため、1分からの「小さな習慣」から始めてみると、3分、5分、10分と長く続けられる可能性が出てきます。

 

もし<コロナうつ>がつらいと感じたら、食事・運動・瞑想によって、自分自身を大切にするためのセルフケア習慣、始めてみてください。

食事・運動・瞑想で心身のバランスを日頃から整えることは、<コロナうつ>にも有効であるように思います。

もし<コロナうつ>がつらいと感じたら、食事・運動・瞑想によって、まずは自分自身を大切にするためのセルフケア習慣を始めてみてください。

 

ここまで読んでくださり、ありがとうございます。

 

当ブログ管理人が書いた『食事・運動・瞑想で「うつ」な気分をよくする生き方 自分を大切にするためのセルフケア習慣』、amazonで販売中です。

食事・運動・瞑想で「うつ」な気分をよくする生き方

 

 

 

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. 酵素ドリンクの効果・効能が腸内環境を整える。
  2. ココナッツオイル&ギーでスキンケア&乾燥肌対策。
  3. ダイエットの成功の鍵は「ヤセ菌」を増やすこと。
  4. ルーシー・M・ロング『ハチミツの歴史』から伝わる蜂蜜の魅力的側面。
  5. 『1日10秒マインドフルネス』で、マインドフルネス瞑想を毎日習慣に。

関連記事

  1. マインドフルネス瞑想のやり方・方法・注意点とは?

    マインドフルネス

    【マインドフルネス瞑想】を始めるためのやり方・方法・注意点とは?

    心身のバランスを整えたり、ストレスをやわらげたりするのに効果的…

  2. 引き寄せ

    引き寄せの法則

    腸の健康が運や<幸福感>を引き寄せる。

    幸運を引き寄せやすくするためには、「脳」や「あたま」だけではな…

  3. 腸内環境・腸内フローラの改善方法

    生活習慣

    腸内環境・腸内フローラを効果的に改善する方法とは?【腸活・菌活】

    腸内環境や腸内フローラを効果的に改善する方法について知っていま…

  4. 、断食(ファスティング)による食べない健康法で免疫力アップ

    断食(ファスティング)

    断食(ファスティング)による食べない健康法で免疫力アップ。

    今回は、断食(ファスティング)による食べない健康法が、免疫力ア…

  5. 「うつ」にならないための食事術とは?ー『「うつ」にならない食生活』

    うつ

    「うつ」にならないための食事術とは?ー『「うつ」にならない食生活』

    当ブログでは令和の時代の真のヘルスケアについて述べていますが、…

  6. 苫米地英人『一生幸福になる 超訳「般若心経」 』で【空】を実現する生き方。

    仏教

    苫米地英人『一生幸福になる 超訳「般若心経」 』で【空】を実現する生き方。

    ポピュラーなお経である<般若心経>が説く【空】を正しく理解する…

特集記事

  1. ヘンプシードの免疫系に作用する働き
  2. 純粋国産はちみつ「Megumi-めぐみ」は非加熱天然
  3. 心身を浄化する瞑想「倍音声明」CDブック
  4. 酵素サプリで病気の原因「消化不良」を防いで腸を健康に。

オススメ記事

  1. 知っておきたいビタミンCの役割・効果効能とは?
  2. 299種類もの栄養が注目なサジーの健康効果とは?
  3. ミトコンドリアが免疫力アップに関係しているワケ。
  4. 「うつ」を予防するための食事のポイントとは?
  5. 生命力を高めるには『GO WILD 野生の体を取り戻せ!』が…

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. 般若心経の【色即是空】を感じることが心身のバランスを整え、一日一日を幸福にする。にある

    仏教

    般若心経の【色即是空】を感じることが心身のバランスを整え、一日一日を幸福にする。…
  2. 本物のマヌカハニーの正しい選び方

    ハチミツ

    本物のマヌカハニーの正しい選び方とは?
  3. 知って腸トクする【甘酒の効果・効能】毎日飲むことのメリットとは?

    甘酒

    知って腸トクする【甘酒の効果・効能】毎日飲むことのメリットとは?
  4. 知腸内環境の改善が免疫力を高める

    酵素ドリンク

    ダイエットに効果的!酵素ドリンクでのプチゆる断食。
  5. 発酵食品がこれからの健康生活のためにイチオシなわけ。

    発酵食品

    発酵食品がこれからの健康生活のためにイチオシなわけ。
PAGE TOP