うつの時は「しなければならない」を減らして「したい」を増やす。

メンタルヘルス

うつの時は「しなければならない」を減らして「したい」を増やす。

うつの時は「しなければならない」を減らして「したい」を増やす。

当ブログでは人生100年時代のヘルスケア&セルフケアについて考えていますが、今回は「しなければならない」を減らし、「したい」を増やすことが大切だということについて述べていこうと思います。

 

「うつ」はエネルギー不足やストレスが関係していると以前の記事で述べましたが、そのエネルギー不足を防いだり、脳ストレスを減らしたりするためには、「しなければならない」を減らし、「したい」を増やすことが大切であるように思います。

すなわち重要なのは「やりたいことだけをやる」ことなのであり、「うつ」で気分が落ち込んでいる時は、やりたくないことを無理してやる必要はないように思います。

 

ここでいう「やりたいこと」とは、自分が好きだから他人に言われてなくても勝手にやってしまうことなのであって、無理に頑張ったり努力したりする必要はないのです。

また、「~したい」という気持ちのどこかに「~しなければならない」が紛れ込んでしまってはいけないのです。

 

たとえば、この「~しなければならない」と「~したい」について、ヨガ・瞑想講師の吉田昌生氏は『1分間瞑想法』のなかで以下のように述べています。

 

HAVE TO「するべき」「ねばならない」という思いが出てきたとき、その人の心の中は、義務感、恐怖や不安に支配されています。

人は、不安や恐怖に支配されると、それを抑え込むのにエネルギーを消費し、行動を起こすためのエネルギーが弱くなります。

また義務感、やらされ感で何かをする場合も、エネルギーを相当消費します。自分が意義を感じないものを、無理にやっても、やる気が湧いてきません。

好きでないこと、興味がないことは内側からエネルギー(情熱)が湧いてこないので、努力が必要です。がんばらないといけません。

 

一方で、WANT TO「したい」と思ったとき、心の中にイメージされているのは、得たい結果です。潜在意識は、イメージしたいことを引き寄せます。得たい結果をイメージしているので、それが引き寄せられるのです。

自分がやりたいことをやるとき、エネルギーが内側から湧いてきます。自分が好きなこと、心からやりたいことは、その行為自体に喜びを感じます。

好きなことは努力がいりません。子供がゲームをするように自然とやっています。好きなことは誰に頼まれるでもなく継続的に学び続けます。

だから、うまくいきやすいし、続きやすいのです。

(吉田昌生『1分間瞑想法』 フォレスト出版 204~205P)

 

吉田昌生氏が述べているように、一つの行為に対して、「したい」という気持ちがあれば、その行為自体に喜びを感じられますし、「しなければならない」と思いながら行うと、かなりのエネルギーを消費してしまうのです。

 

「やりたいこと」を「やらなくちゃ」と思う必要はない。

「やりたいこと」を「やらなくちゃ」と思う必要はない。

つまり、いつも義務感に縛られて「~しなければならない」と思って真面目に行動するより、常に自分が「~したい」と思って楽しみながら行動する方が、気力やエネルギーが湧いてくるのは確かなのです。

そのため、やりたいこと(want to)が見つかれば何よりですが、しかし、やりたいことを必ず見つけなければならない(have to)、というわけではないように思われます。

よく自己啓発本には、「本当にやりたいことを見つけなさい」と書かれていますが、自分にとっての「本当にやりたいこと」を見つけるのは簡単ではありません。

 

というのは、たとえば若い頃に「本当にやりたいこと」だと思って一つのことを続けてきたとしても、年齢を重ねるにつれ、実はそうではなかったことが判明することがあるからです。

また、自分という存在は時間の経過と共に常に変化していくものですし、考え方も環境によって左右されるものなので、自分がその時「やりたい」と思ったことが、「本当にやりたいこと」だとは限らないのです。

 

少しずつ元気を取り戻せたら、自分が好きなことだけをしてみる。

少しずつ元気を取り戻せたら、自分が好きなことだけをしてみる。

頑張り過ぎたり働き過ぎたりしたことが原因で「うつ」になった場合は、エネルギー不足によって心身が疲れ果てていることが関係していると思われますので、無理に頑張ろうとする必要はありませんし、「やりたいこと」を「やらなくちゃ」と思う必要もないように感じます。

 

以前私自身も、「やりたいことをやっている」と自分で思っていたのに、いつのまにか自分のなかでやりたいことが「やらなければならないこと」に変わってしまっていることで、気づいたら燃え尽きて無気力になってしまっていたことがあります。

したがって、「したい」という気持ちを持つことは大切ですが、気力が湧かない時は無理をせず、まずはゆっくりと休養をとって、疲れ切っているからだとこころを回復させることが必要であるように感じます。

 

もし「何もしたくない」「やりたくない」と思ったら、無理に何かする必要はないのです。

 

そして、少しずつ元気を取り戻せたら、自分が好きなことや自分がしたいことだけを、無理をしない程度に行ってみる……もし自分が「うつ」だと感じて、何もやる気が起きなくなったら、まずはそれだけで良いのではないでしょうか?

 

ここまで読んでくださり、ありがとうございます🎵

うつの予防対策には、食事・運動・瞑想といった生活習慣が大切です。

食事・運動・瞑想

 

当ブログ管理人が書いた『食事・運動・瞑想で「うつ」な気分をよくする生き方 自分を大切にするためのセルフケア習慣』、Amazon Kindleで販売中です(^^♪

食事・運動・瞑想で「うつ」な気分をよくする生き方

 

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. 知っておきたいビタミンB群の役割・効果効能とは?
  2. ギー・イージーは初めての方におすすめのヘルシーオイル。
  3. 小さなイライラには10秒のマインドフルネスが有効なわけ。
  4. 21世紀の健康はエネルギーに注目ー『未来を救う「波動医学」』
  5. 『糖尿病は〝砂糖〟で治す!』で糖質制限とでんぷんの問題を考える。

関連記事

  1. 【孤独】な時こそ、森林浴×マインドフルネスでセルフケア習慣。

    森林浴

    【孤独】な時こそ、森林浴×マインドフルネスでセルフケア習慣。

    森林浴×マインドフルネスでこれからの体調管理を始めてみませんか…

  2. マインドフルネス瞑想はマルチタスクによる注意力散漫/イライラ対策に効果的。

    メンタルヘルス

    マインドフルネス瞑想はマルチタスクによる注意力散漫/イライラ対策に効果的。

    令和の時代に突入したものの、毎日忙しすぎたり、やりたいことが多…

  3. 「うつ」にならないための食事術とは?ー『「うつ」にならない食生活』

    うつ

    「うつ」にならないための食事術とは?ー『「うつ」にならない食生活』

    当ブログでは令和の時代の真のヘルスケアについて述べていますが、…

  4. 腸内環境

    「心の不調」と腸・皮膚・筋肉の関係とは?『腸・皮膚・筋肉が心の不調を治す』

    今回は「心の不調」と腸・皮膚・筋肉の関係についてです。…

  5. 腸内環境

    「うつ」をやわらげるには腸内環境の改善が必要。

    今回はうつをやわらげるには腸内環境の改善が必要なわけについて述…

  6. 糖質制限

    うつを治していくための糖質制限とは?

    今回はうつを治していくための糖質制限について述べていきたいと思…

特集記事

  1. 殺菌・抗菌力が強いマヌカハニー。
  2. ヘンプシードの免疫系に作用する働き
  3. はちみつの効果・効能
  4. プチゆるダイエットは「スーパーフード」で気持ちよく
  5. 悟りの向こうにある真に幸福な生き方とは?ー苫米地英人『超悟り入門』

オススメ記事

  1. なぜアーシングの効果は慢性炎症をやわらげるのか?
  2. 水と呼吸とマインドフルネス。(呼吸に気づくための画像集)
  3. 森林浴が慢性的なストレスから解放して心と身体を癒す。
  4. 心と身体へのアプローチが「うつ」をやわらげる。
  5. シンギュラリティ仮説と一神教思想の類似点とはー『AI原論』2…

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. 「天然の抗生物質」プロポリスの効果・効能が注目なわけ。

    効果・効能

    「天然の抗生物質」プロポリスの効果・効能が注目なわけ。
  2. 発酵食品がこれからの健康生活のためにイチオシなわけ。

    発酵食品

    発酵食品がこれからの健康生活のためにイチオシなわけ。
  3. 森林浴×マインドフルネスでこれからの健康管理

    電子書籍

    『森林浴×マインドフルネスでこれからの健康管理』 Kindle本出版のお知らせ。…
  4. 短鎖脂肪酸の効果・効能

    腸内細菌

    短鎖脂肪酸の効果・効能は腸内細菌の万能薬!?
  5. 『無常の瞬間の記憶 広瀬川風景写真集』 Kindle出版のお知らせ。

    電子書籍

    『無常の瞬間の記憶 広瀬川風景写真集』 Kindle出版のお知らせ。
PAGE TOP