糖尿病は〝砂糖〟で治す! 甘いものに目がないのは正しかった

糖質制限

『糖尿病は〝砂糖〟で治す!』で糖質制限とでんぷんの問題を考える。

糖尿病は〝砂糖〟で治す! 甘いものに目がないのは正しかった

今回は前回に引き続き、『糖尿病は〝砂糖〟で治す! 甘いものに目がないのは正しかった』(﨑谷博征 著 鉱脈社)という本をご紹介しながら、でんぷんと糖質制限の問題について考えてみたいと思います。

 

前回の記事でも述べましたが、パレオドクターである﨑谷博征医師の『糖尿病は〝砂糖〟で治す!』は糖尿病のことだけではなく、「健康の場」という視点から砂糖(ブドウ糖・果糖)によるエネルギー代謝の重要性について述べている一冊です。

糖尿病の原因は砂糖ではないという記述も興味深いのですが、実際に通読してみると、糖類をカットし、タンパク質や脂肪をエネルギー源にする糖質制限健康法の問題点や、近頃のケトン体ブームなどについても考えさせられます。

また、「糖」を摂取する場合、ご飯やパン(でんぷん質)ではなく、なぜブドウ糖と果糖のバランスが良い砂糖やハチミツ、果物でなければいけないのかもわかってきます。

 

ちなみにストレスを感じた際、「甘い物」が欲しくなりますが、この「甘い物」とはブドウ糖と果糖で構成された砂糖やハチミツ、フルーツのことであって、決して人工甘味料や異性化糖のことではありません。

 

特に果糖に関しては、摂り過ぎると痛風の原因になるなど、巷の健康本を読んでいると悪者扱いされていることが多い印象ですが、本書のなかで﨑谷博征医師は、

  • 「果糖(フルクトース)は、糖よりも熱産生、二酸化炭素(CO₂)産生が高いことが分かっています。さらに糖よりも糖代謝を促進し、脂肪の酸化・燃焼(=シックネス・フィールドでの代謝)を防ぎます。つまり、糖よりエネルギー代謝を高める物質なのです。」
  • 「果糖(フルクトース)は、酸化ストレスに対する耐性を高める」

としています。

 

一方、デンプン質に対しては、

 

・反応性低血糖を引き起こす(インシュリンの大量分泌)

・小腸をすり抜けて、小動脈を詰まらせる(パーソープション)

・エンドトキシン(内毒素)を増やして、肥満や炎症反応を引き起こす

(﨑谷博征『糖尿病は〝砂糖〟で治す!』p160)

 

としており、糖質摂取源としては推奨していません。

 

したがって、本書の内容を糖質制限に活かす場合、ご飯やパンといった炭水化物・穀物ではなく、十分な量の糖類(ブドウ糖と果糖)を砂糖やハチミツ、フルーツなどから摂るようにすることが大切になるのです。

 

『糖尿病は〝砂糖〟で治す!』で、糖質制限やケトン食ダイエットを見直してみる。

糖尿病は〝砂糖〟で治す! 甘いものに目がないのは正しかった

また、﨑谷医師は「病気の場(sickness field:シックネス・フィールド)では、糖は不完全燃焼に終わってしまうか、あるいは糖以外の脂質(脂肪酸)、タンパク質(アミノ酸)を燃料としています。」としている通り、巷の糖質制限健康法の、糖質の摂取を控える代わりに、タンパク質と脂肪をエネルギー源にするという考えは認めていません。

そのあたりの詳しい理由について気になる方は、本書を『糖尿病は〝砂糖〟で治す!』を実際に読んでみていただきたいと思いますが、本書の内容は、近年、流行している糖質制限やケトン食ダイエットを見直すのにも有益であると思います。

ちなみに本書では理想的な糖質の供給源として、砂糖(スクロース)、ハチミツ、フルーツ、フルーツのピューレ、アガベシロップが挙げられています。

 

現実的には、これらの食品だけから、糖質を摂取するというのは難しいように感じますが、1日の糖質の必要量をこれらの食品から摂取するのは無理だとしても、プーファ(多価不飽和脂肪酸)を減らしつつ、デンプン質を含む穀物を例えば1~2食分減らし、代わりに、砂糖やハチミツ、フルーツなどから糖類(ブドウ糖と果糖)を摂るようにすることはこれからの糖質制限として可能であるように思います。

 

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. ミトコンドリアの活性化でアンチエイジング
  2. 天然ハチミツジャングルハニーはミネラルが3.1倍!
  3. RTRoomのルイボスティーは高品質でおすすめ。
  4. 腸内環境の改善がアレルギーを緩和していく理由とは?
  5. プロポリスの殺菌・抗菌効果と抗炎症作用【ヘルスケアのために知っておきたい】

関連記事

  1. クロスカレント 電磁波―複合被爆の恐怖

    電磁波

    『クロスカレント 電磁波―複合被爆の恐怖』の要約・書評。

    今回は、『クロスカレント 電磁波―複合被爆の恐怖』(ロバート・…

  2. 「酵素」は毎日の健康を目指していくために大切

    酵素

    「酵素」は毎日の健康を目指していくために大切な存在。

    当ブログでは人生100年時代のヘルスケアについて述べていますが…

  3. キヌアの栄養効果がゆる糖質制限にオススメなわけとは?

    糖質制限

    キヌアの栄養効果がゆる糖質制限にオススメなわけとは?

    今回は栄養豊富なスーパーフードである「キヌア」を、ゆる糖質制限…

  4. 9割の医者が知らない正しいアトピーの治し方

    アトピー

    『9割の医者が知らない正しいアトピーの治し方』から考える脱ステロイド。

    今回は『9割の医者が知らない正しいアトピーの治し方』という本を…

  5. ブッダの思考法で『反応しない練習』を実践。

    仏教

    ブッダの思考法で『反応しない練習』を実践。

    現代の情報社会では、インターネットやSNSでの情報に対して、つ…

  6. 、断食(ファスティング)による食べない健康法で免疫力アップ

    断食(ファスティング)

    断食(ファスティング)による食べない健康法で免疫力アップ。

    今回は、断食(ファスティング)による食べない健康法が、免疫力ア…

特集記事

  1. ココナッツオイルの効果・効能がヘルシーライフに役立つわけとは?
  2. アロエベラの効果・効能
  3. 蜂蜜の栄養効果がミトコンドリアのエネルギーを生み出す
  4. 殺菌・抗菌力が強いマヌカハニー。

オススメ記事

  1. 不調の原因「リーキーガット」を修復するイート・ダート・プログ…
  2. アトピーを治すために続けていきたい生活習慣とは?
  3. 厳選!便秘の改善にオススメの3つの食品。
  4. 腸内フローラ/腸内環境が悪化する5つの要因とは?
  5. 30代・40代からの体の調子を整える3つの方法とは?

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. ヘンプシードの免疫系に作用する働き

    ヘンプシード

    ヘンプシードは未来の健康のためのスーパーフード。
  2. 便秘の改善

    食物繊維の効果・効能で腸内環境改善。
  3. 免疫力

    腸内環境の改善は免疫力を確実に高める。【腸活が免疫力をアップする理由】
  4. 乳酸菌より注目な「乳酸菌生産物質」の腸への効果とは?

    腸内環境

    乳酸菌より注目な「乳酸菌生産物質」の腸への効果とは?
  5. 腸内環境・腸内フローラの改善方法

    生活習慣

    腸内環境・腸内フローラを効果的に改善する方法とは?【腸活・菌活】
PAGE TOP