ゆっくりヨガでうつ予防

生活習慣

<ゆっくりヨガ>の生活習慣がうつ予防と改善に役立つわけ。

ゆっくりとしたヨガがうつの予防につながる

心身のバランスを整えるために、<ゆっくりヨガ>を毎日の生活習慣として続けてみませんか?

当ブログでは令和の時代のヘルスケア&セルフケアについて考えていますが、今回はゆっくりとしたヨガの習慣がうつの予防につながる、ということについてです。

 

前回の記事では、「体が硬い人ほどゆっくりヨガでからだを観察。」ということについて述べましたが、ゆっくりとしたヨガは、うつの予防にもつながります。

なぜヨガを行う習慣がオススメなのかといえば、呼吸を深めつつ、ゆっくりとした動きでポーズをとるようにするヨガは、自分のからだを観察したり、感じたりするのに最適だからです。

 

そして、この自分のからだを観察したり感じたりする、ということは、マインドフルネス瞑想と同じで、今の瞬間に意識を集中するということでもあります。

 

「うつ」に陥り、心が元気になれない時は、自分の思いが過去への後悔や、未来に対する不安のほうへ向いてしまっていることが多い

これはわたしの経験談でもあるのですが、「うつ」に陥り、心が元気になれない時は、自分の思いが過去への後悔や、未来に対する不安のほうへ向いてしまっていることが多いです。

自分がうつ気味の時に、そのまま自分を放っておくと、意識が過去や未来の方へ勝手にさまよっていってしまい、同じ思考をぐるぐると繰り返すことで心が非常に疲れてしまうのです。

 

そのため、そういう時こそ、ゆっくりとしたヨガを行ない、からだを観察するという行為を通じて、今の瞬間に意識を集中するのです。

 

もし地道にヨガを続けることで、心身の状態が整えば、うつの症状がやわらぐことは十分考えられますし、毎日、少しの時間でもよいので、ヨガを通じて今のからだの感じを観察するようにすることは、うつ病の発症予防にもなります。

 

うつをやわらげていくためには適度な運動が大切。

ヨガを通じてうつ病の発症予防

ですが、うつの時ほど、からだを動かすのは億劫であると感じてしまうのは確かです。

しかし、以前の記事で、「ゆっくりとした運動がうつを改善する」ということについて述べたことがありましたが、うつをやわらげていくためには、やはり運動を適度に行うことは必要です。

 

そのため、うつの状態のときに、からだを動かすのが億劫だと感じたら、いきなり激しい運動をしようとするのではなく、自分が始めやすい、自分のペースで出来るゆっくりとした運動を見つけてみると良いと思います。

そしてそのような運動のひとつとして、ゆっくりヨガはオススメなのです。

 

体が硬い人ほどゆっくりヨガで自分を観察。

「ヨガ」を行いながら自分のからだを感じる

前回の記事でも述べましたが、ヨガを行う目的は、ヨーガの行者である成瀬雅春氏が述べるように、自分自身のからだを観察することなのであって、けっして美しいポーズをとることではないと思います。

また、自分の体が硬いと感じても、無理に体を軟らかくする必要もなく、「ヨガ」を行いながら自分のからだを観察することで、呼吸が深まり、血流が良くなり、からだがゆるみ、気分が落ち込むことが少なくなって、生きていることが気持ちいいと感じられるようになれば、それで良いのです。

 

したがって、ヨガといっても、最初から難しいポーズに挑戦せず、無駄な力を抜き、呼吸を深めながら、からだを倒す、ひねる、反る、伸ばすなどの動作をゆっくりと行うだけでも、うつの予防のために効果的だと思うのです。

 

ヨガはうつの予防に効果的

以上この記事では、ゆっくりとしたヨガがうつの予防につながる、ということについて述べてきました。

ゆっくりヨガは、健康維持やメンタルヘルスのための毎日続ける生活習慣としてオススメです。

 

 

うつの予防対策には、食事・運動・瞑想といった生活習慣が大切です。

食事・運動・瞑想

 

 

 

 

当ブログ管理人が書いた『食事・運動・瞑想で「うつ」な気分をよくする生き方 自分を大切にするためのセルフケア習慣』、Amazon Kindleで販売中です(^^♪

食事・運動・瞑想で「うつ」な気分をよくする生き方

 

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. 「うつ」にならないための食事術とは?ー『「うつ」にならない食生活』
  2. キヌアの栄養効果がゆる糖質制限にオススメなわけとは?
  3. 『縄文人の世界観』から知る古代日本の叡智。
  4. カルディで買える「ナチュロニーカナデイアンハニー」は容器も便利。
  5. 腸の健康が運や<幸福感>を引き寄せる。

関連記事

  1. 腸内環境

    「うつ」をやわらげるには腸内環境の改善が必要。

    今回はうつをやわらげるには腸内環境の改善が必要なわけについて述…

  2. ビタミンCのうつを改善する効果

    うつ

    ビタミンCのうつを予防する効果とは?

    今回はビタミンCのうつを予防する効果についてです。&n…

  3. 「うつ」にならないための食事術とは?ー『「うつ」にならない食生活』

    うつ

    「うつ」にならないための食事術とは?ー『「うつ」にならない食生活』

    当ブログでは令和の時代の真のヘルスケアについて述べていますが、…

  4. むなしさを解消するヒントとはー『〈むなしさ〉の心理学』

    孤独論

    むなしさを解消するヒントとはー『〈むなしさ〉の心理学』

    今回は、諸富祥彦氏の『〈むなしさ〉の心理学 なぜ満たされないの…

  5. 引き寄せ

    引き寄せの法則

    腸の健康が運や<幸福感>を引き寄せる。

    幸運を引き寄せやすくするためには、「脳」や「あたま」だけではな…

  6. マインドフルネス瞑想を長く続けるためのポイントとは?

    マインドフルネス

    マインドフルネス瞑想を長く続けるためのポイントとは?

    マインドフルネス瞑想を毎日続けることは出来ていますか?…

特集記事

  1. ギー(Ghee)の効果・効能で油を変える健康生活。
  2. 話題の乳酸菌が16種類・500億個の「乳酸菌革命」とは?
  3. 腸内環境・腸内フローラの改善方法
  4. 殺菌・抗菌力が強いマヌカハニー。
  5. 呼吸はいつも、今・ここにある【呼吸に還るマインドフルネス】

オススメ記事

  1. 「生活習慣」はアトピーを治していくためのキーワード。
  2. 21世紀・令和の健康実現は<バランス>が大切。
  3. マインドフルネス瞑想を長く続けるためのポイントとは?
  4. 酵素サプリで病気の原因「消化不良」を防いで腸健康。
  5. 般若心経の【色即是空】を感じることが心身のバランスを整え、一…

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. アロエベラの効果・効能

    アロエベラ

    アロエベラの効果・効能が病気予防にイチオシなわけ。
  2. 蜂蜜の栄養効果がミトコンドリアのエネルギーを生み出す

    ミトコンドリア

    🍯ハチミツの栄養効果がミトコンドリアのエネルギーを生み出すワケ。
  3. なぜ今、発酵生活が現代人のライフスタイルに必要なのか?

    発酵食品

    なぜ今、発酵生活が現代人のライフスタイルに必要なのか?
  4. そもそも免疫力とは何か?

    ミトコンドリア

    そもそも免疫力とは何か?【健康のために知っておきたい】
  5. ギー(Ghee)の効果・効能で油を変える健康生活。

    油の摂り方

    ギー(Ghee)の効果・効能で油を変える健康生活。
PAGE TOP