腸内環境

オリゴ糖の効果・効能は善玉菌を増やす。

オリゴ糖の効果・効能が善玉菌を増やす

今回はオリゴ糖の効果・効能が善玉菌を増やすということについて述べていきたいと思います。

オリゴ糖に期待出来る効果・効能は、以下の通りです。

  • 善玉菌を増やして腸内細菌のバランスを整える
  • 腸内環境を良くする・整腸作用
  • 便秘の予防・改善

 

オリゴ糖は、ブドウ糖や果糖などの糖が2~20個ほどつながったもののことを指します。このうち難消化性のオリゴ糖はビフィズス因子であり、腸内のビフィズス菌のエサになり、善玉菌を増やす働きがあります。

実際、オリゴ糖に関しては、腸内細菌学のパイオニアであり、東京大学名誉教授の光岡知足氏の実験報告があります。

光岡知足氏によれば、病院で治療中の23人(50~90歳)の腸内フローラを観察した結果、2週間にわたってフラクトオリゴ糖を摂取すると、摂取前に比べてビフィズス菌の数が約10倍になり、また、検出率も87%から100%に増加することが確認できたと言います。

 

さらに光岡知足氏は「便の㏗も酸性に変わり、排便はもちろん、血清コレステロール値、中性脂肪値、血圧なども改善」されたと述べています(参考 光岡知足『腸を鍛える―腸内細菌と腸内フローラ』)。

 

オリゴ糖の性質とは?

オリゴ糖は低GI

また医学博士の松生恒夫氏は『腸に悪い14の習慣』のなかで、オリゴ糖の性質として「難消化性(低エネルギー性)」、「う蝕性」、「整腸作用」の3つを挙げています。

このうちの「難消化性」については、松生恒夫氏は「消化管(小腸)では吸収されず大腸に到達し、腸内細菌によって発酵され、酢酸、プロピオン酸、酪酸などの短鎖脂肪酸となって吸収される」ものであるとしています。

 

それに加え、先程述べたように、オリゴ糖は酸性に強いビフィズス菌によく利用されるため、ビフィズス菌を増やす効果があると共に整腸作用があります。

さらに「う蝕性」という、虫歯になりにくい性質も、難消化性オリゴ糖にはあると松生氏は述べています。

 

オリゴ糖は低GI

オリゴ糖は低GI

そのオリゴ糖は、腸内に届くと腸内細菌に分解され、ビタミンK、B1、B2、B6、B12、葉酸、ビオチンなどが生成されます。

しかも、オリゴ糖は血糖値を上げにくい低GIであるため、ゆるやかな糖質制限のお伴にも利用してみることもオススメです。

ちなみにオリゴ糖には、フラクトオリゴ糖、ガラクトオリゴ糖、マルトオリゴ糖などの種類があります。

オリゴ糖が多く含まれている食材は、ハチミツ、たまねぎやゴボウ、キャベツやアスパラガス、大豆、サトウキビ等です。

しかし、食物に含まれているオリゴ糖は少ないとされていますので、ある程度の量を摂取したい方は、スーパーなどで販売されている「オリゴのおかげ」など、サプリメントの利用が効果的です。

 

以上、ここまでオリゴ糖の効果・効能について述べてきましたが、オリゴ糖は腸内細菌のうちの善玉菌を増やすことで、腸内細菌のバランスを整えるのに役立ってくれると考えられるため、日頃から腸内環境を改善していくために、うまく毎日の食生活に採り入れてみてはいかがでしょうか?

 

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. 『食物養生大全』は食事で現代病を解決していくための一冊。
  2. タイガーナッツは食物繊維が豊富なスーパーフード。
  3. プロポリスが美容・美肌の実現に役立つ理由とは?
  4. 適度な運動が腸内環境を良好に保つ。
  5. 腸内フローラ/腸内環境が悪化する5つの要因とは?

関連記事

  1. 知ってトクする<らっきょう>の栄養効果。

    腸内環境

    知ってトクする<らっきょう>の栄養効果とは?

    今回は知ってトクする<らっきょう>の栄養効果についてです。…

  2. 大麦の食物繊維は腸内環境の改善と便秘予防に効果的

    便秘の改善

    大麦の食物繊維は腸内環境の改善と便秘予防に効果的

    今回は食物繊維が豊富な大麦は、腸内環境の改善や便秘予防に効果的…

  3. SIBO(小腸内細菌増殖症)とは何か?

    腸内細菌

    腸内細菌が増えすぎる「SIBO(小腸内細菌増殖症)」とは?

    今回はSIBO(小腸内細菌増殖症)と呼ばれる小腸の病気について…

  4. 納豆は腸内フローラにオススメな発酵食品。

    発酵食品

    納豆は腸内フローラにオススメな発酵食品。

    今回は、納豆が腸内フローラの改善にオススメな発酵食品である理由…

  5. カルシウムの効果と働き【知っておきたいミネラルの栄養学】

    ミネラル

    カルシウムの効果と働き【知っておきたいミネラルの栄養学】

    今回は知っておきたいミネラルの栄養学としてカルシウムの効果と働…

  6. 肉食中心の食事は大腸がんの原因に!?

    腸内環境

    肉食中心の食事は大腸がんの原因に!?

    今回は肉食中心の食事は大腸がんの原因になりやすい、ということに…

特集記事

  1. 【ジャラハニーの効果・効能】ハチミツ生活のために知っておきたい。
  2. 食事・運動・瞑想がうつを良くしていく
  3. ダイエットしないで健康的に痩せるための方法とは?
  4. 『無常の瞬間の記憶 広瀬川風景写真集』 Kindle出版のお知らせ。

オススメ記事

  1. 腸内細菌の減少がアレルギーを引き起こす?
  2. 『糖尿病は〝砂糖〟で治す!』から考える糖の重要性。
  3. 「うつ」をやわらげるには腸内環境の改善が必要。
  4. アトピーを治すために続けていきたい生活習慣とは?
  5. 「うつ」を予防するための食事のポイントとは?

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. 知って腸トクする【甘酒の効果・効能】毎日飲むことのメリットとは?

    甘酒

    知って腸トクする【甘酒の効果・効能】毎日飲むことのメリットとは?
  2. 299種類もの栄養が注目なサジーの健康効果

    サジー(シーバックソーン)

    299種類もの栄養が注目なサジーの健康効果とは?
  3. 「天然の抗生物質」プロポリスの効果・効能が注目なわけ。

    効果・効能

    「天然の抗生物質」プロポリスの効果・効能が注目なわけ。
  4. 『食事・運動・瞑想で「うつ」な気分を良くする生き方』「はじめに」を無料公開。

    電子書籍

    『食事・運動・瞑想で「うつ」な気分を良くする生き方』Kindle本販売のお知らせ…
  5. 本物のマヌカハニーの正しい選び方

    ハチミツ

    本物のマヌカハニーの正しい選び方とは?
PAGE TOP