カリウムの効果と働き【知っておきたいミネラルの栄養学】

ミネラル

カリウムの効果と働き【知っておきたいミネラルの栄養学】

カリウムの効果と働き【知っておきたいミネラルの栄養学】

今回は知っておきたいミネラルの栄養学としてカリウムの効果と働きについて述べていきたいと思います。

 

カリウムは大部分が細胞内に取り込まれ、成人で体内に約140g含まれるカリウムの約98%は細胞内液中に含まれています。

さらに、細胞内と細胞外のカリウムとナトリウムの濃度差は、細胞膜に存在している「ナトリウム・カリウムポンプ」によって、常に一定に保たれています。

カリウムはナトリウムと相互に作用しながら、浸透圧の調整や水分の保持などに関わっています。

 

また、神経や筋肉の興奮伝達、ホルモンの分泌、細胞膜の輸送などにもカリウムは関わります。

そのほか、酸とアルカリの平衡を保ち、酵素反応を調節しています。そのため、エネルギー代謝にも関与しています。

 

ほかに、カリウムは腎臓からそのほとんどが排泄されるため、ナトリウムが尿細管から再吸収されるのを防ぎ、尿中への排泄を促す利尿作用があります。

そのことが食塩の摂り過ぎによる高血圧に対しての血圧降下作用となるため、カリウムの適切な摂取は高血圧予防につながります。

 

カリウムはいも類や野菜、果物に多く含まれています。特にカリウムが多く含まれている食品としては、里芋、ほうれん草、たけのこ、バナナ、桃、グレープフルーツなどが挙げられます。

欠乏症に関しては、通常の食生活では不足することはないとされていますが、糖尿病などで尿量が増えると、カリウムの排泄量が増加して、低カリウム血症が生じ、脱力感や食欲不振、低血圧などが起こりやすくなるとされています。

 

過剰症については、腎臓の機能が低下し、高カリウム血症が発生すると、疲労感や精神障害、不整脈が起こると言われています。高カリウム血症は死に至る可能性もあるため、腎不全の場合は、カリウムの補給には慎重さが必要であるとされています。

 

ここまで読んでくださり、ありがとうございます。

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. マインドフルネス瞑想はマルチタスクによる注意力散漫/イライラ対策に効果的。
  2. 悟りの向こうにある真に幸福な生き方とは?ー苫米地英人『超悟り入門』
  3. マヌカハニーが美容・美肌に効果的なワケとは?
  4. 自然音をBGMとして流すだけで脳ストレスが軽減【うつな気分を良くする】
  5. 『癒す心、治る力』から伝わる自然治癒力の可能性。

関連記事

  1. 乳酸菌より注目な「乳酸菌生産物質」の腸への効果とは?

    腸内環境

    乳酸菌より注目な「乳酸菌生産物質」の腸への効果とは?

    乳酸菌よりもその効果が注目されている「乳酸菌生産物質」について…

  2. 知って得する水溶性ケイ素と胸腺の関係とは?

    ケイ素

    知って得する水溶性ケイ素と胸腺の関係とは?

    今回は、水溶性ケイ素と胸腺の関係性についてです。&nb…

  3. ビタミン・ミネラルは酵素のための補酵素・補助因子

    酵素

    ビタミン・ミネラルは酵素のための補酵素・補助因子。

    今回はビタミン・ミネラルは酵素のための補酵素・補助因子だという…

  4. 乳酸菌の効果・効能が健康維持に役立つワケ。

    乳酸菌

    乳酸菌の効果・効能が健康維持に役立つワケ。

    今回は乳酸菌の効果・効能が健康維持に役立つ理由について述べてい…

  5. 腸内環境

    オリゴ糖の効果・効能は善玉菌を増やす。

    今回はオリゴ糖の効果・効能が善玉菌を増やすということについて述…

  6. マグネシウムの効果と働き【知っておきたいミネラルの栄養学】

    ミネラル

    マグネシウムの効果と働き【知っておきたいミネラルの栄養学】

    今回は知っておきたいミネラルの栄養学としてマグネシウムの効果と…

特集記事

  1. アロエベラの効果・効能
  2. 「カカオ」のメンタル面への効果やうつを予防する働きとは?
  3. ビーポーレン(蜂花粉)がパーフェクトフードなわけ
  4. なぜ今、発酵生活が現代人のライフスタイルに必要なのか?
  5. 体が硬い人ほど【ゆっくりヨガ】でからだを観察&マインドフルネス。

オススメ記事

  1. 『癒す心、治る力』から伝わる自然治癒力の可能性。
  2. 三木成夫『内臓とこころ』から<心>とは何かを考える。
  3. 腸内環境の改善がアレルギーを緩和していく理由とは?
  4. ヘンプシードは未来の健康のためのスーパーフード。
  5. 短鎖脂肪酸の効果・効能は腸内細菌の万能薬!?

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. 「天然の抗生物質」プロポリスの効果・効能が注目なわけ。

    効果・効能

    「天然の抗生物質」プロポリスの効果・効能が注目なわけ。
  2. そもそも免疫力とは何か?

    ミトコンドリア

    そもそも免疫力とは何か?【健康のために知っておきたい】
  3. ビーポーレン(蜂花粉)がパーフェクトフードなわけ

    ビーポーレン

    ビーポーレン(蜂花粉)がパーフェクトフードなわけとは?
  4. ココナッツオイルの効果・効能がヘルシーライフに役立つわけとは?

    ミトコンドリア

    ココナッツオイルの効果・効能がヘルシーライフに役立つわけとは?
  5. 毎日のルイボスティーが病気を遠ざける

    ルイボスティー

    毎日のルイボスティー習慣が病気の多くを遠ざけるワケ。
PAGE TOP