ギー(ghee)をアトピーの改善にうまく役立てるための方法

油の摂り方

ギー(ghee)をアトピー改善にうまく役立てる方法とは?

ギー(ghee)をアトピーの改善にうまく役立てるための方法

今回はギー(ghee)をアトピーの改善にうまく役立てるための方法についてです。

栄養の消化・吸収を助けるとされているギー(GHEE)は、健康維持だけではなく、

  • 免疫力アップ
  • ダイエット
  • アンチエイジング

などにも効果を発揮するヘルシーなオイルであると以前の記事でご紹介しました。

 

このギー(ghee)は使い方次第では、アトピー性皮膚炎の改善にも役立ってくれると思われます。

では、どのように利用すれば良いのかと言えば、以前に書いたココナッツオイルと同様、

  • 炒め物をする際、サラダ油・植物油の代わりに使う。
  • 入浴中のスキンケア・マッサージのオイルとして使う。

などの方法が挙げられます。

 

ギー(ghee)をサラダ油・植物油の代わりに使う。

ギー(ghee)をサラダ油・植物油の代わりに使う。

以前の記事で、アトピーの改善に関して、植物油や脂質の摂り方について述べたことがありましたが、深刻なアトピー性皮膚炎の症状には、植物油・サラダ油の摂り過ぎが関係していると思われます。

このあたりのアトピーと植物油の関係については、医学博士の永田良隆氏の『油を断てばアトピーはここまで治る』のなかで詳しく書かれていますので、関心がある方は読んでみていただきたいと思いますが、植物油・サラダ油に含まれているリノール酸は、とにかくかゆみの原因になりやすいのです。

そのため、フライや天ぷらなどの揚げ物も、アトピー性皮膚炎の症状がひどいうちは、出来るだけ控えたほうが良いのです。

 

したがって、炒めるなどの調理をする際は、不飽和脂肪酸が主成分のサラダ油・植物油ではなく、飽和脂肪酸が主成分のギー(ghee)やココナッツオイルを利用してみることがオススメなのです。

 

こちらはスリランカ産 100% グラスフェッドギー 200g。大自然の残るスリランカで、放牧・牧草のみで飼育された乳牛から採取した牛乳のみを使用。多少固まりが混ざっているので、皮膚に塗るよりも食べるのにオススメです。

 

また、ギーは食べても体に良い働きをしてくれる油なのです。

ちなみにギーやココナッツオイルの風味が苦手だという方は、炒めるなどの調理をする際、同じ飽和脂肪酸のバターを使ってみると良いかもしれません。

個人的な経験も含みますが、植物油・サラダ油の摂取量をなるべく減らすことは、アトピー改善の近道なのです。

 

ギー(ghee)を入浴中のスキンケア・保湿のために使う。

ギー(ghee)を入浴中のスキンケアのために使う。

ギー(ghee)は入浴中のスキンケア・乾燥肌対策にもオススメです。

アトピー性皮膚炎にかかっていると、皮膚が敏感になり、下手に市販の保湿クリームなどを塗るとかゆみが増してしまうため、どのような保湿剤・オイルを使うかは慎重にならざるを得ません。

私自身は亜麻仁油やオリーブオイルなどをスキンケアのために試してみましたが、どちらも不飽和脂肪酸であるためか、塗ると患部のかゆみが増してしまいます。

 

ココナッツオイルとギーをブレンドしたもの

こちらはGHEE EASYのココナッツ・ギー。食べるだけではなく、スキンケアにもオススメです。

 

しかし、飽和脂肪酸のギーやココナッツオイルであれば、どういうわけかかゆくならないのです。そのため、湯船に浸かっている間に、ギーやココナッツオイル、もしくはこの二つをブレンドしたものを使って患部を軽くマッサージしています。

お肌のケアに関しては相性や個人差があるため、ギー(ghee)をイチオシするつもりはありませんが、ギーには炎症を抑える働きやデトックス効果もあるとされており、アーユルヴェーダではマッサージに利用されています。

もしオリーブオイルなど、スキンケアに有効だとされているオイルに皮膚が反応して炎症が増してしまうという方は、ギー(ghee)を一度試してみてはいかがでしょうか?

ただし、ギーには少し匂いがあるため、スキンケアに利用するのであれば、就寝前の入浴中がオススメです。

 

以上ここまで、ギー(ghee)をアトピーの改善に役立てるための方法について述べてきました。

ギー(ghee)を塗ったり食べたりすればアトピー性皮膚炎が改善されるわけではありませんが、うまく利用すれば、アトピーを治していくのに役立ってくれるかもしれませんので、気になる方はぜひ試してみてください。

ちなみに、お店でギーを購入する際は「グラスフェッドバター」から作られたギーが良質でイチオシです。

 

 

なお、アトピー性皮膚炎の症状に関しては、原因や症状についても個人差があるため、この記事の内容が、どなたにとっても100パーセント正しいわけではありません。そのため、この記事の内容は、アトピーを少しでも良くしていくための参考程度に止めておいていただければ幸いです。

また、この記事内容が少しでも、アトピー性皮膚炎に悩んでいる方の症状の改善のお役に立てれば、大変嬉しく思います。

アトピーを治していくために大切なこと。

  1. 腸内環境を改善する
  2. 血液をきれいにする
  3. 新陳代謝を良くする

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. マインドフルネス瞑想についての間違いと正しい理解とは?
  2. 知って腸トクする【甘酒の効果・効能】毎日飲むことのメリットとは?
  3. なぜ【食事・運動・瞑想】が「うつ」な気分を良くするのか?
  4. 生・純粋ハチミツの腸内環境を改善する効果の実力とは?
  5. ミトコンドリアを増やすための生活習慣とは?【健康のために知っておきたい】

関連記事

  1. 竹酢液のお風呂で冬アトピーのかゆみ対策

    スキンケア

    竹酢液のお風呂で冬アトピーのかゆみ対策。

    今回は、竹酢液のお風呂で冬アトピーのかゆみ対策、ということにつ…

  2. 生活環境を変えてアトピー改善

    生活習慣

    生活環境を変えることがアトピーの改善につながる。

    今回は生活環境を変えることがアトピーの改善につながるということ…

  3. 生活習慣でアトピーを治す

    生活習慣

    「生活習慣」はアトピーを治していくためのキーワード。

    今回は「生活習慣」はアトピーを治していくためのキーワードである…

  4. ルイボスティーでアトピーを改善する

    ルイボスティー

    ルイボスティーでアトピー改善生活。

    当ブログではハチミツとミトコンドリアで真の健康を実現する方法について書…

  5. ミトコンドリアを元気に

    ミトコンドリア

    アトピーを治していくためにはミトコンドリアを元気に。

    。当ブログでは主に、ハチミツとミトコンドリアで真の健康…

  6. アトピーがぐんぐん消えた!

    アトピー

    『アトピーがぐんぐん消えた!』で大人アトピーの生活改善。

    今回は『アトピーがぐんぐん消えた!』(逸村弘美 著 KKベスト…

特集記事

  1. 乳酸菌より注目な「乳酸菌生産物質」の腸への効果とは?
  2. 「天然の抗生物質」プロポリスの効果・効能が注目なわけ。
  3. 大地とつながるアーシングが慢性的な体の不調を癒す
  4. 『ホモ・デウス』は心の未来を見据えた書物【感想・書評】
  5. 森林浴×マインドフルネスでこれからの健康管理

オススメ記事

  1. マインドフルネス瞑想を長く続けるためのポイントとは?
  2. 蜂蜜は果糖もスゴかった🍯『自然治癒はハチミツから ハニー・フ…
  3. エネルギー不足が「うつ」の原因のひとつである理由とは?
  4. ヘンプシードは未来の健康のためのスーパーフード。
  5. 短鎖脂肪酸の効果・効能は腸内細菌の万能薬!?

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. マヌカハニーの効果・効能

    ハチミツ

    知っておきたいマヌカハニーの効果・効能とは?
  2. 殺菌・抗菌力が強いマヌカハニー。

    ハチミツ

    天然はちみつ「マヌカハニー」で免疫力アップ。
  3. ATPはミトコンドリアによるエネルギー通貨。

    ミトコンドリア

    生命を支える「ATP」はミトコンドリアによるエネルギー通貨。
  4. 酵素サプリで病気の原因「消化不良」を防いで腸を健康に。

    酵素

    酵素サプリで病気の原因「消化不良」を防いで腸健康。
  5. 発酵食品がこれからの健康生活のためにイチオシなわけ。

    発酵食品

    発酵食品がこれからの健康生活のためにイチオシなわけ。
PAGE TOP