ココアの「うつ」な気分をやわらげる効果

カカオ

ココアの「うつ」な気分をやわらげる効果とは?

ココアの「うつ」な気分をやわらげる効果

今回は、ココアの「うつ」な気分をやわらげる効果について書いてみたいと思います。

ココアは普段、職場や人間関係においてストレスを感じることが多く、気持ちもふさぎこみがちで、ついつい甘い物を食べてしまうという方におすすめです。

もちろん、ココアを飲むだけでつらいうつの症状が治るというわけではありませんが、一杯の温かいココアは、ストレスをやわらげ、心をほぐしてくれるのに役立ってくれるのです。

その理由は、スーパーフードカカオが原料であるココアには、腸内環境を改善するのに効果的な食物繊維をはじめとして、カルシウム、鉄、亜鉛、マグネシウム、カリウムなどのミネラル、細胞の老化を防ぐ抗酸化作用があるポリフェノールなどが豊富に含まれているからです。

 

特にカカオの食物繊維は水溶性と不溶性の割合が、1:3であるため、他の食材と比べるとバランスよく含まれています。

そのため、ココアを一杯飲むだけで一日の必要量が補えるわけではありませんが、それでも毎日一杯のココアを飲むことは、食物繊維の不足を解消するのに役立ってくれそうです。

 

ココアとカカオのリラックス効果とは?

ココアとカカオのリラックス効果とは?

また、カカオに含まれるカカオポリフェノールにはストレスをやわらげるリラックス効果があるといわれているほか、カカオ豆に含まれるテオブロミンという成分にも、血行を良くして緊張をやわらげる効果があるとされています。

特に過度のストレスを感じてしまうと、腸内の善玉菌が減少し、代わりに悪玉菌が増殖するとされていますので、極度のストレスや慢性的なストレスは腸内フローラの健康のためには大敵です。

さらにストレスを感じることで、人工甘味料や白砂糖が大量に入ったスイーツなどの甘い物を食べ過ぎてしまうことも、うつを改善していくためには要注意です。

少しでもうつをやわらげるためには、血糖値の乱高下に気をつける「ゆるやかな糖質制限」が大切になってきます。

 

ですが、普段から栄養豊富なカカオをココアから摂るようにすることは、腸内環境の改善やストレス対策として有効であると考えられます。

しかも、カカオにはセロトニンを作るために必要なアミノ酸である「トリプトファン」が豊富に含まれているといわれていますし、カカオは気分がとても良い時に体内で放出される「アナンダミド」を長続きさせるといいます。

 

 

ココアを飲むなら「カカオパウダー」や「ココア粉末」を利用してみる。

ココアを飲むなら「カカオパウダー」や「ココア粉末」を利用してみる。

ですが、問題は市販のココアには、カカオ以外にも砂糖や人工甘味料、乳化剤などの食品添加物が多く使われていることや、製造過程において栄養素の多くが失われてしまっている可能性があることです。

それゆえ、カカオが原料のココアが体に良いとはいっても、カカオが目的で、砂糖や食品添加物を余計に摂り過ぎてしまうことは、腸内環境のために必ずしも良いとは言えないのです。

 

そこでオススメしたいのは、「カカオパウダー」や「ココアパウダー」の名前で販売されている100パーセントのカカオの粉末を、うまく利用することです。

このカカオ(ココア)パウダーをホットミルクやお湯と混ぜるだけで、不足しがちな食物繊維をはじめとして鉄分やカルシウムなどのミネラルを手軽に補うことができます。

 

ココアに入れる砂糖の量は自分で調整。

ココアに入れる砂糖の量は自分で調整。

しかしカカオ(ココア)パウダーには砂糖が入っておらず、お湯に溶かして飲んでも甘みはありませんので、甘さを足すために自分で砂糖を足すことが必要になってきますが、このことには砂糖の量を自分で調整できるというメリットがあります。

また白砂糖ではなく、ミネラルが豊富な黒砂糖を足しても美味しいですが、GI値が気になる方は、ココナッツシュガーやアカシアはちみつなどの、ゆるやかに血糖値を上げる甘味料がオススメです。

 

ココナッツシュガーやアカシアはちみつなどの低GI値の甘味料をうまく利用すれば、急激に血糖値を上げることなく、安心して甘くて美味しいココアを飲むことができます(もちろん、だからといって甘味料の入れすぎやココアの飲み過ぎには要注意です)。

またお好みで牛乳も足してください。

 

そのほか、ココアにはカフェインが含まれているので、夜に飲むのではなく、日中に飲んだほうが良いと思われます。

 

以上ここまで、ココアの「うつ」な気分をやわらげる効果について述べてきました。

ちなみにカカオ(ココア)パウダーやココナッツシュガーは、オーガニックフードを販売する店や、オンラインショップで購入することが出来ますので、カカオの薬効が気になる方は、余計な添加物が加えられていないココア粉末を利用して、より良いココアライフを送ってみてください。

 

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. いのちの働きを感じることがうつを解消していく。
  2. 老化を防ぐアンチエイジングに、ミトコンドリアを増やす運動が必要なわけとは?
  3. ビタミンCのこまめな摂取はストレス対策に効果的。
  4. ハチミツとシナモンのコラボは健康維持に効果的。
  5. 【知っておきたい】水溶性ケイ素のデトックス効果。

関連記事

  1. 1分間瞑想法

    マインドフルネス

    1分間のマインドフルネス瞑想がうつを遠ざける。

    最近なんだか元気がなくて「うつ」っぽいと感じたら、うつな気分を…

  2. 「うつ」にならないための食事術とは?ー『「うつ」にならない食生活』

    うつ

    「うつ」にならないための食事術とは?ー『「うつ」にならない食生活』

    当ブログでは令和の時代の真のヘルスケアについて述べていますが、…

  3. 人生の本当の意味と目的とはー『人生に意味はあるか』

    精神分析・心理

    人生の本当の意味と目的とはー『人生に意味はあるか』

    今回は、『人生に意味はあるか』(諸富祥彦 著 講談社現代新書)…

  4. 『食事・運動・瞑想で「うつ」な気分を良くする生き方』「はじめに」を無料公開。

    電子書籍

    『食事・運動・瞑想で「うつ」な気分を良くする生き方』「はじめに」を無料公開。

    食事・運動・瞑想で自分自身を大切にするためのセルフケア習慣を始…

  5. 「うつ」を予防するための食事

    うつ

    「うつ」を予防するための食事のポイントとは?

    今回は「うつ」を予防するための食事について述べていきたいと思い…

  6. 傳田光洋『第三の脳 皮膚から考える命、こころ、世界』

    アトピー

    『第三の脳 皮膚から考える命、こころ、世界』から考える生命

    今回は傳田光洋氏の『第三の脳 皮膚から考える命、こころ、世界』…

特集記事

  1. ミトコンドリアを増やすための生活習慣とは?
  2. 般若心経の【色即是空】を感じることが心身のバランスを整え、一日一日を幸福にする。にある
  3. はちみつの効果・効能
  4. 毎日のルイボスティーが病気を遠ざける

オススメ記事

  1. マインドフルネス瞑想はビジネスのための道具なのか?『光の中の…
  2. MCTオイルはサラダ油の代わりに摂りたいヘルシーオイル。
  3. 腸内細菌の減少がアレルギーを引き起こす?
  4. 不調の原因「リーキーガット」を修復するイート・ダート・プログ…
  5. トマベチ式『いい習慣が脳を変える』わけとは?

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. 体が硬い人ほど【ゆっくりヨガ】でからだを観察&マインドフルネス。

    マインドフルネス

    体が硬い人ほど【ゆっくりヨガ】でからだを観察&マインドフルネス。
  2. 免疫力

    腸内環境の改善は免疫力を確実に高める。【腸活が免疫力をアップする理由】
  3. ダイエットの成功の鍵は腸内細菌の痩せ菌を増やすこと

    痩せ菌ダイエット

    ダイエットの成功の鍵は「ヤセ菌」を増やすこと。
  4. 健康

    自然塩のミネラルバランスが健康・生命のために必要不可欠な理由とは?
  5. 呼吸はいつも、今・ここにある【呼吸に還るマインドフルネス】

    マインドフルネス

    呼吸はいつも、今・ここにある【呼吸に還るマインドフルネス】
PAGE TOP