ココナッツオイルをアトピーの改善に役立てるには

スキンケア

ココナッツオイルをアトピー改善に役立てるには?

ココナッツオイルをアトピーの改善に役立てるための方法

今回はココナッツオイルをアトピーの改善に役立てるための方法についてです。

ココナッツオイルはうまく利用すれば健康維持やダイエットに効果的だと考えられますが、使い方次第では、アトピー性皮膚炎の改善にも役立ってくれると思われます。

では、どのように利用すれば良いのかと言えば、

などの方法が挙げられます。

 

調理の際、ココナッツオイルをサラダ油・植物油の代わりに使う。

調理の際、ココナッツオイルをサラダ油・植物油の代わりに使う。

以前の記事で、アトピーの改善に関して、植物油や脂質の摂り方について述べたことがありましたが、深刻なアトピー性皮膚炎の症状には、植物油・サラダ油の摂り過ぎが関係していると思われます。

このあたりのアトピーと植物油の関係については、医学博士の永田良隆氏の『油を断てばアトピーはここまで治る』のなかで詳しく書かれていますので、関心がある方は読んでみていただきたいと思いますが、植物油・サラダ油に含まれているリノール酸は、とにかくかゆみの原因になりやすいのです。

 

そのため、炒め物をする際は、不飽和脂肪酸が主成分のサラダ油・植物油ではなく、飽和脂肪酸が主成分のココナッツオイルを利用してみることがオススメなのです。

また、ココナッツオイルの風味が苦手だという方は、同じ飽和脂肪酸のバターや、ギーなどでも構いません。

個人的な経験も含みますが、植物油・サラダ油の摂取量をなるべく減らすことは、アトピー改善の近道なのです。

ちなみにフライや天ぷらなどの揚げ物も、アトピー性皮膚炎の症状がひどいうちは、出来るだけ控えたほうが良いのです。

 

ココナッツオイルを入浴中のスキンケアのために使う。

入浴中のスキンケアのために使う

ココナッツオイルは入浴中のスキンケアにもオススメです。

アトピー性皮膚炎にかかっていると、皮膚が敏感になり、下手に市販の保湿クリームなどを塗るとかゆみが増してしまうため、どのような保湿剤・オイルを使うかは慎重にならざるを得ません。

私自身は亜麻仁油やオリーブオイルなどをスキンケアのために試してみましたが、どちらも不飽和脂肪酸であるためか、塗ると患部のかゆみが増してしまいます。

 

しかし、飽和脂肪酸のココナッツオイルやギーであれば、どういうわけかかゆくならないのです。そのため、湯船に浸かっている間に、ココナッツオイルを使って患部を軽くマッサージしています。

お肌のケアに関しては相性や個人差があるため、ココナッツオイルをイチオシするつもりはありませんが、もし亜麻仁油やオリーブオイルなど、スキンケアに有効だとされているオイルに皮膚が反応して炎症が増してしまうという方は、飽和脂肪酸のココナッツオイルを一度試してみてはいかがでしょうか?

 

 

以上ここまで、ココナッツオイルをアトピーの改善に役立てるための方法について述べてきました。

ココナッツオイルを摂ればアトピーが改善されるわけではありませんが、うまく利用すれば、アトピーを治していくのに役立ってくれるのは確かだと思われますので、気になる方はぜひ試してみてください。

 

ココナッツオイル

 

 

期間限定1,060円OFFクーポン配布中【500mlx3本】安心の有機JAS認定品! ココナッツオイル オーガニック エキストラバージン ココナッツ オイル オーガニックエクストラバージンココナッツオイル1500ml

価格:3,240円
(2019/4/1 13:53時点)
感想(703件)

なお、アトピー性皮膚炎の症状に関しては、原因や症状についても個人差があるため、この記事の内容が、どなたにとっても100パーセント正しいわけではありません。そのため、この記事の内容は、アトピーを少しでも良くしていくための参考程度に止めておいていただければ幸いです。

また、この記事内容が少しでも、アトピー性皮膚炎に悩んでいる方の症状の改善のお役に立てれば、大変嬉しく思います。

アトピーを治していくために大切なこと。

  1. 腸内環境を改善する
  2. 血液をきれいにする
  3. 新陳代謝を良くする

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. 『医学常識はウソだらけ』から学ぶビタミンの重要性。
  2. 竹酢液のお風呂で冬アトピーのかゆみ対策。
  3. 生命と人工知能の違いとは?-『AI原論』3
  4. 「活性酸素」がミトコンドリアの機能を低下させる。
  5. 食品添加物は腸内環境悪化の原因。

関連記事

  1. ココナッツオイル効果がダイエットを成功させる。

    糖質制限ダイエット

    ココナッツオイル効果がダイエットを成功させる理由とは?

    今回はココナッツオイル効果でダイエットを成功させる方法について…

  2. ギー(ghee)をアトピーの改善にうまく役立てるための方法

    油の摂り方

    ギー(ghee)をアトピー改善にうまく役立てる方法とは?

    今回はギー(ghee)をアトピーの改善にうまく役立てるための方…

  3. トランス脂肪酸が体に悪いわけ

    活性酸素(フリーラジカル)

    ストレス・活性酸素を減らすことでアトピー改善。

    今回はストレスや活性酸素を減らすことがアトピーの改善につながる…

  4. サジージュースでアトピーを改善するための方法とは?

    サジー(シーバックソーン)

    サジージュースでアトピーを改善するための方法とは?

    今回はサジージュースでアトピー性皮膚炎を改善するための方法につ…

  5. 酵素サプリメントの正しい飲み方

    アトピー

    完璧を目指さないデトックスでアトピー改善。

    今回は最初から完璧を目指さないデトックスがアトピーの改善につな…

  6. マインドフルネス瞑想をアトピー改善に役立てるには?

    ストレス解消法

    マインドフルネス瞑想をアトピー改善に役立てるには?

    今回は、マインドフルネス瞑想をアトピー改善に役立てる方法につい…

特集記事

  1. 乳酸菌より注目な「乳酸菌生産物質」の腸への効果とは?
  2. 毎日のルイボスティーが病気を遠ざける
  3. アロエベラの効果・効能

オススメ記事

  1. 厳選!便秘の改善にオススメの3つの食品。
  2. 無理してヤセる前に読みたい『知的アンチダイエット生活』【コロ…
  3. 知っておきたいビタミンB群の役割・効果効能とは?
  4. エネルギー不足が「うつ」の原因のひとつである理由とは?
  5. 『セラピスト』から考える、心の安らぎのあり方。

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. 知腸内環境の改善が免疫力を高める

    酵素ドリンク

    ダイエットに効果的!酵素ドリンクでのプチゆる断食。
  2. 『食事・運動・瞑想で「うつ」な気分を良くする生き方』「はじめに」を無料公開。

    電子書籍

    『食事・運動・瞑想で「うつ」な気分を良くする生き方』Kindle本販売のお知らせ…
  3. 短鎖脂肪酸の効果・効能

    腸内細菌

    短鎖脂肪酸の効果・効能は腸内細菌の万能薬!?
  4. アトピーを治していくために続けていきたい生活習慣

    生活習慣

    アトピーを治すために続けていきたい生活習慣とは?
  5. 殺菌・抗菌力が強いマヌカハニー。

    ハチミツ

    天然はちみつ「マヌカハニー」で免疫力アップ。
PAGE TOP