入浴中のココナッツオイルでスキンケア&乾燥肌対策

スキンケア

入浴中のココナッツオイルでスキンケア&乾燥肌対策。

当ブログでは人生100年時代の真のヘルスケアについて述べていますが、今回は、入浴中のココナッツオイルの利用がスキンケア&乾燥肌対策にオススメなわけについて述べていきたいと思います。

 

中鎖脂肪酸が主成分のココナッツオイルは、

などにオススメなスーパーフードです。

 

特にココナッツオイルは食べる以外にも、肌に塗ることで、スキンケアと乾燥肌対策に効果的だと思われます。

実際、私自身は、入浴中に乾燥やアトピーが気になる皮膚の部分に、ココナッツオイルを塗り込むようにしてマッサージしていますが、かゆくならないうえに保湿効果もしばらく続いてくれます。

また、ココナッツオイルにはバクテリアの繁殖を防ぐ抗菌作用もあるとされていますので、そのこともココナッツオイルがスキンケアにオススメの理由のひとつです。

 

炎症やかゆみが気になる方は飽和脂肪酸が主成分のココナッツオイルを試してみる。

ココナッツオイルはスキンケアにオススメ

一方、酸化しやすいオリーブオイルや亜麻仁油といった不飽和脂肪酸が主成分のオイルを塗ると、皮膚に炎症がある場合、けっこうかゆみが増したりしますので、炎症やかゆみが気になる方は、不飽和脂肪酸が主成分のオイルではなく、飽和脂肪酸が主成分のココナッツオイルを試してみると良いと思います。

 

ちなみに『ココナッツオイル健康法』(WAVE出版)の著者であるブルース・ファイフ氏は、ココナッツオイルのスキンケア効果について以下のように述べています。

 

ココナッツオイル健康法

  理想的なローションは、肌をやわらかくするだけでなく、ダメージからまもり、損傷を癒して、より若々しく健康にしてくれる。純粋なココナッツオイルは、自然が与えてくれた最高のスキンローションだ。フリーラジカルの生成と、それによる損傷を防いでくれるのである。加齢や日光の浴びすぎが原因の、肝斑その他のシミを予防するのに役立つし、また結合組織を強くしなやかな状態に保って、肌のたるみやシワを防ぐ。

(ブルース・ファイフ『ココナッツオイル健康法』三木直子訳 p201~202)

 ココナッツオイルは、古い角質を取り除く効果に優れ、肌を若々しくしてくれる。肌の表面には死んだ細胞の層があり、こうした死んだ細胞がはがれると新しい細胞がそれに取って代わる。歳をとるとこのプロセスが遅くなり、死んだ細胞が蓄積して、肌がざらざら、パサパサする。ココナッツオイルは、肌の表面の死んだ細胞を取り除くのを助けるので、肌はなめらかになり、光が均一に反射して、より健康で若々しく見えるようになるのだ。きめが揃った肌は光をよりよく反射するので、「輝いて」見えるのである。

(同 p202~203)

肌が非常に乾燥している場合、ココナッツオイルは頻繁に塗る必要がある。ココナッツオイルの本当の効果は、繰り返し使っているうちにわかってくる。ほかのローションは一時的に肌をやわらかくしても、肌そのものを癒しはしないが、ココナッツオイルはゆっくりと肌をやわらかくし、古い角質を取り除いて、新しい、より健康な細胞の成長を促してくれるのだ。

(同 p204)

 

ココナッツオイルの利用がスキンケア&乾燥肌対策にオススメなわけ

 

以上ここまで、ココナッツオイルの利用がスキンケア&乾燥肌対策にオススメなわけについて述べてきましたが、お肌のケアに関しては相性や個人差があるため、ココナッツオイルを一方的にオススメするつもりはありません。

しかし、もし乾燥肌やアトピー性皮膚炎に悩まされている方で、不飽和脂肪酸が主成分の亜麻仁油やオリーブオイルなど、スキンケアに有効だとされているオイルが合わないという方は、飽和脂肪酸が主成分のココナッツオイルを一度試してみてはいかがでしょうか?

 

日清オイリオのココナッツオイル

なお、先程ご紹介したブルース・ファイフ氏の『ココナッツオイル健康法』によれば、「ココナッツオイルをローションとして使うときは、少量を、必要に応じて何度も塗るのがいい」そうです。

 

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. 土を食べろ!?ー『すべての不調をなくしたければ除菌はやめなさい』
  2. マインドフルネス継続のための雑念のトリセツとは?
  3. 花粉症対策とビタミンD、冬の日光浴不足の関係とは?
  4. グラスフェッドバターから作られたギーが良質なワケとは?
  5. 適度な運動が腸内環境を良好に保つ。

関連記事

  1. ココナッツオイル効果がダイエットを成功させる。

    糖質制限ダイエット

    ココナッツオイル効果がダイエットを成功させる理由とは?

    今回はココナッツオイル効果でダイエットを成功させる方法について…

  2. ココナッツオイルを認知症予防に簡単に役立てるには?

    認知症

    ココナッツオイルを認知症予防に簡単に役立てるには?

    今回はココナッツオイルを認知症予防に簡単に役立てる方法について…

  3. 日清オイリオの有機ココナッツオイルは健康生活にオススメ

    油・オイル

    日清オイリオの有機ココナッツオイルはこだわりの高品質。

    今回は、日清オイリオの有機エキストラバージンココナッツオイルが…

  4. ココナッツオイル&ギーでスキンケア&乾燥肌対策。

    スキンケア

    ココナッツオイル&ギーでスキンケア&乾燥肌対策。

    当ブログでは令和の時代の真のヘルスケアについて述べていますが、…

  5. ココナッツオイルがアルツハイマー型認知症の改善に効果的だとされる理由とは?

    認知症

    ココナッツオイルがアルツハイマー型認知症の改善に効果的な理由とは?

    今回はココナッツオイルがアルツハイマー型認知症の改善に効果的だ…

  6. ココナッツオイルの効果・効能がヘルシーライフに役立つわけとは?

    ミトコンドリア

    ココナッツオイルの効果・効能がヘルシーライフに役立つわけとは?

    ヘルシーなココナッツオイルを毎日の食生活にとりいれてみませんか…

特集記事

  1. 発酵食品がこれからの健康生活のためにイチオシなわけ。
  2. 知って腸トクする【甘酒の効果・効能】毎日飲むことのメリットとは?
  3. 知腸内環境の改善が免疫力を高める
  4. プチゆるダイエットは「スーパーフード」で気持ちよく
  5. そもそも免疫力とは何か?

オススメ記事

  1. 生命と人工知能の違いとは?-『AI原論』3
  2. BeeMeのマヌカハニーはハチミツ健康生活にオススメ。
  3. 知っておきたいビタミンEの役割・効果効能とは?
  4. なぜアーシングの効果は慢性炎症をやわらげるのか?
  5. プロポリスに含まれる栄養素・成分は?

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. 発酵食品がこれからの健康生活のためにイチオシなわけ。

    発酵食品

    発酵食品がこれからの健康生活のためにイチオシなわけ。
  2. ビーポーレン(蜂花粉)がパーフェクトフードなわけ

    ビーポーレン

    ビーポーレン(蜂花粉)がパーフェクトフードなわけとは?
  3. 『マインドフルネス習慣で「今・ここ」を選ぶ生き方』(Kindle本)

    電子書籍

    『マインドフルネス習慣で「今・ここ」を選ぶ生き方』(Kindle本)のお知らせ。…
  4. マヌカハニーの効果・効能

    ハチミツ

    知っておきたいマヌカハニーの効果・効能とは?
  5. 乳酸菌発酵エキス「善玉元気」で腸内環境をキレイに

    サプリメント

    短鎖脂肪酸配合の乳酸菌発酵エキス「善玉元気」で腸をキレイに。
PAGE TOP