ストレス/不安によるコロナ太りの解消には、食べる前のゆっくり呼吸がオススメ。

呼吸

ストレス/不安によるコロナ太りの解消には、食べる前のゆっくり呼吸がオススメ。

ストレス/不安によるコロナ太りの解消には、食べる前のゆっくり呼吸がオススメ。

以前、Kindle本『肥満を解消するためのマインドフルネス・ダイエット ストレス太りをやめて少しだけ健康になってみる。』の出版をお知らせしましたが、今回はストレス/不安によるコロナ太りの解消には、食べる前のゆっくり呼吸がオススメであるということについてです。

 

不安やストレス、寂しさ、哀しみなどで、気づいたら無意識に食べてしまっている、必要以上に食べ過ぎてしまっているという場合の心理的ストレスによるコロナ太りの解消には、食べる前のゆっくり呼吸で体の声を聴くようにするのがオススメです。

 

食べることを意識して食事の瞬間を味わうということについては、毎日の食事にマインドフルネス瞑想を応用するマインドフルイーティングの実践がオススメであり、たとえば、脳神経内科専門医の山下あきこ氏は、『やせる呼吸 脳科学専門医が教えるマインドフルネス・ダイエット』(二見書房)のなかで、

「マインドフルネスを行うと体のサインを識別できるようになり、食行動のコントロールができるようになるため、抑うつ、ストレスの知覚、身体的な症状のいずれも改善します」

と述べています。

 

もうひとつ、からだの声に耳を傾けてから食べるようにするということに関しては、何となく実践しようとしてもなかなかうまくいかないため、まずは呼吸をきっかけにして始めてみるのが良いかもしれません。

以前、根本的なストレス対策は呼吸&マインドフルネス瞑想がオススメであると述べたことがありましたが、ストレスを感じてイライラしたり、不安になったりして、つい何かを無性に食べたくなる衝動を感じたら、実際に食べてしまう前に、ゆっくりと呼吸してみるのです。

 

イライラしている時は自律神経のうちの交感神経のほうが優位になってしまっています。

しかしゆっくりと呼吸を行えば、リラックスすることで副交感神経が活発になり、自律神経のバランスを整えることができます。

 

ストレスを感じて食べたくなったらゆっくり「フーッ」と息を吐くようにする。

ストレスを感じて食べたくなったらゆっくり「フーッ」と息を吐くようにする。

先ほど取り上げた山下あきこ氏の『やせる呼吸』のなかには、

 

食事をしたあとは副交感神経が高まりリラックスした体の状態になりますが、食事をする前の空腹状態は交感神経が活発になっています。そこで息をフーッと吐き出して食後のような自律神経のバランスに近づけておくと、食べすぎを防ぐことができるのです。

 

という一節がありますが、ストレスを感じて無性に何か食べたくなったら、自律神経のバランスを整えるつもりで、ゆっくり「フーッ」と息を吐くようにする。そしてひと呼吸おいたあとで、自分の体の声に耳を傾けるようにすれば、無意識のうちについ食べ過ぎてしまうのを防ぐことができるのです。

 

食べ物をつい口にする前にゆっくりとした呼吸

最近、ストレスによるコロナ太りやお腹周りが気になる方は、食べ物をつい口にする前にゆっくりとした呼吸を行い、そのことをきっかけに今の自分の状態をマインドフルに観察するようにしてみてはいかがでしょうか?

もしそのことを習慣にすることが出来れば、ストレスを感じるたびに必要以上に食べ過ぎてしまう<自分>に気づくことが出来ますし、健康的な肥満の解消やダイエットにもつながっていきます。

 

ここまで読んでくださり、ありがとうございます(^^♪

 

肥満を解消するためのマインドフルネス・ダイエット ストレス太りをやめて少しだけ健康になってみる。

AmazonKindleで販売中です❕

 

 

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. マヌカゴールドは初めてでも食べやすいマヌカハニー。
  2. なぜアーシングの効果は慢性炎症をやわらげるのか?
  3. プロポリスが免疫力アップに役立つわけ。
  4. 水素水と本当のアンチエイジングの関係とは?-『なぜ水素で細胞から若返るのか』
  5. 慢性炎症が生活習慣病の原因になるワケ。

関連記事

  1. ダイエットの科学 「これを食べれば健康になる」のウソを暴く

    痩せ菌ダイエット

    『ダイエットの科学』は「「これを食べれば健康になる」のウソを暴く」。

    今回は2017年に白揚社から出版された『ダイエットの科学 「こ…

  2. 自律神経のバランス

    副交感神経を優位にするための3つの方法とは?

    今回は、副交感神経の働きを優位にするための3つの方法について述…

  3. ゆっくり呼吸で自律神経のバランスを整える。

    自律神経のバランス

    ゆっくり呼吸が自律神経のバランスを整える。

    当ブログでは令和の時代の健康と幸福について書いていますが、今回…

  4. 呼吸&マインドフルネス瞑想で根本的なストレス対策。

    ストレス解消法

    根本的なストレス対策は呼吸&マインドフルネス瞑想で。

    慢性的なストレスに悩まされてはいませんか?今回は、呼吸…

  5. 痩せ菌の一種である「アッカーマンシア ムシニフィラ」を増やす

    痩せ菌ダイエット

    「アッカーマンシア ムシニフィラ」という痩せ菌を増やすには?

    今回は痩せ菌の一種である「アッカーマンシア ムシニフィラ」を増…

  6. ダイエットの成功の鍵は腸内細菌の痩せ菌を増やすこと

    痩せ菌ダイエット

    ダイエットの成功の鍵は「ヤセ菌」を増やすこと。

    「肥満」であることに悩み、もっと痩せたいと思って、これまでいろ…

特集記事

  1. ビーポーレン(蜂花粉)がパーフェクトフードなわけ
  2. 話題の乳酸菌が16種類・500億個の「乳酸菌革命」とは?
  3. ヘンプシードの免疫系に作用する働き

オススメ記事

  1. マインドフルネス瞑想で雑念が浮かんでくるのは当たり前。
  2. 知っておきたい【天然・生はちみつの効果・効能】とは?
  3. 森林浴が慢性的なストレスから解放して心と身体を癒す。
  4. マインドフルネス瞑想についての間違いと正しい理解とは?
  5. 🍯はちみつは殺菌効果が強い🍯【知ってトクする】

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. 話題の乳酸菌が16種類・500億個の「乳酸菌革命」とは?

    乳酸菌

    人気の乳酸菌が16種類・500億個の<乳酸菌革命>とは?
  2. プチゆるダイエットは「スーパーフード」で気持ちよく

    食事

    スーパーフードが体と心に良い効果をもたらしてくれるワケとは?
  3. 便秘の改善

    食物繊維の効果・効能で腸内環境改善。
  4. 生ローヤルゼリーの健康効果が心と体にオススメなわけ

    ローヤルゼリー

    生ローヤルゼリーの健康効果が心と体にオススメなわけ。
  5. ビーポーレン(蜂花粉)がパーフェクトフードなわけ

    ビーポーレン

    ビーポーレン(蜂花粉)がパーフェクトフードなわけとは?
PAGE TOP