ゴジベリー(クコの実)の健康効果がスゴイわけ

食べ物

ゴジベリー(クコの実)のスーパーフード効果が注目なわけ。

ゴジベリー(クコの実)の健康効果がスゴイわけ

今回は、ゴジベリー(クコの実)の健康効果がスゴイわけについてです。

スーパーフード<ゴジベリー(クコの実)>の健康効果は注目です。

ゴジベリー(クコの実)は、それほど広く知られていないのかもしれませんが、アジアを中心に、主に中国で長寿と健康をもたらしてくれる食材として親しまれています。

そして、そのゴジベリー(クコの実)には、19種類のアミノ酸と8種類の必須アミノ酸、亜鉛、銅、鉄、カルシウム、セレン、リンなどのミネラル類、ビタミンB群などが含まれているといわれています。

 

特にゴジベリーはタンパク源として優れているため、効率よくアミノ酸を摂るためのスーパーフードとして役に立ってくれますし、主要成分である多糖類、βカロテン、ゲルマニウム鉱物は、免疫力を高めるといいます。

 

また、ポリフェノール類などの抗酸化物質は、活性酸素(フリーラジカル)や放射線からDNAを守ってくれるといわれていますが、ゴジベリー(クコの実)には、βカロテンをはじめとしたカロテノイドやセスキテルペノイド、ゼアキサンチン、フィサンリンといった抗酸化物質が豊富に含まれているとされています。

DNAの損傷は、老化のペースを早めたり、あらゆる病気の原因を作ったりするため、日頃から抗酸化物質が多く含まれたゴジベリー(クコの実)を摂ることは、病気の予防やアンチエイジングに効果を発揮すると考えられます。

 

ゴジベリーの健康長寿・アンチエイジング効果に期待。

ゴジベリーに含まれる抗炎症性物質の「セスキテルペノイド」にもアンチエイジング効果が期待できる

それに加えて、ゴジベリーに含まれる抗炎症性物質の「セスキテルペノイド」にもアンチエイジング効果が期待できるといいます。

さらに、ゴジベリーには、D‐ラムノース、D‐キシロース、D‐グルコースD‐ガラクトースなどの多糖類も含まれているといわれています。

そのほか、ゴジベリー(クコの実)に含まれる植物性栄養素ベタインには、肝臓を浄化する作用があるといわれています。

しかも、多糖類と脂肪酸には、コラーゲンの生成と水分の保持を促す作用があるため、美肌にも効果を発揮してくれるそうです。

 

ちなみにデイヴィッド・ウォルフ氏は『スーパーフード』のなかで、このゴジベリー(クコの実)について、

 

 クコの実は「アダプトゲン」です。アダプトゲンとは薬草の世界で、「人体に複合的な治癒効果を与える物質」を説明する言葉です。身体の組織を活性化、強化しつつ、副腎を助けてストレス対応力を向上させます。漢方ではクコの実は副腎や腎臓の精力を高め、その結果、持久力、体力や性的なエネルギーが高まり、長生きにつながるとされています。

クコの実は総じて、免疫機能を向上させ、体内をアルカリ性にし、活力を高め、肝臓を保護し、視力や血液の質を改善し、アンチエイジング物質を供給するなど、優れた性質を持っています。

(デイヴィッド・ウォルフ『スーパーフード』 高城剛 監訳 医道の日本社 p29)

 

と述べています。

 

ゴジベリー(クコの実)に期待出来る健康効果。

ゴジベリー(クコの実)に期待出来る健康効果

  • 抗酸化作用
  • アンチエイジング効果
  • 視力の改善
  • 免疫力を高める効果
  • 血流の改善
  • 内臓の健康を維持する効果
  • 美肌効果
  • 精力の増強
  • ストレス耐性

 

そもそも「ゴジベリー(クコの実)」とは?

「ゴジベリー(クコの実)」

ところで、「ゴジベリー(クコの実)」はクコ属クコ種に属しており、その種類はアジアに80種類以上、北米と中米には10種類以上あるとされており、クコの実の「クコ(「Lycium)」とは、ギリシア語(Lyceum)で「学ぶ場」という意味があるそうです。

中国ではクコの実はお酒や薬膳料理の材料として使われていますが、クコの実は6,000年以上、長寿の果実として親しまれてきたといいます。特にクコがたくさん育てられている中国の寧夏省には、100歳以上の人が多く、クコの実は寿命を延ばす食材であると信じられています。

そして、漢方薬の世界では、クコの実は長寿の万能薬に利用されています。

 

ゴジベリーはヨーグルトやお茶、杏仁豆腐などのデザートに足しても美味しい。

このように、栄養効果が高いゴジベリー(クコの実)はスーパーフードとも言うべき食材だといえますが、ゴジベリー(クコの実)を購入する際は、含まれている栄養素や品質を鑑みて、なるべくオーガニックのものを選んだ方が良いとされています。

またゴジベリーは、おやつとしてそのまま食べても良いですし、ヨーグルトやお茶、杏仁豆腐などのデザートに足しても美味しいです。

ただし、適量は乾燥クコの実1日あたり15~45gだとされていますので、いくら様々な健康効果が期待できるスーパーフードだといっても、食べ過ぎには注意が必要です。それに加えて、妊婦の方も摂取を控えた方がよいといわれています。

 

以上ここまで、ゴジベリー(クコの実)のスーパーフード効果が注目なわけについて述べてきました。健康長寿が気になる方は、栄養効果が高いゴジベリーをぜひ一度試してみてください。

 

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. リーキーガット症候群がアレルギーと体調不良の原因になるわけ。
  2. 腸内細菌の減少がアレルギーを引き起こす?
  3. 自然にふれること、感じることが「うつ」をやわらげる
  4. 知っておきたいビタミンEの役割・効果効能とは?
  5. 鉄分とルチンが豊富なそば蜂蜜の効果・効能とは?

関連記事

  1. 食物繊維が豊富なスーパーフード「タイガーナッツ」の健康効果

    食物繊維

    タイガーナッツは食物繊維が豊富なスーパーフード。

    今回は、食物繊維が豊富なスーパーフード「タイガーナッツ」の健康…

  2. 腸活に効果的なヨーグルトのとは?

    ヨーグルト

    腸に効くヨーグルトの「トリセツ」とは?

    腸の健康のために、毎日ヨーグルトを食べていますか?今回…

  3. 玄米リブレフラワー

    健康

    玄米リブレフラワーは一人暮らしの学生さんや中高年の男性にもお勧め。

    今回は玄米リブレフラワーの栄養効果は一人暮らしの学生さんや中高…

  4. チアシードは栄養補給に役立つスーパーフード。

    腸内環境

    チアシードは栄養補給に役立つスーパーフード。

    今回はチアシードが栄養補給に役立つスーパーフードであるというこ…

  5. サジージュースでアトピーを改善するための方法とは?

    美容・美肌

    サジーは美容や美肌の実現にオススメなスーパーフード。

    今回はサジーが美容や美肌の実現にオススメなスーパーフードである…

  6. 知っておきたい<ほうれん草>の栄養効果。

    野菜

    知っておきたい<ほうれん草>の栄養効果。

    今回は、ほうれん草の栄養効果についてです。ほうれん草に…

特集記事

  1. アトピーを治していくために続けていきたい生活習慣
  2. 半日断食(ファスティング)は病気予防にオススメ
  3. ダイエットの成功の鍵は腸内細菌の痩せ菌を増やすこと
  4. BeeMeのマヌカハニーはハチミツ生活にオススメ
  5. 食事・運動・瞑想がうつを良くしていく

オススメ記事

  1. 『マインドフルネス習慣で「今・ここ」を選ぶ生き方』販売中です…
  2. 「うつ」を予防するための食事のポイントとは?
  3. プロポリスの殺菌・抗菌効果と抗炎症作用【ヘルスケアのために知…
  4. ジャラハニーは腸内細菌のバランスを整える。
  5. マインドフルネス瞑想についての間違いと正しい理解とは?

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. 般若心経の【色即是空】を感じることが心身のバランスを整え、一日一日を幸福にする。にある

    仏教

    般若心経の【色即是空】を感じることが心身のバランスを整え、一日一日を幸福にする。…
  2. 健康

    自然塩のミネラルバランスが健康・生命のために必要不可欠な理由とは?
  3. 純粋国産はちみつ「Megumi-めぐみ」は非加熱天然

    ハチミツ

    純粋・生の国産はちみつ「Megumi-めぐみ」は非加熱天然でオススメ。
  4. 生ローヤルゼリーの健康効果が心と体にオススメなわけ

    ローヤルゼリー

    生ローヤルゼリーの健康効果が心と体にオススメなわけ。
  5. 食事・運動・瞑想がうつを良くしていく

    うつ

    <食事・運動・瞑想>が【うつ】をやわらげていく理由とは?
PAGE TOP