ストレス

腸内フローラ

過度のストレスは腸内環境悪化の原因に。

ストレス

今回はストレスが腸内環境を悪化させる原因になるということについてです。

私たちの腸内には100種類・100兆個以上もの腸内細菌が存在しており、その群生の様子はお花畑になぞらえて「腸内フローラ」と呼ばれています。

その腸内細菌の集まりである腸内フローラや腸内環境は、免疫系に深く関わるなどしているため、普段から腸内細菌のバランスを整えるよう腸内環境を改善していくことは、日頃の健康維持と長寿の実現のためには欠かせません。

 

しかし、腸内フローラや腸内環境を悪化させてしまう要因があり、それらには、

  1. 食品添加物
  2. 抗生物質
  3. ストレス
  4. 食べ過ぎ
  5. 運動不足

などが挙げられるのですが、今回はそのうちの「ストレス」について述べていきたいと思います。

 

ストレスによって交感神経ばかりが優位になると便秘気味になるリスクが高まる。

ストレス

人間関係による心理的ストレスや、働き過ぎ、頑張り過ぎなどによる過度のストレスは腸内細菌のバランスを崩し、腸内環境を悪化させてしまう原因になります。

その理由は、腸は「腸神経叢」と「自律神経(交感神経・副交感神経)」という腸自体に存在する二つの神経によってコントロールされていますが、過度のストレスは自律神経の交感神経を優位にしてしまうという問題が生じるからです。

一般的に活動を行っている時は交感神経が優位になるとされていますが、腸に関しては車のアクセルの働きをするのは副交感神経であり、交感神経は腸の運動のブレーキ役を果たしているのです。

 

つまり、過度のストレスによって交感神経ばかりが優位になると、腸のぜん動運動が鈍り、便秘気味になるなど、腸内環境が悪化するリスクが高まってしまうのです。

また、ストレスを受けると、腸が「カテコラミン」という神経伝達物質を放出し、大腸菌がその刺激を受けて、腸の一部で病原性を高めながら増殖するといわれています。

 

適度にリラックスする習慣が腸内環境を健康に保つ

ストレスで急におなかが痛くなる

たとえば、緊張したりプレッシャーを感じたりすると、人によっては急におなかが痛くなるのはそのことと関係しているように思えますし、さらに、腸内細菌のバランスが悪玉菌優位になってしまうと、便秘だけではなく、下痢、うつ、アトピー、過敏性腸症候群いった症状にもつながっていってしまう可能性も高くなります。

そのほか、過度の心理的・精神的ストレスは「腸もれ」とも呼ばれる「リーキーガット症候群」の原因にもなるとされています。

そのため、良好な腸内環境を保つためには、必要以上のストレスを避け、呼吸を深めたり、気持ちのよい有酸素運動をゆるやかに続けたりするなど、適度にリラックスする習慣を持つことが大切です。

 

それに加えて、腸内フローラのバランスが良好であると、ストレスへの耐性も強くなるとされていますので食物繊維乳酸菌オリゴ糖などを中心にして、日頃から食事によって腸内環境を改善していくことは、ストレス対策になると考えられます。

このことに関して、医学博士の藤田紘一郎氏が、『人の命は腸が9割』のなかで、「ストレスへの耐性を自ら高めることが、病気を防ぐ最大の方法」であるとし、「ストレスから心身を守るには、善玉菌が優勢で、多種多様な菌が共存する腸内環境を保つ工夫をすることです。それが心身のストレスへの耐性を自ら高める最大の方法です」と述べている点は非常に興味深い点です。

 

なお、私なりの腸内環境・腸内フローラの改善方法についてはこちらの記事をご参照ください。

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. 贈与と偶有性の瞬間(とき)。 
  2. 知ってトクする<自然音の効果・効能>とは?【ストレス解消・リラックス】
  3. 『腸科学 健康な人生を支える細菌の育て方』は食物繊維の大切さを学ぶのに最適。
  4. 食用油の摂り方はアトピーを治していくためにとっても大切なわけ。
  5. 知ってトクするビタミンB6の働き・役割とは?

関連記事

  1. 不溶性食物繊維の効果効能

    便秘の改善

    腸のために知っておくべき水溶性と不溶性の食物繊維の違いとは?

    今回は、腸のために知っておくべき水溶性と不溶性の食物繊維の違い…

  2. リーキガット症候群がアレルギーや体調不良の原因になるわけ。

    アレルギー・花粉症

    リーキーガット症候群がアレルギーと体調不良の原因になるわけ。

    今回はリーキガット症候群がアレルギーと体調不良の原因になるわけ…

  3. ストレス・寒暖差で自律神経が乱れたら生ローヤルゼリー

    ローヤルゼリー

    ストレス・寒暖差で自律神経が乱れたら生ローヤルゼリー。

    当ブログではハチミツとミトコンドリアで真の健康を実現する方法に…

  4. プ酵素ドリンクの効果・効能が腸内環境を整える

    酵素ドリンク

    酵素ドリンクの効果・効能が腸内環境を整える。

    今回は酵素ドリンクの効果・効能が腸内環境を整える、ということに…

  5. トランス脂肪酸が体に悪いわけ

    活性酸素(フリーラジカル)

    ストレス・活性酸素を減らすことでアトピー改善。

    今回はストレスや活性酸素を減らすことがアトピーの改善につながる…

  6. ハチミツヨーグルト

    ハチミツ

    ハチミツヨーグルトが腸内環境を整えるワケ。

    当ブログではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、…

特集記事

  1. 【ジャラハニーの効果・効能】ハチミツ生活のために知っておきたい。
  2. 『ホモ・デウス』は心の未来を見据えた書物【感想・書評】
  3. 生ローヤルゼリーの健康効果が心と体にオススメなわけ
  4. アロエベラの効果・効能

オススメ記事

  1. リーキーガット症候群がアレルギーと体調不良の原因になるわけ。…
  2. 『失われてゆく、我々の内なる細菌』が鳴らす警鐘「抗生物質の冬…
  3. マインドフルネスは関係性の中で活かすー『〈目覚め〉への3つの…
  4. 根本的なストレス対策は呼吸&マインドフルネス瞑想で。
  5. なぜアーシングの効果は慢性炎症をやわらげるのか?

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. 短鎖脂肪酸の効果・効能

    腸内細菌

    短鎖脂肪酸の効果・効能は腸内細菌の万能薬!?
  2. プチゆるダイエットは「スーパーフード」で気持ちよく

    食事

    スーパーフードが体と心に良い効果をもたらしてくれるワケとは?
  3. 本物のマヌカハニーの正しい選び方

    ハチミツ

    本物のマヌカハニーの正しい選び方とは?
  4. 299種類もの栄養が注目なサジーの健康効果

    サジー(シーバックソーン)

    299種類もの栄養が注目なサジーの健康効果とは?
  5. 知って腸トクする【甘酒の効果・効能】毎日飲むことのメリットとは?

    甘酒

    知って腸トクする【甘酒の効果・効能】毎日飲むことのメリットとは?
PAGE TOP