スワイショウ×マインドフルネスがうつと運動不足を遠ざける

エクササイズ

スワイショウ×マインドフルネスがうつと運動不足を遠ざける。

スワイショウ×マインドフルネスがうつと運動不足を遠ざける

スワイショウ×マインドフルネスを心身の健康維持や運動不足解消のためにライフスタイルにとりいれてみませんか?

今回は、スワイショウ×マインドフルネスの習慣がうつと運動不足を遠ざける、ということについてです。

以前、「うつをやわらげるには身体をゆるめる。」という記事で、「スワイショウ」という運動をご紹介しましたが、このスワイショウを1日の生活のなかに何回か採り入れることは、運動不足の解消やうつの予防にオススメです。

 

「体軸を中心に腕を回転させる運動」である「スワイショウ」は、気功体操のうちのひとつですが、このスワイショウを、マインドフルネス瞑想と組み合わせ、身体感覚を観察しながら行ってみると、思った以上に、気分転換と運動不足の解消になるのです。

 

スワイショウ×マインドフルネス瞑想のコツとは?

スワイショウ×マインドフルネス瞑想のコツとは?

スワイショウをマインドフルネス瞑想と組み合わせる際のコツは、身体感覚を意識することです。

 

具体的には、体の軸を中心に、

  • 足裏

など、スワイショウによって程よく体をゆるませながら、体の様々な部位に意識を向けてみることです。

さらに、からだの中心軸を左右にねじるため、視覚情報が目まぐるしく変わるのですが、その際、遠くの風景を観察してみるのも面白いです。

 

なお、スワイショウのやり方については、山口創氏の『腸・皮膚・筋肉が心の不調を治す』から引用したいと思います。

また、具体的な方法については、YouTube動画のほうが参考になるかもしれません。

 

①まず左右の足を腰幅ぐらいに開き、つま先を正面に向け立ちます。膝は少し曲げ、ゆるめましょう。

身体の中心軸を左右に捻ることで、両手がそれにつられて回転するようにします。

②振った手を身体に巻きつけてみましょう。お腹から腰に腕が巻きつきます。

両腕はゆったりとだらんと垂らした状態で、体軸だけを振って腕を回転するにまかせるようにします。「でんでん太鼓」のように振るのがポイントです。

手や腕の当たる個所を気持ちよい強さで叩き、刺激してください。腰や背中下部のツボを刺激できます。

③左振りの場合は右足の踵、右振りの場合は左足の踵というように、逆足の踵が見えるまで、大きく振ってみましょう。

④最後は、体軸の回転を止めます。両手は勢いを失い、やがて自然体に戻っていきます。

(山口創『腸・皮膚・筋肉が心の不調を治す』p201~202より抜粋)

 

 

この「スワイショウ」の運動は、気分が落ち込んでいて、外に出てあまり身体を動かしたくない時でも、部屋の中でスペースをとらず簡単にできるため非常にオススメです。

さらに、長時間デスクワークを行なったり、スマホの操作をしたりすることで、身体が硬くなってしまった時に、このスワイショウをこまめに行うことも、からだをゆるめるのに非常に効果的です。

しかも気分転換や心のリフレッシュにもなります。

 

 

 

以上ここまで、スワイショウ×マインドフルネスが<うつ>をやわらげるということについて述べてきましたが、↑の動画などを参考にしつつ、ぜひうつ対策のために、まずはほんの少しの時間でも構わないので、身体感覚を観察しながら、スワイショウをこまめに行ってみてください。

また、このスワイショウは、デスクワークが多くて座りっぱなしの時間が長いという方の運動不足の解消にもオススメです。

 

うつの予防対策には、食事・運動・瞑想といった生活習慣が大切です。

うつの予防対策には、食事・運動・瞑想といった生活習慣が大切

 

 

当ブログ管理人が書いた『マインドフルネス習慣で「今・ここ」を選ぶ生き方 情報社会を生き抜くためのセルフケア』 AmazonのKindleストアで販売中です。

『マインドフルネス習慣で「今・ここ」を選ぶ生き方 情報社会を生き抜くためのセルフケア』

 

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. 毎年つら~い花粉症の症状と腸内環境の関係とは?
  2. 『「気づく」とはどういうことか』はマインドフルネスに関心がある方にオススメ。
  3. 『アトピーがぐんぐん消えた!』で大人アトピーの生活改善。
  4. いのちの働きを感じることがうつを解消していく。
  5. 今さら聞けないプロバイオティクスとプレバイオティクスの違いとは?

関連記事

  1. 1分間瞑想法

    マインドフルネス

    1分間のマインドフルネス瞑想がうつを遠ざける。

    最近なんだか元気がなくて「うつ」っぽいと感じたら、うつな気分を…

  2. エネルギー不足が「うつ」の原因のひとつである理由とは?

    メンタルヘルス

    エネルギー不足が「うつ」の原因のひとつである理由とは?

    毎日仕事や家事、育児などで頑張りすぎたり無理しすぎたりしてはい…

  3. 『セラピスト』から考える、心の安らぎのあり方

    メンタルヘルス

    『セラピスト』から考える、心の安らぎのあり方。

    今回は『セラピスト』(最相葉月 著 新潮社)という本を心の健康…

  4. 脳の炎症

    脳の炎症がうつの症状を引き起こす?

    当ブログでは令和の時代のセルフケアについて述べていますが、今回…

  5. 「うつ」を予防するための食事

    うつ

    「うつ」を予防するための食事のポイントとは?

    今回は「うつ」を予防するための食事について述べていきたいと思い…

  6. 冬のうつは内臓(おなか)を温めて乗り越える

    体温

    冬のうつは内臓(おなか)を温めて乗り越える。

    冬の寒~い毎日、おなかが冷えていませんか? 十分温めていますか…

特集記事

  1. 腸内環境・腸内フローラの改善方法
  2. ダイエットの成功の鍵は腸内細菌の痩せ菌を増やすこと
  3. 天然ハチミツジャングルハニー
  4. アトピーを治していくために続けていきたい生活習慣
  5. マヌカハニーの効果・効能

オススメ記事

  1. ボディスキャンによるマインドフルネスは身体への気づきを深める…
  2. ONKYOスピーカー【D-112NFX(D)】の感想はハイレ…
  3. 玄米リブレフラワーの効果・効能は食養生にオススメ。
  4. 肥満解消・ダイエットにもミトコンドリアが大切なワケ。
  5. 瞑想とは現在の瞬間を観察するためのトレーニング。

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. なぜ今、発酵生活が現代人のライフスタイルに必要なのか?

    発酵食品

    なぜ今、発酵生活が現代人のライフスタイルに必要なのか?
  2. ミトコンドリアを増やすための生活習慣とは?

    ミトコンドリア

    ミトコンドリアを増やすための生活習慣とは?【健康のために知っておきたい】
  3. 体が硬い人ほど【ゆっくりヨガ】でからだを観察&マインドフルネス。

    マインドフルネス

    体が硬い人ほど【ゆっくりヨガ】でからだを観察&マインドフルネス。
  4. はちみつの効果・効能

    ハチミツ

    知っておきたい【天然・生はちみつの効果・効能】とは?
  5. プチゆるダイエットは「スーパーフード」で気持ちよく

    食事

    スーパーフードが体と心に良い効果をもたらしてくれるワケとは?
PAGE TOP