大事なのはぐるぐる思考やネガティブ思考に気づき、受けいれること。

メンタルヘルス

大事なのはぐるぐる思考やネガティブ思考に気づき、受けいれること。

大事なのはぐるぐる思考やネガティブ思考に気づき、受けいれること。

日頃から頭でいろいろ悩みすぎて心身ともに疲れきってはいませんか?

当ブログでは令和の時代の真のセルフケアについて述べていますが、今回は、ぐるぐる思考やネガティブ思考に気づき、受けいれることが大事だということについてです。

 

前回、エネルギー不足は「うつ」の原因の一つであるということについて述べましたが、出口が見えない、解決することが難しい問題に対して、同じ思考パターンを延々と繰り返すことは、かなりのエネルギーを脳で消耗してしまいます。

そのため、ぐるぐると考え始めてしまったら、そのことで結果的にネガティブな気分になる前に、

 

  • 「思考、思考、思考」
  • 「雑念、雑念、雑念」
  • 「妄想、妄想、妄想」

 

といったようにラベリングして対処することが大切だと前回の記事では述べました。

 

ネガティブ思考が「悪い」とは限らない。

ネガティブな考えばかりをしてしまう自分の状態を否定せずに、そのまま受けいれること

ここで大事なのは「あ、ぐるぐると考えすぎてしまっているな」と、気づき、そしてその「ぐるぐる思考」や、ネガティブな考えばかりをしてしまう自分の状態を否定せずに、そのまま受けいれることです。

そして、そのことに気づいたら、「思考、思考、思考」といったように、今の自分を観察し、ラベリングすることで実況中継していき、そのラベリングが終わったら、今度は「呼吸」に意識を向けてみてください。

 

もしマイナス思考にとらわれている自分を「ダメなやつだ」と否定してしまうと、そのことがネガティブな方向へと傾くきっかけになるため、自分が考えすぎていることに気づいたら、まずは受け入れるのです。

つまり、ネガティブである自分を否定してしまうこと自体がネガティブ思考なのです。

 

まずは自分にはぐるぐると考えてしまう性質があることを認めてあげる。

まずは自分にはぐるぐると考えてしまう性質があることを認めてあげる。

ですが、「ネガティブ」に考えてしまうのが悪いことだとは限りません。すべての物事には「ネガティブ」と「ポジティブ」の二つの側面があり、どちらが「良い/悪い」とは一概には言えないのです。

それに、自分自身がマイナス思考に陥っている時ほど、無理にプラス思考やポジティブ思考に切り替えるのは難しいものです。

問題なのは、自分自身にダメージを与えるようなマイナス思考を延々と繰り返してしまうことです。

 

したがって、ネガティブ思考が悪いことだと決めつけるのではなく、まずは自分のメンタルにはぐるぐると考えてしまう性質があることを認めてあげることが大切なのです。

 

そのことを踏まえたうえで、イライラしたりモヤモヤしたりしたら、そのことをきっかけにして、

「思考に気づく」→「ラベリングする」→「呼吸を観察する」

というマインドフルネス瞑想の一連の流れを実践してみてください。

 

 

当ブログ管理人が書いた『マインドフルネス習慣で「今・ここ」を選ぶ生き方 情報社会を生き抜くためのセルフケア』 AmazonのKindleストアで販売中です(^^♪

『マインドフルネス習慣で「今・ここ」を選ぶ生き方 情報社会を生き抜くためのセルフケア』

 

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. 『腸内環境を変えたい人はアロエベラを食べなさい』から伝わるアロエパワー。
  2. 知っておきたい『水素分子はかなりすごい』理由とは?
  3. 『病気にならない生き方』をこれからの健康のために読み直す。
  4. 免疫力アップの秘訣は自律神経のバランスを整えること。
  5. 三木成夫『内臓とこころ』から<心>とは何かを考える。

関連記事

  1. マインドフルネスが自分のこだわりから距離を置くのに役立つわけとは?

    マインドフルネス

    マインドフルネスが自分のこだわりから距離を置くのに役立つわけとは?

    今回は、前回や前々回に引き続き、『あなたの脳は変えられる 「や…

  2. マインドフルネス瞑想はマルチタスクによる注意力散漫/イライラ対策に効果的。

    メンタルヘルス

    マインドフルネス瞑想はマルチタスクによる注意力散漫/イライラ対策に効果的。

    令和の時代に突入したものの、毎日忙しすぎたり、やりたいことが多…

  3. 食事・運動・瞑想がうつを良くしていく

    うつ

    <食事・運動・瞑想>が【うつ】をやわらげていく理由とは?

    現代社会においては、毎日の生活のなかで、「うつ」の症状を一度は…

  4. ストレス対策とうつの改善にスロージョギングがオススメなわけ。

    ストレス解消法

    ストレス対策とうつの改善にスロージョギングがオススメなわけ。

    なるべくゆっくり走るスロージョギングをライフスタイルにとりいれ…

  5. テロメア・ストレス・マインドフルネス

    マインドフルネス

    テロメア・ストレス・マインドフルネス。

    今回はテロメアの短縮をもたらす「ストレス」への対策にはマインド…

  6. 雑念が浮かぶのは当たり前だと受けいれることがマインドフルネスを継続するために必要。

    マインドフルネス

    マインドフルネス継続のための雑念のトリセツとは?

    マインドフルネス瞑想を毎日のセルフケアのために継続できています…

特集記事

  1. ダイエットの成功の鍵は腸内細菌の痩せ菌を増やすこと
  2. 大地とつながるアーシングが慢性的な体の不調を癒す
  3. ビーポーレン(蜂花粉)がパーフェクトフードなわけ

オススメ記事

  1. 「うつ」の改善には<いま>に気づく瞑想が効果的。
  2. 瞑想とは現在の瞬間を観察するためのトレーニング。
  3. 知ってトクする【自然音の効果・効能】とは?
  4. マインドフルネス瞑想をすることの効能とは?-『「今、ここ」に…
  5. スーパーフードが体と心に良い効果をもたらしてくれるワケとは?…

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. 心身を浄化する瞑想「倍音声明」CDブック

    ストレス解消法

    『心身を浄化する瞑想「倍音声明」CDブック』のストレス解消効果がスゴイ。
  2. 呼吸はいつも、今・ここにある【呼吸に還るマインドフルネス】

    マインドフルネス

    呼吸はいつも、今・ここにある【呼吸に還るマインドフルネス】
  3. アロエベラの効果・効能

    アロエベラ

    アロエベラの効果・効能が病気予防にイチオシなわけ。
  4. 便秘の改善

    食物繊維の効果・効能で腸内環境改善。
  5. 半日断食(ファスティング)は病気予防にオススメ

    断食(ファスティング)

    半日断食(ファスティング)が現代病予防にオススメなわけ。
PAGE TOP