腸内細菌学のパイオニアが提唱する「バイオジェニクス」とは?

腸内環境

腸内細菌学のパイオニアが提唱する<バイオジェニックス>とは?【腸活】

腸内細菌学のパイオニアが提唱する「バイオジェニクス」とは?

今回は、腸内細菌学のパイオニアである光岡知足氏が提唱する「バイオジェニックス」について述べていきたいと思います。

 

腸内環境を良くするためには、乳酸菌など、腸にとっての有用菌を送り込んだり(「プロバイオティクス」)、食物繊維オリゴ糖など、腸内細菌のエサになる栄養成分を摂ったりすること(「プレバイオティクス」)が大切だといわれています。

しかし、これらだけではなく、乳酸菌生産物質など、もっと腸内環境を良くするための栄養成分を広い視点で捉えてみようとする「バイオジェニクス」という考え方があります。

 

この「バイオジェニックス」とは、まだ世の中に浸透していないのかもしれませんが、東京大学名誉教授で、腸内細菌学のパイオニアでもある光岡知足氏が、腸内フローラ(環境)の改善のために新たに提唱している概念です。

光岡知足氏は、『腸を鍛える 腸内細菌と腸内フローラ』のなかで、「バイオジェニックス」を「死菌を含めた乳酸菌の菌体成分や分泌物が腸管免疫を刺激し、腸内フローラに好影響を与える食品」「免疫活性によって全身の健康にも寄与する食品」のことだとしています。

 

バイオジェニクスが提唱された理由とは?

バイオジェニックス

光岡知足『腸を鍛える 腸内細菌と腸内フローラ』を参考に作成。

 

光岡氏によってこのような概念が唱えられ理由は、菌体成分や分泌物が濃縮されている生きた菌よりも死んだ菌が主体になっている乳酸菌サプリメントなどは、以前から腸内フローラの改善に役立つことが分かっていながらも、定義上、プロバイオティクスからこぼれ落ちてしまっていたからであるといいます。

 

しかし、<バイオジェニックス>という「定義を設けることによって、プロバイオティクスからこぼれ落ちてしまっていた、生きた菌を含まない乳酸菌サプリメントも、そしてプロバイオティクス系の食品も、はじめて同じ土俵で評価できるように」なったとしています。

 

腸を鍛える 腸内細菌と腸内フローラ

また光岡知足氏は、健康については、

 

  • 生体調節(ストレスの抑制、食欲の増進、消化・吸収の促進)
  • 生体防御(免疫活性、抗アレルギー)
  • 疾病予防・老化抑制(便秘や下痢・がん・糖尿病・高脂血症・動脈硬化の予防)

 

という三つの視点が重要だとしており、これらはどれも腸の健康が深く関与しているのだと述べています。

 

バイオジェニックスには健康食品に対する幅広い視点がある。

バイオジェニックスには食品に対する幅広い視点がある。

そのため、腸内フローラを改善するための方法として、「プロバイオティクス」や「プレバイオティクス」だけに偏るのではなく、「腸内フローラの改善にかかわるあらゆる食品成分が、ひとつの基準で評価されるようになれば、何をどれくらい摂ったらいいのか、自分自身の体調などをふまえ、より客観的に判断できるようになる」としています。

つまり、光岡知足氏の、乳酸菌生産物質や乳酸菌生成エキスを含む、健康食品に対して幅広い視点をもつバイオジェニックスの考え方は、腸管免疫を中心とした健康管理に大きく貢献してくれるのです。

 

以上今回の記事では、腸内細菌学のパイオニアである光岡知足氏が提唱する「バイオジェニックス」について述べてみました。

ここまで読んでくださり、ありがとうございます(^^♪

 

 

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. ストレス/不安によるコロナ太りの解消には、食べる前のゆっくり呼吸がオススメ。
  2. 『不調を癒す《地球大地の未解明》パワー アーシング 』とは?
  3. 呼吸はいつも、今・ここにある【呼吸に還るマインドフルネス】
  4. はちみつアロエベラの腸内環境を改善する効果がスゴイわけ。
  5. 脳ストレスで元気が出ない時は「自然音」で気分をリフレッシュ。

関連記事

  1. 毎日のルイボスティーが病気を遠ざける

    ルイボスティー

    毎日のルイボスティー習慣が病気の多くを遠ざけるワケ。

    今回はからだを温める毎日のルイボスティー生活が病気の多くを遠ざ…

  2. 30代・40代からの体の調子を整える3つの方法

    ミトコンドリア

    30代・40代からの体の調子を整える3つの方法とは?

    今回は、30代・40代からの体の調子を整えるための3つの方法に…

  3. 腸内環境

    キノコ類の腸内環境を改善する効果とは?

    今回は、きのこ類の腸内環境を改善してくれる効果について述べてい…

  4. 新・免疫革命

    免疫力

    﨑谷博征『新・免疫革命』から免疫力を捉え直す。

    今回は『新・免疫革命 免疫の本質は《お掃除》にあり』(﨑谷博征…

  5. 発酵食品がこれからの健康生活のためにイチオシなわけ。

    発酵食品

    発酵食品がこれからの健康生活のためにイチオシなわけ。

    腸の健康維持のために、日々、発酵生活を送ってみませんか?…

  6. マインドフルネス瞑想を始める理由とは何か?

    マインドフルネス

    これからマインドフルネス瞑想を始めてみる理由とは何か?

    マインドフルネス瞑想をこれからの時代の健康と幸福のために、日々…

特集記事

  1. 食事・運動・瞑想がうつを良くしていく
  2. 体が硬い人ほど【ゆっくりヨガ】でからだを観察&マインドフルネス。
  3. 『食事・運動・瞑想で「うつ」な気分を良くする生き方』「はじめに」を無料公開。
  4. ダイエットしないで健康的に痩せるための方法とは?

オススメ記事

  1. 『1日10秒マインドフルネス』で、マインドフルネス瞑想を毎日…
  2. ONKYOスピーカー【D-112NFX(D)】の感想はハイレ…
  3. コロナ禍の今こそ『お金2.0』で価値主義に生きる。
  4. 「習慣化」とは、自転車に乗れるようになること。
  5. コトバのチカラが「うつ」な気分を良くするワケとは?【ネガティ…

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. ATPはミトコンドリアによるエネルギー通貨。

    ミトコンドリア

    生命を支える「ATP」はミトコンドリアによるエネルギー通貨。
  2. 悟りの向こうにある真に幸福な生き方とは?ー苫米地英人『超悟り入門』

    仏教

    悟りの向こうにある真に幸福な生き方とは?ー苫米地英人『超悟り入門』
  3. 『食事・運動・瞑想で「うつ」な気分を良くする生き方』「はじめに」を無料公開。

    電子書籍

    『食事・運動・瞑想で「うつ」な気分を良くする生き方』Kindle本販売のお知らせ…
  4. 短鎖脂肪酸の効果・効能

    腸内細菌

    短鎖脂肪酸の効果・効能は腸内細菌の万能薬!?
  5. マインドフルネス瞑想を始める理由とは何か?

    マインドフルネス

    これからマインドフルネス瞑想を始めてみる理由とは何か?
PAGE TOP