ビタミンCのうつを改善する効果

うつ

ビタミンCのうつを予防する効果とは?

ビタミンCのアトピー性皮膚炎を改善する効果とは

今回はビタミンCのうつを予防する効果についてです。

 

うつを予防したり、うつの症状を少しでも緩和したりするためには、こまめなビタミンCの摂取が大切になってくると思われますが、その理由は、ビタミンCはストレス対策のために必要不可欠だからです。

特に「アドレナリン」や「ノルアドレナリン」といった抗ストレスホルモンの合成にもビタミンCは関わっています。

もしビタミンCの不足によって「ノルアドレナリン」と「アドレナリン」が作られにくくなると、やる気や集中力が低下してしまうため、「うつ」などの症状も起こりやすくなるとされているのです。

そのため、ビタミンCはストレスに打ち勝つために大切なのです。

 

さらに、ビタミンCとストレスの関係で重要になってくるのは、「副腎」の存在です。

副腎は抗ストレスホルモンである「コルチゾール」を作り出しますが、慢性的なストレスによって、副腎がなかなかコルチゾールを合成できなくなってくると、「副腎疲労症候群」と呼ばれる、朝になかなか起きられなかったり、やる気が出なかったりする、非常にうつと似た症状が起きてしまう可能性があるのです。

 

したがって、うつの症状の予防と、ストレスの対策のために、こまめなビタミンCの摂取は重要な役割を果たすと考えられるのです。

 

 副腎の代謝にかかわるすべてのビタミン、ミネラルのなかで、もっとも重要なのがビタミンCだ。ストレスは副腎の疲労につながる大きな要素だが、そのストレスとビタミンCのかかわりは極めて深い。

あえてストレスをかけて、ビタミンCの血中濃度を測るという動物実験では、ストレスが強いほど、体内でビタミンCが大量に合成、消費されることがわかっている。人間の体内ではビタミンCはつくられないから、ストレスによって、当然不足してくる。

(溝口徹『アレルギーは「砂糖」をやめればよくなる!』p144)

 仕事がハードだったり、睡眠不足だったり、といったときの肉体的なストレスもあれば、人間関係や仕事の悩みなどからくる精神的なストレスもあるわけだが、ビタミンCはその種類に関係なく、ストレスがかかれば不足するのだ。

また、副腎でコルチゾールやアドレナリンなどのホルモンがたくさんつくられれば、補酵素として働くビタミンCも多く使われるということもあり、その意味でも十分に供給することが大切なのである。

(溝口徹『アレルギーは「砂糖」をやめればよくなる!』p145)

 ビタミンCは体内の臓器によっては高濃度に含まれており、必要量が増えたときのために貯蔵されているのである。その機能を担っている臓器のひとつが副腎である。副腎では、かなりの高濃度でビタミンCをため込んでおくことができる。ストレスをはね返すホルモンをつくり出す副腎は、ビタ ミンCを待ち望んでいる。このストレス社会に打ち克つためには、身体にビタミンCをつぎ込む努力を惜しまないでいただきたい。

(溝口徹『「うつ」は食べ物が原因だった!』p163~164)

 

セロトニンの合成にもビタミンCは必要。

セロトニンの合成にもビタミンCは必要。

そのほか、「L‐トリプトファン」や「L‐フェニルアラニン」といったセロトニンやドーパミンの前駆物質が作られるためにも、ビタミンCが必要になってきます。

つまり、ビタミンCをきちんと摂るようにしなければ、セロトニンやドーパミンなどの神経伝達物質がスムーズに作られなくなるのです。

 

以上ここまで、ビタミンCのうつを改善する効果について述べてきましたが、うつを改善していくためのビタミンCの効果的な摂り方は、水にアスコルビン酸粉末を数グラム溶かし、1日に数回、分けて摂るようにすることです。

 

うつを予防するためのビタミンC(アスコルビン酸)の効果的な摂り方は?

アトピー性皮膚炎を改善していくためのビタミンCの効果的な摂り方とは、水にアスコルビン酸粉末を溶かし、1日に数回、分けて摂る

ビタミンC(アスコルビン酸)は、一度に大量に摂取したとしても、全てが吸収されるわけではないので、1日に1~7g程度を目安に、500mg~1000mg(1g)を、数時間おきに数回にわけて摂取してみるのがストレス対策のためにオススメなのです。

もちろん、かくいう私自身も、1日5gを目安にこまめなビタミンCの摂取を実践中です。

 

ですが、1日にどれくらいのビタミンCが必要になるのかは、人それぞれだといいますので、うつや、ストレスによる不快な症状に悩まれている方は、ご自身のお身体と相談しながら、まずは1g~5gの範囲内で自分でいろいろ摂取量を試してみると良いかもしれません。

さらに、アスコルビン酸粉末を溶かした水にはちみつも加えてあげると、飲みやすくなりますし、栄養バランスも非常に優れるようになります。

 

食事・運動・瞑想はうつを良くしていくために大切

なお、ビタミンCの摂取以外に、うつを予防したり、少しでも改善したりするための方法について関心がある方は、「食事・運動・瞑想はうつを良くしていくために大切」の記事をよろしければご参照ください。

 

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. 小さな習慣に「モチベーションはいらない」わけとは?-『小さな習慣』2
  2. 【腸と血液】の関係とは?ー『血液をきれいにして病気を防ぐ、治す』
  3. 【マインドフルネス瞑想】を始めるためのやり方・方法・注意点とは?
  4. 酵素サプリで病気の原因「消化不良」を防いで腸健康。
  5. ココナッツオイルを認知症予防に簡単に役立てるには?

関連記事

  1. 腸内環境

    「心の不調」と腸・皮膚・筋肉の関係とは?『腸・皮膚・筋肉が心の不調を治す』

    今回は「心の不調」と腸・皮膚・筋肉の関係についてです。…

  2. 「うつ」にならないための食事術とは?ー『「うつ」にならない食生活』

    うつ

    「うつ」にならないための食事術とは?ー『「うつ」にならない食生活』

    当ブログでは令和の時代の真のヘルスケアについて述べていますが、…

  3. うつの改善には瞑想が効果的

    うつ

    「うつ」の改善には<いま>に気づく瞑想が効果的。

    当ブログでは人生100年時代のヘルスケア&セルフケアについて考…

  4. 脳の炎症を抑えるための生活習慣

    「うつ」にも関わる【脳の炎症】を抑えるための生活習慣とは?

    当ブログでは令和の時代のヘルスケア&セルフケアについて考えてい…

  5. 腸が心の起源なわけ。-『腸脳力』

    心とは何か

    腸が心の起源なわけ。-『腸脳力』

    心と体の ↓ シフトチェンジ腸脳力(長沼敬憲『…

  6. ストレス・寒暖差で自律神経が乱れたら生ローヤルゼリー

    ローヤルゼリー

    ストレス・寒暖差で自律神経が乱れたら生ローヤルゼリー。

    当ブログではハチミツとミトコンドリアで真の健康を実現する方法に…

特集記事

  1. 『食事・運動・瞑想で「うつ」な気分を良くする生き方』「はじめに」を無料公開。
  2. 『無常の瞬間の記憶 広瀬川風景写真集』 Kindle出版のお知らせ。
  3. 半日断食(ファスティング)は病気予防にオススメ
  4. ギー(Ghee)の効果・効能で油を変える健康生活。

オススメ記事

  1. 『第三の脳 皮膚から考える命、こころ、世界』から考える生命
  2. 無理してヤセる前に読みたい『知的アンチダイエット生活』【コロ…
  3. 乾燥肌対策はマヌカハニーの保湿力と整菌効果で。
  4. 自宅・自分の部屋でも手軽にアーシング。
  5. RTRoomのルイボスティーは高品質でおすすめ。

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. 乳酸菌より注目な「乳酸菌生産物質」の腸への効果とは?

    腸内環境

    乳酸菌より注目な「乳酸菌生産物質」の腸への効果とは?
  2. 健康

    自然塩のミネラルバランスが健康・生命のために必要不可欠な理由とは?
  3. ヘンプシードの免疫系に作用する働き

    ヘンプシード

    ヘンプシードは未来の健康のためのスーパーフード。
  4. ハチミツ

    【天然・純粋・生ハチミツの正しい選び方】毎日の健康のために知っておきたい。
  5. 発酵食品がこれからの健康生活のためにイチオシなわけ。

    発酵食品

    発酵食品がこれからの健康生活のためにイチオシなわけ。
PAGE TOP