知っておきたいビタミンCの役割・効果効能とは?

ビタミン

知っておきたいビタミンCの役割・効果効能とは?

ビタミンCの役割や効果・効能

今回は、ビタミンCの役割や効果・効能についてです。

一般的にビタミンCには、以下のような効果・効能があるとされています。

  • 免疫力を高める効果
  • アンチエイジング効果
  • 美白・美肌効果
  • ストレスを緩和する効果
  • 感染症の予防効果
  • 白内障の予防・改善効果

 

ビタミンCは全身の酸化還元反応に関わっています。小腸から吸収された後、ビタミンCは肝臓に運ばれ、そこから血流に乗って全身の組織に送られますが、強い抗酸化作用があるため、様々な酸化還元反応に関わっています。

そのため、ビタミンCは、ヒドロキシルラジカルや過酸化水素といった活性酸素の消去や、免疫力の強化など、多くの生理作用に役立っています。

また、ビタミンCは、体内たんぱく質の約3分の1を占めるコラーゲンの合成を助け、皮膚のシミやしわを防ぎ、傷や火傷の治りを良くします。ビタミンCが欠乏で起こる壊血病は、コラーゲンの合成不足が原因です。

 

特にビタミンCは免疫機能を担う白血球の一つ、好中球の活性維持や増強に関与しているため、免疫機能を高め、ウイルスに対する抵抗力を高める効果があります。したがって、風邪の予防や回復を早めるのにビタミンCは効力を発揮するとされています。

さらにビタミンCは、肝臓の薬物代謝に関わる酵素を活性化し、解毒作用を高めるほか、腸管からの鉄の吸収率を高め、過酸化脂質の生成を抑えます。

 

それ以外にも、抗ストレスホルモンである副腎皮質ホルモンの合成にも関わっているため、ストレスを感じることが多ければ多いほど、ビタミンCの補給が必要になります。

そのほか、ビタミンCには、ビタミンEの脂質ラジカルを過酸化脂質に安定させる働きを助ける役割もあります。

 

ビタミンCを多く含んでいる食品は?

L-アスコルビン酸などのサプリメント

ところで、ビタミンCは水に溶けやすく、熱や酸に不安定な性質を持っているため、生食やさっとゆでる調理法などで摂取することが望ましいとされています。

ビタミンCを多く含んでいる食品としては、柑橘類、赤ピーマン、ブロッコリー、キャベツ、じゃがいも、アセロラ、いちご、キウイなどが挙げられます。

欠乏症に関しては、代表的なものとして毛細血管がもろくなる壊血病が挙げられます。過剰症については、尿として速やかに排泄されるため、特に報告はありません。

 

ちなみにビタミンC(アスコルビン酸)は、一度に大量に摂取したとしても、全てが吸収されるわけではないので、サプリメントとして摂取する場合、1日に1~5g程度を目安に、500mg~1000mg(1g)を水に溶かし、数時間おきに数回にわけて摂取してみるのがオススメです。

 

三石巌『ビタミンC健康法』

なお、三石巌氏の『ビタミンC健康法』においては、ストレス対策やお肌の健康以外にも、

  • ウイルス感染症
  • ムチウチ・椎間板ヘルニア
  • 傷口の治癒
  • 肺炎
  • 単純疱疹・帯状疱疹
  • ガン
  • 白血病
  • 糖尿病
  • 高脂血症
  • うつ病
  • 統合失調症
  • 花粉アレルギー
  • 緑内障・白内障の予防
  • 腎臓障害
  • 妊娠

などといった様々な症状の予防や改善に、ビタミンCの摂取が効果的かもしれないということが示唆されています。

 

以上が、ビタミンCの効果効能・役割についてです。

 

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. 新しい未来の宗教「データ至上主義」とは何か?-『ホモ・デウス』
  2. 脳ストレスで元気が出ない時は「自然音」で気分をリフレッシュ。
  3. ヘンププロテインは現代人のための貴重なタンパク源。
  4. ハチミツでビジネス・仕事の合間のエネルギー補給。
  5. 無常を観察こそ、光。

関連記事

  1. 短鎖脂肪酸の効果・効能

    腸内細菌

    短鎖脂肪酸の効果・効能は腸内細菌の万能薬!?

    アレルギー改善やダイエット効果などが期待されている短鎖脂肪酸が…

  2. 知ってトクするビタミンB群の役割・効果効能とは?

    ビタミン

    知ってトクするビタミンB1の働き・役割とは?

    今回は、ビタミンB₁の働き・役割についてです。一般的に…

  3. ビタミンEの効果・効能が大切なわけ。

    ビタミンE

    知っておきたいビタミンEの役割・効果効能とは?

    今回は、ビタミンEの役割や効果・効能についてです。一般…

  4. 腸内環境

    オリゴ糖の効果・効能は善玉菌を増やす。

    今回はオリゴ糖の効果・効能が善玉菌を増やすということについて述…

  5. 医学常識はウソだらけ

    ビタミン

    『医学常識はウソだらけ』から学ぶビタミンの重要性。

    今回は『医学常識はウソだらけ 分子生物学が明かす「生命の法則」…

  6. 知ってトクするビタミンB2の役割・効果効能とは?

    ビタミン

    知ってトクするビタミンB2の働き・役割とは?

    今回は、ビタミンB₂の働き・役割についてです。一般的に…

特集記事

  1. 森林浴×マインドフルネスでこれからの健康管理
  2. ビーポーレン(蜂花粉)がパーフェクトフードなわけ
  3. 蜂蜜の栄養効果がミトコンドリアのエネルギーを生み出す
  4. 『無常の瞬間の記憶 広瀬川風景写真集』 Kindle出版のお知らせ。
  5. 毎日のルイボスティーが病気を遠ざける

オススメ記事

  1. 知って腸トクする【甘酒の効果・効能】毎日飲むことのメリットと…
  2. 『ホモ・デウス』は心の未来を見据えた書物【要約・書評】
  3. なぜ今、発酵生活が現代人のライフスタイルに必要なのか?
  4. 『ここまでわかった 水素水最新Q&A』で知りたい水素効果のウ…
  5. ミトコンドリアが免疫力アップに関係しているワケ。

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. 短鎖脂肪酸の効果・効能

    腸内細菌

    短鎖脂肪酸の効果・効能は腸内細菌の万能薬!?
  2. 純粋国産はちみつ「Megumi-めぐみ」は非加熱天然

    ハチミツ

    純粋・生の国産はちみつ「Megumi-めぐみ」は非加熱天然でオススメ。
  3. 酵素サプリで病気の原因「消化不良」を防いで腸を健康に。

    酵素

    酵素サプリで病気の原因「消化不良」を防いで腸健康。
  4. 天然ハチミツジャングルハニー

    ハチミツ

    天然ハチミツジャングルハニーの驚きの効果・効能とは?
  5. 半日断食(ファスティング)は病気予防にオススメ

    断食(ファスティング)

    半日断食(ファスティング)が現代病予防にオススメなわけ。
PAGE TOP