ビタミンEの効果・効能が大切なわけ。

ビタミンE

知っておきたいビタミンEの役割・効果効能とは?

ビタミンEの効果・効能

今回は、ビタミンEの役割や効果・効能についてです。

一般的にビタミンEには、以下のような効果・効能があるとされています。

  • 生活習慣病の予防効果
  • アンチエイジング効果
  • 血行を促進する効果
  • 生理機能を維持する効果

 

ビタミンEは体内の脂肪組織や肝臓、骨髄、心筋や筋肉など、様々な部位の生体膜に存在しており、その生体膜を作っているリン脂質を酸化から守っています。

細胞内からミトコンドリアがATPと呼ばれるエネルギー通貨を作り出す時、ヒドロキシルラジカルという活性酸素が発生します。

このヒドロキシルラジカルは、脂質を酸化させて脂質ラジカル・脂質ペルオキシルラジカルを作り出しますが、ビタミンEの働きによって過酸化脂質となり安定します。

この過酸化脂質は一般的に臓器や皮膚の老化が引き起こす原因になると言われていますが、実は、ビタミンEの強い抗酸化作用(酸化を還元する)がなければ、脂質ラジカルによって、細胞の寿命はもっと早まってしまうのです。

 

そのほか、ビタミンEには、血中でコレステロールを運んでいるリポたんぱく質の酸化を防ぐことで、動脈硬化になるのを防ぐという役割もあります。

 

ビタミンE

また、ビタミンEの抗酸化作用は、不飽和脂肪酸に対して強く働くため、DHAやEPAなどのオメガ3不飽和脂肪酸の摂取量が高まった場合、その分だけビタミンEの必要量も高まります。

さらに、ビタミンEは熱に強く、脂溶性ビタミンであるため、炒めても成分が損なわれません。

それに加え、ビタミンAビタミンCビタミンB2と一緒に摂ることで、効果がより一層高まるとされています。

ちなみに、天然のビタミンEは、トコフェロールとトコトリエノールに大別されます。

 

ビタミンEを多く含んだ食品は?

ビタミンEを多く含んだ食品 アーモンド

ビタミンEを多く含んだ食品としては、ウナギのかば焼き、モロヘイヤ、アーモンド、ひまわりの種などが挙げられます。

ビタミンEの欠乏症には溶血性貧血があります。また過剰症については、マウス実験ですが骨粗しょう症を招くという報告があるようです。

 

以上が、ビタミンEの役割・効果効能についてです。

 

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. タイムのはちみつの効果・効能とは?
  2. 気功が免疫力アップに関係している理由とは?
  3. ひとさじのハチミツを舐めるベストタイミングとは?
  4. ゆっくり呼吸が自律神経のバランスを整える。
  5. 『なぜ世界は存在しないのか』の「哲学を新たに考える」を要約。

関連記事

  1. 知っておきたいビタミンB群の役割・効果効能とは?

    ビタミン

    知っておきたいビタミンB群の役割・効果効能とは?

    今回は、ビタミンB群の役割や効果・効能についてです。一…

  2. 知っておきたいビタミンDの役割とは?

    ビタミンD

    知っておきたいビタミンDの役割・効果効能とは?

    今回は、ビタミンDの役割や効果・効能についてです。一般…

  3. 知っておきたいビタミンCの役割・効果効能とは?

    ビタミン

    知っておきたいビタミンCの役割・効果効能とは?

    今回は、ビタミンCの役割や効果・効能についてです。一般…

  4. 乳酸菌より注目な「乳酸菌生産物質」の腸への効果とは?

    腸内環境

    乳酸菌より注目な「乳酸菌生産物質」の腸への効果とは?

    乳酸菌よりもその効果が注目されている「乳酸菌生産物質」について…

  5. 三石巌『ビタミンC健康法』

    ビタミン

    三石巌『ビタミンC健康法』で病気予防。

    今回は三石巌『ビタミンC健康法』(健康基本シリーズ2 阿部出版…

  6. 現代人のためのサプリメントのトリセツとは?

    サプリメント

    サプリメントを健康生活に活かすためのトリセツとは?

    今回は、サプリメントをこれからの健康に活かすために、現代人のた…

特集記事

  1. ヘンプシードの免疫系に作用する働き
  2. BeeMeのマヌカハニーはハチミツ生活にオススメ
  3. 毎日のルイボスティーが病気を遠ざける
  4. 食事・運動・瞑想がうつを良くしていく
  5. 299種類もの栄養が注目なサジーの健康効果

オススメ記事

  1. 甘露蜜(ハニーデュー)の効果・効能が健康維持に注目なわけ。
  2. ブッダの思考法で『反応しない練習』を実践。
  3. MCTオイルはサラダ油の代わりに摂りたいヘルシーオイル。
  4. 甘酒はゆるやかな糖質制限にもオススメなわけ。
  5. 『「腸の力」であなたは変わる』で現代病予防。

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. BeeMeのマヌカハニーはハチミツ生活にオススメ

    ハチミツ

    BeeMeのマヌカハニーはハチミツ健康生活にオススメ。
  2. 299種類もの栄養が注目なサジーの健康効果

    サジー(シーバックソーン)

    299種類もの栄養が注目なサジーの健康効果とは?
  3. 呼吸&マインドフルネス瞑想で根本的なストレス対策。

    ストレス解消法

    根本的なストレス対策は呼吸&マインドフルネス瞑想で。
  4. 生ローヤルゼリーの健康効果が心と体にオススメなわけ

    ローヤルゼリー

    生ローヤルゼリーの健康効果が心と体にオススメなわけ。
  5. マインドフルネス瞑想のやり方・方法・注意点とは?

    マインドフルネス

    【マインドフルネス瞑想】を始めるためのやり方・方法・注意点とは?
PAGE TOP