ボディスキャンによるマインドフルネスでストレス低減。

ストレス解消法

ボディスキャンによるマインドフルネスは身体への気づきを深めるのにオススメ。

ボディスキャンによるマインドフルネスは身体への気づきを深めるのにオススメ。

身体が<ある>ことに気づくマインドフルネスを、毎日の生活にとりいれてみませんか?

今回は、ボディスキャンによるマインドフルネスの方法についてです。

マインドフルネス瞑想の効果は、集中力のアップなど脳のパフォーマンスを向上させるだけではなく、ストレス緩和やイライラ対策、情動の調整などに注目されています。

そのマインドフルネス瞑想は、基本的に座って行うものですが、仰向けになって行うボディスキャンという方法もあります。

 

このボディスキャンとは、ジョン・カバットジン『マインドフルネスストレス低減法』に詳しいですが、左足に始まり、呼吸を行ないながら、身体の部位に注意を向け、細かく観察していくことです。

 

呼吸によるボディスキャンの方法とは?

呼吸によるボディスキャンの方法とは?

まずは床やベッドに仰向けになり、余計な力を抜きます。目は閉じても開いても構いません。閉じていたほうが身体の感覚に注意を向けやすいですが、目を閉じているとそのまま眠ってしまうという方は、開いたまま行ってみてください。

自然に呼吸を行なったあと、<からだがあること>を確認し、普段何気なく行っている頭による思考から離れるつもりで、注意を左足の指に向けます。

 

そして、呼吸を何回か繰り返しながら、左足の指の感覚を感じとるようにします。そして30秒を目安にじゅうぶんに感覚を感じとったら、

  • 踵(かかと)
  • 足首
  • ひざ
  • 太もも

へと、同じように呼吸を繰り返しながら進んでいき、骨盤へ達したら、次に右足に移り、同様に、ひとつひとつの部位を注意深く観察していきます。

 

さらに、

  • 腹部
  • 背中

といったように、やはり呼吸を繰り返しながら、身体の部位の感覚を丁寧に観察していきます。

 

もしボディスキャンの間に、からだの部位に痛みや痒みを感じたら、無理に痛みや痒みを止めようとしたり、逃れようとしたりせずに、ただ受け容れ、観察しようと努めることが大切になってきます。

さらに、ボディスキャン中に、注意が散漫になったら、座りながらのマインドフルネス瞑想と同様、呼吸の観察に戻ってください。

このボディスキャンによるマインドフルネスは、まずは1回につき30分を目安に、1日1回、週に3、4日程度行ってみてください。

 

ボディスキャンを行う際の注意点とは?

ボディスキャンを行う際の注意点とは?

また、今回ご紹介したボディスキャンの内容は、身体の部位の分類がかなり大ざっぱですので、実際に慣れてきたら、たとえば足の裏だったら土踏まずや指の付け根の部分、顔だったらこめかみや頬、眉間や額など、より精密に細かく、これまで気づくことのなかった身体の各部位に注意を向けてみてください。

なお、病気や何らかの疾患、重度のトラウマなどを抱えている場合は、からだに注意を向けるボディスキャンを行うことによって、痛みやかゆみなどの症状がひどくなったり、抑圧していた記憶が甦ってきたりすることが考えられます。

 

そのため、病気や精神疾患を抱えている方は、ご自身でボディスキャンは行なわず、もし行いたい場合は、必ず専門家の指導のもとで行ってください。

 

以上今回は、ボディスキャンによるマインドフルネスの方法について述べてみました。ボディスキャンは、普段なかなか気づくことのない身体に対するマインドフルネスをより深めるためにオススメの手段ですので、気になる方は、一度試してみてください。

 

 

 

当ブログ管理人が書いた『マインドフルネス習慣で「今・ここ」を選ぶ生き方 情報社会を生き抜くためのセルフケア』 AmazonのKindleストアで販売中です。

『マインドフルネス習慣で「今・ここ」を選ぶ生き方 情報社会を生き抜くためのセルフケア』

 

 

 

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. 天然はちみつ「マヌカハニー」で免疫力アップ。
  2. 質量のないエネルギーが生命と関係しているー西原克成『究極の免疫力』
  3. そもそも「習慣」とは何か?【健康と幸福のために知っておきたい】
  4. 手のゆくえー『サピエンス異変 新たな時代「人新世」の衝撃』3
  5. 『ダイエットの科学』は「「これを食べれば健康になる」のウソを暴く」。

関連記事

  1. マインドフルネス瞑想はマルチタスクによる注意力散漫/イライラ対策に効果的。

    メンタルヘルス

    マインドフルネス瞑想はマルチタスクによる注意力散漫/イライラ対策に効果的。

    令和の時代に突入したものの、毎日忙しすぎたり、やりたいことが多…

  2. マインドフルネス瞑想を長く続けるためのポイントとは?

    マインドフルネス

    マインドフルネス瞑想を長く続けるためのポイントとは?

    マインドフルネス瞑想を毎日続けることは出来ていますか?…

  3. 【般若心経】を感じるマインドフルネスが脳疲労を軽減する。

    仏教

    【般若心経】を感じるマインドフルネスが脳疲労やイライラを軽減する。

    毎日般若心経をマインドフルに唱えて、頭の中をスッキリさせません…

  4. ストレス対策とうつの改善にスロージョギングがオススメなわけ。

    ストレス解消法

    ストレス対策とうつの改善にスロージョギングがオススメなわけ。

    なるべくゆっくり走るスロージョギングをライフスタイルにとりいれ…

  5. ストレス解消法

    小さなイライラには10秒のマインドフルネスが有効なわけ。

    ちょっとしたことにイライラして、そのことにストレスを感じてはい…

  6. 知ってトクする【自然音の効果・効能】とは?

    森林浴

    知ってトクする【自然音の効果・効能】とは?

    リラックス効果抜群の自然音を、「音活」としてライフスタイルに採…

特集記事

  1. 蜂蜜の栄養効果がミトコンドリアのエネルギーを生み出す
  2. 生ローヤルゼリーの健康効果が心と体にオススメなわけ
  3. 乳酸菌より注目な「乳酸菌生産物質」の腸への効果とは?
  4. 呼吸&マインドフルネス瞑想で根本的なストレス対策。
  5. マインドフルネス瞑想を始める理由とは何か?

オススメ記事

  1. 知っておきたい高品質なココナッツオイルの選び方とは?
  2. うつを治していくための糖質制限とは?
  3. 生命と人工知能の違いとは?-『AI原論』3
  4. 「小さな習慣」なら本当の習慣に育てることができるワケ。
  5. 毎日のルイボスティー習慣が病気の多くを遠ざけるワケ。

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. 299種類もの栄養が注目なサジーの健康効果

    サジー(シーバックソーン)

    299種類もの栄養が注目なサジーの健康効果とは?
  2. 短鎖脂肪酸の効果・効能

    腸内細菌

    短鎖脂肪酸の効果・効能は腸内細菌の万能薬!?
  3. 乳酸菌より注目な「乳酸菌生産物質」の腸への効果とは?

    腸内環境

    乳酸菌より注目な「乳酸菌生産物質」の腸への効果とは?
  4. 「天然の抗生物質」プロポリスの効果・効能が注目なわけ。

    効果・効能

    「天然の抗生物質」プロポリスの効果・効能が注目なわけ。
  5. ヘンプシードの免疫系に作用する働き

    ヘンプシード

    ヘンプシードは未来の健康のためのスーパーフード。
PAGE TOP