執着を手放すことはマインドフルネスにつながる

マインドフルネス

執着を手放すことはマインドフルネスにつながる。

執着を手放すことはマインドフルネスにつながる

当ブログでは令和の時代の真の健康と幸福を実現する方法について書いていますが、今回は執着を手放すことがマインドフルネスにつながるということについて述べていきたいと思います。

 

マインドフルネス瞑想とは、一切の判断を介さずに「今、この瞬間」に注意を向ける事であり、心の状態を「気づき」に満たすことです。

そのため、マインドフルネス瞑想している間は、「今」の瞬間に気づきを向けるようにしますが、頭のなかで考え事をしたり、「思考」を巡らしてしまったりしていると、なかなか今の瞬間に気づくということができません。

その心ここにあらずの状態は、大ざっぱに「煩悩」や「雑念」と呼んでも良いのでしょうが、何かに対して考えすぎてしまっていることは、実はその思考の対象に対して「執着」してしまっていることだともいえます。

 

そしてそのことは、下手をすれば自分にとっての「苦」を生みだしてしまう原因にもなるのです。

そのため、うまく自分のなかにある執着心を手放すことさえ出来れば、思考はおのずとストップし、視覚や聴覚、嗅覚や触覚などの感覚で世界のありのままの実相を捉えやすくなります。

 

執着を手放すのは難しい。

自分のなかにある執着心を手放す

ところが、「執着」を手放すといっても、実際に執着を手放すことはそう簡単ではありません。

なぜなら、人であれ、物であれ、出来事であれ、自分にとって大切なものほど、「執着」してしまうからです。

何よりも大切だと思う家族や友人、恋人などへの執着を簡単に手放すことが出来るでしょうか? また、自分がこれまで大切にしてきた物や集めてきた物への執着を、「断捨離」だと決断して、いきなり捨てることが出来るでしょうか?

もし大きな決断をして断捨離できれば何の苦労もないのでしょうが、多くの人にとっては、執着の対象は、自分の心とくっついてしまっているため、実際に手放すことは難しいと思われます。

 

また「執着」が強ければ強いほど、その対象を失うことの恐怖や苦しみは、大きくなると考えられます。

しかし、執着を手放すことが出来なければ、マインドフルネス瞑想で今の瞬間に気づきを向けようとしても、途中で「思考」を巡らしてしまい、今の瞬間への集中が途切れやすくなってしまいます。

 

まずは1分間だけのマインドフルネス瞑想によって執着を手放してみる。

マインドフルネス瞑想で執着を手放す

マインドフルネスのコツはやはり「執着」を思い切って手放してみることなのです。

しかしだからといって、先程も述べたように、実際に執着の原因になっている対象(人や物、仕事、お金など)を手放すのは簡単ではありません。自分自身が執着する対象を手放せるようにするためには、長い年月をかけてマインドフルネス瞑想の訓練を続けていく必要があります。

ではどうすれば良いのか?

 

この記事でご提案したいのは、たったの1分間だけ、執着している対象から離れるということです。

そして、執着を手放す代わりに感覚を研ぎ澄ますのです。

あれこれと考えすぎて生きること自体に疲れてしまったら、考えすぎてしまっている対象のこと(人や物、仕事、お金など)について1分間で良いので考えるのを止めて、ゆっくりと呼吸していることに集中してみる。スマホやテレビからの情報もシャットダウンし、自然の中に存在する音や風、匂いなどをシンプルに五感で感じとってみる。

もし遠くに行けなかったら、美しい風景の写真を眺めながらのマインドフルネス瞑想でもOKです。

 

1分間だけ、瞬間(いま)に集中。

まずは1分間だけ、今という瞬間に集中。

執着を手放すための1分間は、何かを失うことを怖れる必要はありません。

執着を手放すことを怖れなくても、マインドフルネスを止めた途端に、勝手に自分の心は、自分が気になるもの、愛着があるものに対して執着を始めます。

したがって、いきなり執着を手放すことは簡単には出来ないのです。

しかし、もし何かに執着することによって心身が疲れ切っていたら、まずは1分間だけ、今という瞬間だけに集中し、マインドフルネスであり続けてみてください。

たったの1分間でも、もしうまく何かに執着することをやめて、今という瞬間に意識を向けることが出来たら、(その間だけ与えられる自由によって)日頃のストレスからも解き放たれます。

 

なお、マインドフルネス瞑想の方法についてはこちらの記事をご参照ください。

 

 手を放した瞬間に、あなたは自由です。

私たちは自由を求めるが、同時に対象にしがみついてもいる。

「自由になりたい、自由になりたい」

にもかかわらず、なぜ私たちは手を放さないのでしょう?

(ウ・ジョーティカ 『自由への旅 「マインドフルネス瞑想」実践講義』 魚川 祐司 訳 p415)

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. 森林浴の楽しみ方は人それぞれ、であるワケ。
  2. 腸内環境・腸内フローラを効果的に改善する方法とは?【腸活・菌活】
  3. RTRoomのルイボスティーは高品質でおすすめ。
  4. ひとりになったら孤独と向き合えー『孤独であるためのレッスン』
  5. 『肥満を解消するためのマインドフルネス・ダイエット』Kindle販売のお知らせ。…

関連記事

  1. ストレス対策とうつの改善にスロージョギングがオススメなわけ。

    ストレス解消法

    ストレス対策とうつの改善にスロージョギングがオススメなわけ。

    なるべくゆっくり走るスロージョギングをライフスタイルにとりいれ…

  2. ストレス解消法

    小さなイライラには10秒のマインドフルネスが有効なわけ。

    忙しくなると、ちょっとしたことにイライラして、そのたびにストレ…

  3. 『<呼吸>に気づくマインドフルネスで心の免疫力を高める生き方』 

    電子書籍

    『<呼吸>に気づくマインドフルネスで心の免疫力を高める生き方』Kindle出版のお知らせです。

    コロナ禍での生活やマスク社会が何となく息苦しいと感じたり、気分…

  4. 大事なのはぐるぐる思考やネガティブ思考に気づき、受けいれること。

    メンタルヘルス

    大事なのはぐるぐる思考やネガティブ思考に気づき、受けいれること。

    日頃から頭でいろいろ悩みすぎて心身ともに疲れきってはいませんか…

  5. こまめな日光浴はエネルギー不足の解消に効果的。【うつ対策】

    日光浴

    こまめな日光浴はエネルギー不足の解消に効果的。【冬のうつ対策】

    日頃から心身の健康のために太陽の光を十分に浴びる習慣をお持ちで…

  6. 「今、ここ」に意識を集中する練習 心を強く、やわらかくする「マインドフルネス」入門

    マインドフルネス

    マインドフルネスの効果「ない」をアリに変えるには?

    マインドフルネス瞑想を試しに始めてみたけれど「効果なし」だった…

特集記事

  1. 「天然の抗生物質」プロポリスの効果・効能が注目なわけ。
  2. 体が硬い人ほど【ゆっくりヨガ】でからだを観察&マインドフルネス。
  3. プチゆるダイエットは「スーパーフード」で気持ちよく
  4. 殺菌・抗菌力が強いマヌカハニー。

オススメ記事

  1. トマベチ式『いい習慣が脳を変える』わけとは?
  2. なぜアーシングの効果は慢性炎症をやわらげるのか?
  3. 『ダイエットの科学』は「「これを食べれば健康になる」のウソを…
  4. 30代・40代からの体の調子を整える3つの方法とは?
  5. 自宅・自分の部屋でも手軽にアーシング。

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. 半日断食(ファスティング)は病気予防にオススメ

    断食(ファスティング)

    半日断食(ファスティング)が現代病予防にオススメなわけ。
  2. ダイエットしないで健康的に痩せるための方法とは?

    痩せ菌ダイエット

    ダイエットしないで健康的に痩せるための方法とは?
  3. 『無常の瞬間の記憶 広瀬川風景写真集』 Kindle出版のお知らせ。

    電子書籍

    『無常の瞬間の記憶 広瀬川風景写真集』 Kindle出版のお知らせ。
  4. 『肥満を解消するためのマインドフルネス・ダイエット』Kindle販売のお知らせ。

    ミトコンドリア

    『肥満を解消するためのマインドフルネス・ダイエット』Kindle販売のお知らせ。…
  5. ミトコンドリアを増やすための生活習慣とは?

    ミトコンドリア

    ミトコンドリアを増やすための生活習慣とは?【健康のために知っておきたい】
PAGE TOP