ヨーグルトメーカーでの「手作り甘酒」で腸イイ発酵生活【作り方】

甘酒

ヨーグルトメーカーでの「手作り甘酒」で腸イイ発酵生活【作り方】

腸は毎日健康的ですか? また、普段から便秘に悩まされてはいませんか?

今回は、ヨーグルトメーカーで作る【手作り甘酒】が発酵生活に腸イイわけについてです。

前回は、「アイリスオーヤマのヨーグルトメーカーを使った【手作りヨーグルト】での発酵生活が腸イイわけ」について述べましたが、アイリスオーヤマのヨーグルトメーカーは、ヨーグルトだけではなく、ボタンひとつで米麹甘酒も作ることができます。

 

しかし、このたび私が購入したアイリスオーヤマのヨーグルトメーカー(KYM-014)の取り扱い説明書には、甘酒の作り方は記載されていないため、オンライン上でのレシピ集を調べてみると、甘酒の作り方は、以下のようになっています。

 

甘酒作りに必要な材料

甘酒作りに必要な材料

  • ごはん(炊飯済み) 300g(約1合分)
  • 乾燥米麹 200g
  • 熱湯 250mL
  • 水 150mL

 

アイリスオーヤマのヨーグルトメーカーでの甘酒の作り方

 

  1. 米麹のかたまりを丁寧にほぐす。
  2. 清潔な専用容器にごはんと熱湯を入れ、しっかりかきまぜる。ごはん全体に粘りが出てなじんだら、水を加えて温度を下げる。
  3. 2に1を入れ、さらに混ぜる。
  4. ふたをしっかり閉め、「自動メニュー」または「おこのみ設定」で温度を60℃、タイマーを9時間を選択して、スタートボタンを押す。タイマーが終了したら、殺菌したスプーンでよくかき混ぜる。

 

そして、実際に自分で作ってみたうえでの、アイリスオーヤマのヨーグルトメーカー(KYM-014)での作り方のポイントは以下の通りになります。

 

  1. 炊飯済みのごはん300gに熱湯250mlを足してかき混ぜる最初の作業は、筒形の専用容器で行うと、あとで麹と混ぜにくくなるため、ボウルで行ったほうが良い。
  2. へらなどを使ってボウルのなかでご飯と熱湯をよくかき混ぜて、粘りが出てきたら、水150mlを加え、さらに米麹200gを足し、そしてさらによくかき混ぜる。
  3. 2が終わったら、へらなどを使って、熱湯消毒した付属品の筒形の専用容器に移し、本体にセットして、自動メニューの「甘酒」を選ぶ。

 

アイリスオーヤマのヨーグルトメーカー(KYM-014)で甘酒を作る際の、最大のポイントは、ごはんとお湯、ごはんと麹を混ざる作業は、専用容器ではなく、ご自宅にある、ボウルなど大きめでかき混ぜやすい容器を使うということです。

また、ごはんとお湯を混ぜるとき、おかゆに近い状態になるように、なるべくよくかき混ぜたほうが、出来上がったときに、より甘酒らしくなります。

もし、出来上がった時に、ごはんの粒の大きさが気になる場合は、専用容器に入っている状態で、箸などでよくかき混ぜてあげると、まろやかになり甘酒らしくなります。

 

手作り甘酒がこれからの健康のために腸イイわけとは?

ヨーグルトメーカーでの「手作り甘酒」で腸イイ発酵生活【作り方】

ヨーグルトメーカーを使えば、ごはんとお湯と米麹をよくかき混ぜるといった下ごしらえを済ますだけで、あとはボタンひとつで、甘くて美味しい甘酒が出来上がります。しかも、自宅で作ったほうが、市販のものを毎回買うよりも、安上がりですので、経済的にも手作りはオススメです。

ところで、なぜ手作り甘酒が腸や健康のために良いのでしょうか?

 

まず、米麹が出す酵素の働きで、甘酒に含まれるデンプンがブドウ糖に分解された状態になっているため、糖が吸収されやすく、効率よくからだと脳にエネルギーを補給することができることが挙げられます。

また、せっかく糖を摂っても、ビタミンB群が不足していれば、糖は代謝のためにスムーズに使われないのですが、甘酒には、米麹由来で、糖による代謝のために必要なビタミンB群も含まれています。

 

さらに、甘酒には、オリゴ糖食物繊維が含まれており、ヒトにとっての善玉菌であるビフィズス菌を増やす腸内環境を改善する働きがあるとされています。

甘酒が巷で「飲む点滴」といわれたり、美肌効果があったりするとされるのは、このような糖による代謝を高めたり、腸内フローラ・腸内環境を整えたりする働きがあるからだと思われます。

 

以上ここまで、ヨーグルトメーカーで作る【手作り甘酒】が発酵生活に腸イイわけについて述べてきました。

<飲む点滴>と呼ばれる発酵食品【甘酒】の健康効果が気になる方は、ぜひヨーグルトメーカーでの手作り甘酒を、毎日の発酵生活にとりいれてみてください。

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. 知ってトクするビタミンB2の働き・役割とは?
  2. 【ジャラハニーの効果・効能】ハチミツ生活のために知っておきたい。
  3. 『「腸の力」であなたは変わる』で現代病予防。
  4. 地橋秀雄『ブッダの瞑想法』はヴィパッサナー瞑想を始めるための一冊。
  5. 腸内環境の改善がアレルギーを緩和していく理由とは?

関連記事

  1. 腸活に効果的なヨーグルトのとは?

    ヨーグルト

    腸に効くヨーグルトの「トリセツ」とは?

    腸の健康のために、毎日ヨーグルトを食べていますか?今回…

  2. そもそも便秘とは?

    便秘の改善

    知っておきたいそもそも<便秘>とは?

    今回は、そもそも便秘とは何か、ということについてです。…

  3. 小腸を強くすれば病気にならない

    腸内環境

    『小腸を強くすれば病気にならない』でSIBO対策。

    今回は『小腸を強くすれば病気にならない 今、日本人に忍び寄る「…

  4. マヌカハニー

    ハチミツ

    マヌカハニーは腸内細菌のバランスを整える。

    当ブログではハチミツとミトコンドリアで真の健康を実現する方法に…

  5. 腸内環境

    オリゴ糖の効果・効能は善玉菌を増やす。

    今回はオリゴ糖の効果・効能が善玉菌を増やすということについて述…

  6. 乳酸菌より注目な「乳酸菌生産物質」の腸への効果とは?

    腸内環境

    乳酸菌より注目な「乳酸菌生産物質」の腸への効果とは?

    乳酸菌よりもその効果が注目されている「乳酸菌生産物質」について…

特集記事

  1. ダイエットしないで健康的に痩せるための方法とは?
  2. 半日断食(ファスティング)は病気予防にオススメ
  3. 酵素サプリで病気の原因「消化不良」を防いで腸を健康に。
  4. 食事・運動・瞑想がうつを良くしていく
  5. 乳酸菌発酵エキス「善玉元気」で腸内環境をキレイに

オススメ記事

  1. 甘露蜜(ハニーデュー)の効果・効能が健康維持に注目なわけ。
  2. 299種類もの栄養が注目なサジーの健康効果とは?
  3. 『ホモ・デウス』は心の未来を見据えた書物【要約・書評】
  4. 太古からの栄養源「スピルリナ」の効果・効能とは?
  5. 「小さな習慣」なら本当の習慣に育てることができるワケ。

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. ダイエットの成功の鍵は腸内細菌の痩せ菌を増やすこと

    痩せ菌ダイエット

    ダイエットの成功の鍵は「ヤセ菌」を増やすこと。
  2. 心身を浄化する瞑想「倍音声明」CDブック

    ストレス解消法

    『心身を浄化する瞑想「倍音声明」CDブック』のストレス解消効果がスゴイ。
  3. ビーポーレン(蜂花粉)がパーフェクトフードなわけ

    ビーポーレン

    ビーポーレン(蜂花粉)がパーフェクトフードなわけとは?
  4. 酵素サプリで病気の原因「消化不良」を防いで腸を健康に。

    酵素

    酵素サプリで病気の原因「消化不良」を防いで腸健康。
  5. そもそも免疫力とは何か?

    ミトコンドリア

    そもそも免疫力とは何か?【健康のために知っておきたい】
PAGE TOP