ひとりになったら孤独と向き合えー『孤独であるためのレッスン』

孤独論

ひとりになったら孤独と向き合えー『孤独であるためのレッスン』

孤独

近年、「おひとりさま」や「孤独死」といった言葉がメディアを賑わせていますが、誰ともつながっておらず、<孤独>であることには、どことなくネガティブなイメージがつきまとっているような気がします。

しかし、独りである自分から目を背けるのではなく、「孤独」というものに向き合い、自分の孤独を受け容れたうえで、新しいつながりを発見していくことは大切であるように思います。

そういうわけで、今回は心理カウンセラーであり、『孤独の達人 自己を深める心理学』(PHP新書)や『〈むなしさ〉の心理学』(講談社現代新書)などの著作がある諸富祥彦氏の『孤独であるためのレッスン』という本を取り上げたいと思います。

 

この諸富祥彦氏の『孤独であるためのレッスン』は、2001年に出版された本ですが、読んでみるとその内容はまったく古びておらず、孤独感にさいなまれ、孤独がつらいと感じている人にとっては、いま読んでも心を打つものがあると思います。

今の時代は、スマートフォンやSNS、LINEで簡単に誰かとつながることは出来ますが、しかし、だからといって、インターネットのつながりによって本当の意味で孤独が癒されたり、心に抱えている悩みが解消されたりするケースは、案外少ないのではないでしょうか?

また、現代社会においては、つながるためのツールが身の回りにたくさんあるといっても、実は<孤独>であること、<ひとりでいること>、あるいは、自分の気持ちをきちんと受け止めてくれる真の話し相手がいない、ということに悩んでいる方は意外と多いのではないでしょうか?

 

「孤独」や「ひとり」はそもそもいけないことなのか?

諸富祥彦『孤独であるためのレッスン』

しかし<孤独>であることや、<ひとりでいる>ことは、そもそもいけないことなのでしょうか?

この孤独であることの悩みについて、著者の諸富祥彦氏は、『孤独であるためのレッスン』のなかで

「ひとりでいるという事実よりむしろ、「あいつはひとりだ」「ひとりでいる変なヤツだ」と周囲や世間から思われているまなざしを気にかけ、自分で自分を追い詰めている」

と、述べています。

つまり、孤独は良くないことだとする世間の目を気にするあまり、劣等感をつのらせ、その結果、「自分の孤独を、ひとりでいることを肯定的に受け止め、ひとりのままで人生をエンジョイ」出来ていないというのです。

 

そのため、著者の諸富祥彦氏は本書『孤独であるためのレッスン』を以下のような方に読んで欲しいと述べています。

 

  • いつもまわりに合わせて生きてきて、〝自分〟というものを意識することがあまりない。
  • 他人の視線や評価が気になるから、〝自分〟を出すことが苦手だ。
  • 自分〟がわからなくなることがある。〝自分〟がほんとうにしたいことは何か。自分でも、わからなくなることがある。
  • ひとり〟になるのがこわいから、いつも誰か仲間の中にいる。
  • いつも友だちや仲間に囲まれて生きてきて、〝ひとり〟になったことがない。だから〝ひとり〟になる人の気持ちもわからないし、〝ひとり〟になるなんて考えられない。

(諸富祥彦『孤独であるためのレッスン』p17より抜粋)

 

  • いつもひとりでいることが多い。仲間にうまくなじめない。自分は人と違う。何が劣っているのでは、と思ってしまい、自信がない。
  • ずっとフリーターで生きている。どこにも所属していない自分を、世間は変な人間のように思っているに違いない。
  • 三〇歳をすぎても結婚する気になれない。けれど親や周囲の人の視線が気になる。
  • 結婚はせず、子どもを産んで、シングル・マザーとして育てているが、世間の冷たい視線や無理解を感じる。
  • 今、不登校とか、出勤拒否の状態になっている。そんな自分を責めてしまう。
  • しばらく家にひきこもっていて、こんな自分は世間から冷たい目で見られている、と感じてしまう。

(諸富祥彦『孤独であるためのレッスン』p18より抜粋)

 

大切なのは、孤独の価値を積極的に見出し、孤独を受け容れること。

<孤独>を感じる

ちなみに、私自身は、<孤独>を感じることは少なくなりましたが、それでも<孤独>を感じることは、時々あります。

しかし私自身は、<孤独>は悪い事だとするよりも、自分のなかで孤独を肯定し、孤独の価値を積極的に見出し、孤独を受け容れることのほうが大切だと考えるようにしています。

もちろん、どんな時もひとりぼっちで生きる、ひとりのちからで頑張る、という生き方を推奨するわけではありません。

諸富祥彦氏は、「心のうちにも対話の相手を持たずに文字通りたったひとりで―孤独を貫くことができるほど、人間は強い生き物ではない」と述べていますが、実際のところ、現実社会にも、心のうちにも、対話の相手がいないというのは、生きていくうえでかなりしんどいのです。

 

ですが、かといって、ちょっとした孤独に耐え切れず、安易にインターネットの世界のなかで簡単に誰かとつながろうとしてしまっては、自分が<孤独>によって鍛えられることは決してありません。

自分の孤独を受け容れるというのは、口で言うほど簡単ではないのかもしれませんが、あえて自分で孤独を引き受けることによって、今まで自分で気づかなかった<誰か>や、見えなかったり知らなかったりする<何か>と新しくつながる可能性が、反対に生まれてくるようにも思うのです。

 

 〝ひとり〟でいることのできない人間関係は、たいへん不自由なものです。絶えず他人の視線を気にし、他人と自分を比較し、評価し続ける、がんじがらめの人間関係です。人間関係の〝評価〟や〝しがらみ〟に捕らわれた生き方、と言ってもいいでしょう。

一方、〝ひとり〟でいることのできる人の人間関係は、とても自由で、柔軟で、開かれたものです。他人の視線はあまり気になりませんし、他人と自分を比較したり、評価し続けたりすることもありません。他者とのほんとうの〝つながり〟に開かれた生き方と言ってもいいでしょう。

そうです。私たちはまず、〝ひとり〟でいる決意をしなくては、真の人間関係に、真の〝つながり〟に開かれることもできません。

〝ひとり〟でいる決意をし、自分の孤独を深めることができた人にだけ、他者との真の出会いも可能になるのです。

(諸富祥彦『孤独であるためのレッスン』p20)

 

 大切なのは、多少、不安になったり、つらさやさみしさが襲ってきたとしても、そこから逃げ出さないこと。しばらく、じっと、そこにいること。そこに、とどまり続けることです。

孤独であることの不安やさみしさに耐え、じっとそこにとどまっていると、次第に孤独であることの新たな意義が見えてきます。新しい感覚が生まれてきます。

(諸富祥彦『孤独であるためのレッスン』p244)

 

まず行うべきは、自分のなかの孤独と向き合い、孤独であることを肯定し、自分が孤独であることを受け容れることなのです。

とはいうものの、真に孤独を乗り越えることは、実際にはそれほど簡単ではありません。

孤独を克服したつもりでも、何かのきっかけで<ひとりであること>のつらさや寂しさを感じることはあると思いますし、それは人間としては当たり前だとも思います。

 

<孤独>と向き合うことによって、初めて出会える<つながり>もある。

<孤独>と向き合うことによって、初めて出会える<つながり>もある

ところが、<孤独>と向き合うことによって、初めて出会える<つながり>もあるのだと私自身は考えています。

そのつながる相手とは、人だけとは限りません。

自分自身の知らない部分であったり、本や映画、マンガのなかの登場人物や作者であったりするかもしれません。

もしくは、自然のなかの動物や植物、鉱物、音や光、色や香り、芸術の対象になるような神秘的な風景などかもしれませんが、そのつながる相手とは、もし孤独を自分で受け入れなかったら、決して出会えなかった<何か>なのであることは確かです。

 

このことは反対に言えば、いくら孤独を感じているとしても、私たちは現実世界に生きている以上、本当はつねに<いのちの働き>ともいうべき何らかの存在とつながっているのだということを意味するのであり、孤独を感じている間は、ただ、そのことに気がついていないだけかもしれないのです。

したがって、孤独を克服するためにまず大切なのは、自分が孤独であることを引き受ける勇気なのです。

 

 もし、孤独を癒すことのできる人間関係がありうるとすれば、それは、その関係の中で、互いがより深く孤独に徹していけるような人間関係、その関係の中で、互いがますます深くひとりになり、自分自身になりきることができるような人間関係でしか、ありえないであろう。

孤独は素晴らしい。

人が真の自分に出会うのも、自分の人生で何がほんとうに大切かを知るのも、すべては孤独において、である。

諸富祥彦『孤独であるためのレッスン』p254)

 

 〝ひとり〟でいることのできない人間関係は、たいへん不自由なものです。絶えず他人の視線を気にし、他人と自分を比較し、評価し続ける、がんじがらめの人間関係です。人間関係の〝評価〟や〝しがらみ〟に捕らわれた生き方、と言ってもいいでしょう。

一方、〝ひとり〟でいることのできる人の人間関係は、とても自由で、柔軟で、開かれたものです。他人の視線はあまり気になりませんし、他人と自分を比較したり、評価し続けたりすることもありません。他者とのほんとうの〝つながり〟に開かれた生き方と言ってもいいでしょう。

そうです。私たちはまず、〝ひとり〟でいる決意をしなくては、真の人間関係に、真の〝つながり〟に開かれることもできません。

〝ひとり〟でいる決意をし、自分の孤独を深めることができた人にだけ、他者との真の出会いも可能になるのです。

(諸富祥彦『孤独であるためのレッスン』p20)

 

『孤独であるためのレッスン』は、孤独を克服するためのヒントが見つかる名著。

諸富祥彦『孤独であるためのレッスン』

諸富祥彦氏はこのように述べているように、あえて孤独を選択することによって、「他者との真の出会い」を求めていくことが可能になるように思われるのです。

 

たとえ孤独を克服したつもりでも、大事なものをなくしたり、誰かを失うという離別の悲しみを味わったり、急に寒い一日が訪れたりすることによって、心は<孤独>や<寂しさ>を感じてしまうものなのだと思います。

今回ご紹介した『孤独であるためのレッスン』を書いた諸富祥彦氏も、「忙しい毎日を走り抜けつつ、とても充実した日々を送っているつもり」でも、「突然ふと、とてつもない孤独感に襲われる」ことがあると、「おわりに」のなかで書いています。

そのため、<孤独>であることを解決するのは、決して簡単ではないかもしれませんし、いつまでも解決できないのかもしれません。

 

しかし、もし<孤独>であることに悩んでいて、この『孤独であるためのレッスン』に興味が湧いた方は、ぜひ、実際に手に取って読んでみていただきたいと思います。

本書を読むことで、今よりも孤独を克服するためのヒントが見つかるかもしれませんし、この本をきっかけにして、自分自身の孤独がやわらぐような、何か新しいつながりや発見が生まれるかもしれません。

 

以上ここまで、<ひとりになったら孤独と向き合え>として、『孤独であるためのレッスン』(諸富祥彦 著 NHKブックス)を取り上げましたが、大切なのは、孤独を否定するのではなく、自分の孤独と向き合い、受け容れたうえで、新しいつながりを発見していくことだと思われます。

 

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. 今やりたいことに集中することが幸せを感じるコツ。
  2. 瞑想でいまの瞬間に注意を集中。―『マインドフルネスストレス低減法』
  3. ゆるやかな糖質制限ダイエットで健康的に痩せるには?
  4. 『病気にならない生き方』をこれからの健康のために読み直す。
  5. 【手作り甘酒】習慣は、慢性的な便秘の解消にもオススメ。

関連記事

  1. 「しゃがむこと」の効用も積極的に見直されるべき。

    進化

    人新世の人類の腰痛対策とは?-『サピエンス異変』2

    今回は前回と同様、『サピエンス異変 新たな時代「人新世」の衝撃…

  2. 「小さな習慣」なら本当の習慣に育てることができるワケ。

    生活習慣

    「小さな習慣」なら本当の習慣に育てることができるワケ。-『小さな習慣』3

    何をやっても長続きしないという場合、新しく始めたことを習慣化し…

  3. 【孤独】な時こそ、森林浴×マインドフルネスでセルフケア習慣。

    森林浴

    【孤独】な時こそ、森林浴×マインドフルネスでセルフケア習慣。

    森林浴×マインドフルネスでこれからの体調管理を始めてみませんか…

  4. 人生の本当の意味と目的とはー『人生に意味はあるか』

    精神分析・心理

    人生の本当の意味と目的とはー『人生に意味はあるか』

    今回は、『人生に意味はあるか』(諸富祥彦 著 講談社現代新書)…

  5. 『なぜ今、仏教なのか』から「自然選択」と「妄想」の関係を考える。

    仏教

    『なぜ今、仏教なのか』から「自然選択」と「妄想」の関係を考える。

    今回は、『なぜ今、仏教なのか 瞑想・マインドフルネス・悟りの科…

  6. 令和の時代は『出家的人生のすすめ』で毎日を有意義に生きる。

    仏教

    『出家的人生のすすめ』で毎日を有意義に生きる。

    令和の時代は、『出家的人生のすすめ』で毎日を有意義に生きてみま…

特集記事

  1. 呼吸&マインドフルネス瞑想で根本的なストレス対策。
  2. 『食事・運動・瞑想で「うつ」な気分を良くする生き方』「はじめに」を無料公開。
  3. 腸内環境・腸内フローラの改善方法
  4. 話題の乳酸菌が16種類・500億個の「乳酸菌革命」とは?
  5. 手作り「塩麹」で簡単・気軽に発酵生活。【作り方】

オススメ記事

  1. みつばちのビーポーレン(蜂花粉)で花粉症対策。
  2. 生命と人工知能の違いとは?-『AI原論』3
  3. ハチミツヨーグルトが腸内環境を整えるワケ。
  4. 水溶性ケイ素(シリカ)の効果・効能が注目なワケとは?
  5. 「アッカーマンシア ムシニフィラ」という痩せ菌を増やすには?…

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. 『<呼吸>に気づくマインドフルネスで心の免疫力を高める生き方』 

    電子書籍

    『<呼吸>に気づくマインドフルネスで心の免疫力を高める生き方』Kindle出版の…
  2. ハチミツ

    【天然・純粋・生ハチミツの正しい選び方】毎日の健康のために知っておきたい。
  3. 短鎖脂肪酸の効果・効能

    腸内細菌

    短鎖脂肪酸の効果・効能は腸内細菌の万能薬!?
  4. 乳酸菌より注目な「乳酸菌生産物質」の腸への効果とは?

    腸内環境

    乳酸菌より注目な「乳酸菌生産物質」の腸への効果とは?
  5. 般若心経の【色即是空】を感じることが心身のバランスを整え、一日一日を幸福にする。にある

    仏教

    般若心経の【色即是空】を感じることが心身のバランスを整え、一日一日を幸福にする。…
PAGE TOP