玄米リブレフラワー

健康

玄米リブレフラワーは一人暮らしの学生さんや中高年の男性にもお勧め。

玄米リブレフラワー

今回は玄米リブレフラワーの栄養効果は一人暮らしの学生さんや中高年の男性にもお勧めである、ということについてです。

前回の記事で、玄米リブレフラワーの効果・効能は食養生にオススメだと述べましたが、この玄米リブレフラワーとは、豊蔵康博氏が開発した、独自製法で高温焙煎し、25ミクロンに微粉末化した玄米のことです。

そしてこの玄米リブレフラワーは栄養吸収率が高く、ビタミンB群やビタミンE、マグネシウム、鉄などのミネラルといった栄養素や、酸化を防ぐ抗酸化物質などが豊富です。

 

玄米リブレフラワーは栄養吸収率が高い

そのため、一人暮らしの学生さんや中高年の男性で、自炊をあまりしないために毎日の食生活の栄養素のバランスが気になる方は、この玄米リブレフラワーをうまく食事に採り入れてみてはいかがでしょうか?

 

また、玄米リブレフラワーは、25ミクロンに微粉末化されているため、胃腸に消化の負担をかけないという特徴もありますので、消化力が落ちてきたと感じることがある、40代や50代、60代の方にもお勧めすることができます。

 

玄米リブレフラワーにはホワイトとブラウンがあり、栄養価も違っています。

こちらが玄米リブレフラワー。ホワイトとブラウンがあり、栄養価も違っています。栄養価的にはブラウンのほうが優れているような気がしますが、食べやすいのはホワイトのほうです。

 

お湯に玄米リブレフラワーを溶かし、天然塩を少し加える

お湯に玄米リブレフラワーを溶かし、天然塩を少し加えるだけでも美味しいです。食養生にも。

 

お湯に味噌と玄米リブレフラワーを溶かし、さらに海苔を加える

さらに、お湯に味噌と玄米リブレフラワーを溶かし、海苔を加えるだけでも、簡単に栄養豊富な美味しい味噌汁が出来上がります。

 

ちなみに、この玄米リブレフラワーの効果・効能について、酵素栄養学の第一人者として知られている鶴見隆史氏は『現代版 食物養生法』のなかで以下を挙げています。

 

  • エネルギーの大幅なアップ
  • ファイトケミカル(フェルラ酸他)が多く出現し抗酸化力を強く持つ
  • フリーラジカルスカベンジャー効果を持つ
  • その穀物の持つ薬効効果の増大
  • 栄養素(ミネラル、ビタミン)の活性化(天日干しの効果)
  • 毒素の腸内吸着素としての働き
  • 食べ方の簡便さ
  • 栄養の吸収率の増大
  • ビタミンEとしての作用
  • さまざまな応用の可能
  • 免疫力の増大作用

(鶴見隆史 『現代版 食物養生法』 p229)

 

  1. 玄米リブレフラワーの効用
  2. きわめて酸化しにくい
  3. すべての栄養素に破壊がない
  4. デンプンがアルファ化(α化)している
  5. きわめて消化吸収がいい
  6. 強烈な毒素排泄効果
  7. 栄養素(特にミネラル、ビタミン)の活性化
  8. 完全に(一〇〇%)無農薬化している
  9. 食べ方が自由自在
  10. 他の素材と組み合わせるとその欠点が回避される
  11. 低カロリー食品である
  12. ダイオキシン・環境ホルモンの排出作用として一役

(鶴見隆史 『現代版 食物養生法』より抜粋)

 

 

 リブレフラワーは、生きた栄養素の塊りです。ここに存在しない栄養素は、ビタミンA、C、Dくらいで、繊維素はもとより、その他のほとんどすべての栄養素が満ちあふれています。

玄米の粒でも当然、同様の栄養素は存在するのですが、どのように炊いても、いくら噛んでも消化吸収しにくいというのに反し、リブレは粉(二十五ミクロン)であるが故に、きわめて消化吸収しやすいという大きなメリットがあります。栄養補給という面では最高の食品ということがいえます。

(鶴見隆史『現代版 食物養生法』p262~263)

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. 知っておきたいビタミンCの役割・効果効能とは?
  2. 呼吸によるマインドフルネス瞑想が心身のバランスを整える。
  3. 「生活習慣」はアトピーを治していくためのキーワード。
  4. 知っておきたい腸と脳の関係とは?【脳腸相関】
  5. 瞑想とは現在の瞬間を観察するためのトレーニング。

関連記事

  1. 現代人のためのサプリメントのトリセツとは?

    サプリメント

    サプリメントを健康生活に活かすためのトリセツとは?

    今回は、サプリメントをこれからの健康に活かすために、現代人のた…

  2. 遠赤外線ヒーターで体を芯から温めるのがオススメ

    免疫力

    遠赤外線ヒーターで体を芯まで温めて冬の体調不良対策。

    今回は、遠赤外線ヒーターで体を芯までじっくりと温めることが体調…

  3. 「マゴワヤサシイ」は<うつ>な気分を良くするのにオススメな食事法。

    うつ

    「マゴワヤサシイ」は<うつ>な気分を良くするのにオススメな食事法。

    心身の健康維持のために毎日栄養バランスが整った食事が出来ていま…

  4. 「酵素」は毎日の健康を目指していくために大切

    酵素

    「酵素」は毎日の健康を目指していくために大切な存在。

    当ブログでは人生100年時代のヘルスケアについて述べていますが…

  5. 油・脂質の摂り方でアトピーを治していく

    油の摂り方

    食用油の摂り方はアトピーを治していくためにとっても大切なわけ。

    今回は植物油や脂質の摂り方に気をつけることはアトピーを少しでも…

  6. 「うつ」にならないための食事術とは?ー『「うつ」にならない食生活』

    うつ

    「うつ」にならないための食事術とは?ー『「うつ」にならない食生活』

    当ブログでは令和の時代の真のヘルスケアについて述べていますが、…

特集記事

  1. 半日断食(ファスティング)は病気予防にオススメ
  2. 食事・運動・瞑想がうつを良くしていく
  3. はちみつの効果・効能
  4. ビーポーレン(蜂花粉)がパーフェクトフードなわけ
  5. 大地とつながるアーシングが慢性的な体の不調を癒す

オススメ記事

  1. トマベチ式『いい習慣が脳を変える』わけとは?
  2. 慈悲の瞑想の実践と幸福の関係とは?
  3. 「うつ」にも関わる【脳の炎症】を抑えるための生活習慣とは?
  4. 腸のために知っておくべき水溶性と不溶性の食物繊維の違いとは?…
  5. 私たちと共生している腸内細菌の役割とは?

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. 短鎖脂肪酸の効果・効能

    腸内細菌

    短鎖脂肪酸の効果・効能は腸内細菌の万能薬!?
  2. 呼吸はいつも、今・ここにある【呼吸に還るマインドフルネス】

    マインドフルネス

    呼吸はいつも、今・ここにある【呼吸に還るマインドフルネス】
  3. 般若心経の【色即是空】を感じることが心身のバランスを整え、一日一日を幸福にする。にある

    仏教

    般若心経の【色即是空】を感じることが心身のバランスを整え、一日一日を幸福にする。…
  4. 体が硬い人ほど【ゆっくりヨガ】でからだを観察&マインドフルネス。

    マインドフルネス

    体が硬い人ほど【ゆっくりヨガ】でからだを観察&マインドフルネス。
  5. 『肥満を解消するためのマインドフルネス・ダイエット』Kindle販売のお知らせ。

    ミトコンドリア

    『肥満を解消するためのマインドフルネス・ダイエット』Kindle販売のお知らせ。…
PAGE TOP