布施英利『人体 5億年の記憶 解剖学者・三木成夫の世界』 

進化

布施英利『人体 5億年の記憶』から知る三木成夫の世界観。

布施英利『人体 5億年の記憶 解剖学者・三木成夫の世界』 

今回は布施英利氏の『人体 5億年の記憶 解剖学者・三木成夫の世界』(海鳴社)という書籍を、自己や生命を考えるためのオススメ本として紹介したいと思います。

前回の記事では解剖学者である三木成夫氏の『内臓とこころ』を、心とは何かを考えるための一冊としてご紹介しましたが、解剖学者であり美術批評家でもある布施英利氏の『人体 5億年の記憶 解剖学者・三木成夫の世界』(海鳴社)は、難解だとされる三木成夫氏の世界観やライフワークを分かりやすく簡潔に紹介している一冊です。

三木成夫氏の『内臓とこころ』『生命とリズム』(ともに河出文庫)といった著作を読むと、人間の心や体に対する鋭い洞察力が感じられ、わたしたちの心の起源がどこにあるのか、ということについて深く考えさせられます。

 

また、人体を「植物性器官」と「動物性器官」に分類し、腸をはじめとした内臓系に植物の性質を、脳を中心とした体壁系に動物の性質を読み取っている三木成夫氏の世界観の特徴は、非常に興味深いといえます。

 

ところが、三木成夫氏は「生命の形態」についての研究を完成させないまま、1987年、60代で亡くなってしまいました。

そのような事情により三木成夫氏が構想していたライフワークは未完成となっていますが、三木成夫氏の慧眼によって捉えられた生命観は、今、なお、テクノロジーに取り囲まれている私たちの思い込みを揺さぶり、触発するように思います。

そして、「「ライフワークが未完成に終わった三木成夫」の世界ではなくて、いっけん未完成に見えるが、実は「世界の本質を捉えていた三木成夫」の世界を描くことが目的」であるとして書かれたのが、布施英利氏の『人体 5億年の記憶 解剖学者・三木成夫の世界』なのです。

 

(略)三木はヒトの体を大きく二つに分けて見ていた。「植物性器官」と「動物性器官」である。まずは、この「植物/動物」という分け方がどういうものなのか、それを説明することから始めよう。

生物の世界には、動物や植物がいるが、ここでいう「植物性器官」や「動物性器官」というのは、樹木や草、鳥や魚といった動物のことではない。あくまで人間(=人体)についての話だ。人体を大きく分けると、まず「植物性器官」と「動物性器官」に分類できる。植物性器官とは「内臓」など、栄養やエネルギーを補給して生きる力とする働きをする体の部分。そして、動物的器官というのは、その体を、たとえば餌に向かって動かし、またそのために「世界を知覚する」、その目や耳や脳などをいう。

(布施英利『人体 5億年の記憶 解剖学者・三木成夫の世界』p33)

 

三木成夫が語る「生命記憶」とは?

三木成夫が語る「生命記憶」とは?

さらに三木成夫氏は人体に宿る「生命記憶」についても言及しています。この生命記憶はヒトのからだに刻まれている5億年の生命進化の記憶や、母なる海、そして宇宙とも関係が深い生命のリズムというものにも関わってきます。

このことに関して、布施氏は三木成夫氏の世界を一つの言葉で語るのならば、「生命記憶」がふさわしいとしています。つまり、「ヒトのからだには、生命進化の記憶が刻まれている」ということなのです。

 

 私たち人間は、動物的なからだ、つまり「意識」の存在があまりに大きくなってしまって、この植物的なからだ、つまり「こころ」があることを、ほとんど忘れてしまっている。

しかし三木は、その植物的なからだ、つまり「こころ」を思い出すことが、私たち人間にとって、何より大切なことだと考える。何しろ、それは宇宙のリズムを垣間見ることもできる能力なのだ。それこそ、生命としての人間にとって、大切なことなのだ。

私たちのからだには、いまでも内臓がある。植物的なからだがある。それが生命を支えている。自分のからだの、このお腹に、一つの小さな宇宙が閉じ込められているのだ。それを見つめなければいけない。それが、三木成夫が伝えようとした世界の本質なのだ。

(布施英利『人体 5億年の記憶 解剖学者・三木成夫の世界』p130~131)

 

以上ここまで、『人体 5億年の記憶 解剖学者・三木成夫の世界』をご紹介してきましたが、本書は、三木成夫氏の世界観を存分に知ることが出来る入門書として最適であると同時に、私たち現代人が忘れがちになってしまっている「生命」そのものや、「生命記憶」というものについて、様々な想いを巡らすことが出来る一冊なのです。

 

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. 自然にふれること、感じることが「うつ」をやわらげる
  2. イスラ・ナチュラ ピュアハニーというチリの生はちみつが美味しすぎる。
  3. 老化を防ぐアンチエイジングに、ミトコンドリアを増やす運動が必要なわけとは?
  4. マインドフルネス継続のための雑念のトリセツとは?
  5. むなしさを解消するヒントとはー『〈むなしさ〉の心理学』

関連記事

  1. 傳田光洋『第三の脳 皮膚から考える命、こころ、世界』

    アトピー

    『第三の脳 皮膚から考える命、こころ、世界』から考える生命

    今回は傳田光洋氏の『第三の脳 皮膚から考える命、こころ、世界』…

  2. 『土と内臓 微生物がつくる世界』で土壌をはぐくむように腸内環境を育てる。

    腸内フローラ

    『土と内臓 微生物がつくる世界』で土壌をはぐくむように腸内環境を育てる。

    今回は、『土と内臓 微生物がつくる世界』(デイビッド・モンゴメ…

  3. 『デトックスの極意 最強のアンチエイジング』で慢性的な体調不良を克服。

    デトックス

    『デトックスの極意 最強のアンチエイジング』で慢性的な体調不良を克服。

    今回は『デトックスの極意 最強のアンチエイジング』(福田カレン…

  4. 病気が教えてくれる、病気の治し方 スピリチュアル対症療法

    病気とは何か?

    『病気が教えてくれる、病気の治し方』から病気とは何かを考える。

    今回は『病気が教えてくれる、病気の治し方 スピリチュアル対症療…

  5. 植島啓司『きみと地球を幸せにする方法』で旅するように変幻自在な生き方。

    植島啓司『きみと地球を幸せにする方法』で、旅するように変幻自在な生き方。

    令和の時代の真の幸福実現のために、今回は、植島啓司『きみと地球…

  6. 『「慢性炎症」を抑えなさい』で現代病予防。

    慢性炎症

    『ガン、動脈硬化、糖尿病、老化の根本原因  「慢性炎症」を抑えなさい』で現代病予防。

    今回は、『ガン、動脈硬化、糖尿病、老化の根本原因  「慢性炎症…

特集記事

  1. ヘンプシードの免疫系に作用する働き
  2. 呼吸はいつも、今・ここにある【呼吸に還るマインドフルネス】
  3. 【ジャラハニーの効果・効能】ハチミツ生活のために知っておきたい。
  4. アトピーを治していくために続けていきたい生活習慣
  5. 毎日のルイボスティーが病気を遠ざける

オススメ記事

  1. 自然塩のミネラルバランスが健康・生命のために必要不可欠な理由…
  2. 【天然・純粋・生ハチミツの正しい選び方】毎日の健康のために知…
  3. MCTオイルはサラダ油の代わりに摂りたいヘルシーオイル。
  4. マインドフルネスは関係性の中で活かすー『〈目覚め〉への3つの…
  5. 慢性炎症が生活習慣病の原因になるワケ。

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. 心身を浄化する瞑想「倍音声明」CDブック

    ストレス解消法

    『心身を浄化する瞑想「倍音声明」CDブック』のストレス解消効果がスゴイ。
  2. 蜂蜜の栄養効果がミトコンドリアのエネルギーを生み出す

    ミトコンドリア

    🍯ハチミツの栄養効果がミトコンドリアのエネルギーを生み出すワケ。
  3. 「天然の抗生物質」プロポリスの効果・効能が注目なわけ。

    効果・効能

    「天然の抗生物質」プロポリスの効果・効能が注目なわけ。
  4. 乳酸菌より注目な「乳酸菌生産物質」の腸への効果とは?

    腸内環境

    乳酸菌より注目な「乳酸菌生産物質」の腸への効果とは?
  5. 話題の乳酸菌が16種類・500億個の「乳酸菌革命」とは?

    乳酸菌

    人気の乳酸菌が16種類・500億個の<乳酸菌革命>とは?
PAGE TOP