体を温める陽性食品で冬の低体温対策

体温

体を温める陽性食品で冬の低体温対策。

体を温める陽性食品で冬の低体温対策

当ブログでは令和の時代のヘルスケアについて考えていますが、今回は、体を温める陽性食品で冬の低体温対策、ということについてです。

以前の記事で、「冬のエネルギー不足による病気を予防するための秘訣とは?」という記事を書きましたが、基本的に冬は日が短く、天気も急変しやすいので、十分に太陽の光を浴びることが難しくなり、何かとエネルギー不足に陥りやすいのです

そのため、冬の季節は、

 

  1. 何事も無理しない(いつもと同じように仕事をこなそうとしない)
  2. 体の冷えに要注意(厚着する・こまめにあたたまる)
  3. いつもより早めに寝る(夜更かしを避ける)

 

といったことが、大きな病気にかからないようにするために大切になってくると思われます。

また、朝や昼の間、もし快晴で太陽の日差しが地上に降り注いでいたら、太陽の光を貴重だと思って、しばらくの間、日光浴を行うことも必要になってきます。

 

そのほか、低体温を避けるために、普段から体を温める食べ物を摂るということも挙げられます。

日頃、私たちが摂っている食べ物には、実は体を温めるものと冷やすものがあるとされています。

 

このことは中医学における「陰」と「陽」の分類による食べ物の捉え方ですが、体を温める食べ物と冷やす食べ物の要素について、石原結實医師は、『病気が治る温め方』のなかで、

  • 産地
  • 固いか、柔らかいか
  • 熱を加えてあるか否か
  • 動物性食品と植物性食品
  • 塩のきいた食物

などを挙げています。

 

冬は体を温める作用がある食べ物や飲み物を意識的に摂ってみる。

石原結實『病気が治る温め方』

そして、以下のように述べています。

 

 陽性食品は、外観が赤、黒、黄などの暖色をしており、固く(水分が少なく)、塩からく、北方に産する…などという特徴があります。また牛乳以外の動物性食品は陽性食品です。

よって、肉、卵、チーズ、魚介、塩、みそ、醤油、明太子、つくだ煮、漬物、根菜類は、体を温める陽性食品なのです。

逆に、水分の多いもの、青・白・緑の食物、南方産の食物は、体を冷やす陰性食品です。つまり、水、酢、牛乳、ビール、ジュース、バナナ、パイナップル、かんきつ類、コーヒー、緑茶、白砂糖…などです。

(石原結實『病気が治る温め方』p24)

 

生姜湯や紅茶、ココアなどは、体を温める飲みものとしてよく知られていますが、特に体やおなかが冷えやすい秋冬の季節は、低体温を避けるために食品の色や産地に気をつけ、体を温める作用がある食べ物や飲み物を意識的に摂ってみることをオススメします。

私自身も低体温によって体調が悪化しないように、ニンジンやりんご、味噌などの発酵食品を中心に、からだを温める食べ物や飲み物を積極的に摂るようにしています。

 

りんご

 

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. 玄米リブレフラワーは一人暮らしの学生さんや中高年の男性にもお勧め。
  2. 「ウォーキング」は肥満/コロナ太りを解消するために注目の運動。
  3. ビタミンCのアトピー性皮膚炎に対する効果とは?
  4. マインドフルネス瞑想で雑念が浮かんでくるのは当たり前。
  5. 完璧を目指さないデトックスでアトピー改善。

関連記事

  1. 知ってトクする<らっきょう>の栄養効果。

    腸内環境

    知ってトクする<らっきょう>の栄養効果とは?

    今回は知ってトクする<らっきょう>の栄養効果についてです。…

  2. 知っておきたい<ほうれん草>の栄養効果。

    野菜

    知っておきたい<ほうれん草>の栄養効果。

    今回は、ほうれん草の栄養効果についてです。ほうれん草に…

  3. 腸活に効果的なヨーグルトのとは?

    ヨーグルト

    腸に効くヨーグルトの「トリセツ」とは?

    腸の健康のために、毎日ヨーグルトを食べていますか?今回…

  4. 大麦の食物繊維は腸内環境の改善と便秘予防に効果的

    便秘の改善

    大麦の食物繊維は腸内環境の改善と便秘予防に効果的

    今回は食物繊維が豊富な大麦は、腸内環境の改善や便秘予防に効果的…

  5. ゆっくりスクワットで温活・低体温対策

    エクササイズ

    ゆっくりスクワットで体温アップ!低体温対策。

    日頃から低体温に悩まされてはいませんか?当ブログでは人…

  6. <神様の食べ物>カカオの効果・効能が注目なワケ。

    カカオ

    ココアやチョコの原料「カカオ」ってそもそも何?【知っておきたい】

    当ブログでは令和の時代のヘルスケアについて述べていますが、今回…

特集記事

  1. ダイエットの成功の鍵は腸内細菌の痩せ菌を増やすこと
  2. 乳酸菌より注目な「乳酸菌生産物質」の腸への効果とは?
  3. 酵素ドリンク「越後の龍」が腸内環境を整える
  4. 毎日のルイボスティーが病気を遠ざける
  5. 短鎖脂肪酸の効果・効能

オススメ記事

  1. 呼吸はいつも、今・ここにある【呼吸に還るマインドフルネス】
  2. 歩く瞑想は現在(いま)と身体感覚を意識するのにオススメ。
  3. 水素(H2)がミトコンドリアを活性化する理由とは?
  4. 瞬間(いま)の自分は常にベスト。(今の自分を安心させてあげる…
  5. ヨーグルトメーカーでの「手作り甘酒」で腸イイ発酵生活【作り方…

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. 純粋国産はちみつ「Megumi-めぐみ」は非加熱天然

    ハチミツ

    純粋・生の国産はちみつ「Megumi-めぐみ」は非加熱天然でオススメ。
  2. 食事・運動・瞑想がうつを良くしていく

    うつ

    <食事・運動・瞑想>が【うつ】をやわらげていく理由とは?
  3. 大地とつながるアーシングが慢性的な体の不調を癒す

    ストレス解消法

    大地とつながるアーシングが慢性的な体の不調を癒す。
  4. 『肥満を解消するためのマインドフルネス・ダイエット』Kindle販売のお知らせ。

    ミトコンドリア

    『肥満を解消するためのマインドフルネス・ダイエット』Kindle販売のお知らせ。…
  5. 生ローヤルゼリーの健康効果が心と体にオススメなわけ

    ローヤルゼリー

    生ローヤルゼリーの健康効果が心と体にオススメなわけ。
PAGE TOP