便秘を解消していくための生活習慣とは?

便秘の改善

便秘を解消していくための生活習慣とは?

便秘を解消していくための生活習慣

普段から、ひどい便秘にお悩みではありませんか?

今回は便秘を解消していくための生活習慣についてです。

慢性的な便秘にお悩みの方は多いと思いますが、もし慢性的な便秘が続くことで、便が腸内に止まり続けると、悪玉菌が増殖し、腸内環境が悪化することで、体の不調だけではなく、様々な病気や肌荒れ、心のモヤモヤ、うつやアレルギーなどの原因になってしまいます。

特に若い女性の間では便秘が深刻化していますが、その便秘について理化学研究所の辨野義己氏は以下のように述べています。

 

 若い女性に便秘が多い背景には、行きすぎたダイエットなど、食習慣の乱れや運動不足があると考えられます。

腸内環境が悪いと便秘が起こりますが、便秘の状態が続くと、そのためにまた便秘になるという悪循環が起こります。

大腸の中のものが移動しにくくなると腐敗が進み、たくさんの有害物質が作られます。それが排出されないまま腸内に長くとどまったり、さらに肝臓で解毒された有害物質が腸内細菌によって活性化されたりすると、大腸がんなど、さまざまな病気を起こしやすくなります。

(辨野義己『腸を整えれば病気にならない』p128~129)

 

市販の便秘薬の長期服用に要注意。

市販の便秘薬の長期服用に要注意。

また、医学博士の内藤裕二氏は、市販の便秘薬の長期服用は、配合されているセンナ、ダイオウ、センノシドなどの生薬の影響によって、粘膜細胞が傷害され、腸が黒くなることを指摘しています。

さらに「慢性便秘の患者さんの腸内フローラは、極端に有害菌に偏っていることは明らかであり、このような患者さんに必要な治療は、単なる下剤の投与ではなく、長い目でみた計画的腸内環境改善対策であることは明白です」と述べています。(参考 内藤裕二『消化管は泣いています』

 

便秘の解消のために大切なのは、内藤氏も述べているように、下剤や便秘薬の投与ではなく、日頃から腸内環境を良い方向へ変えていく生活習慣だと思われます。

たとえば腸内細菌学のパイオニアである東京大学名誉教授の光岡知足氏は、便秘を改善するための生活習慣として、以下を挙げています。

 

①野菜・果物・海藻を中心に、食物繊維の多い食べ物を多く取り入れる。

②朝一番に水を飲み、「胃・結腸反射」をうながす。

③起床後、軽い運動や散歩などで体を動かす。

④便意があったら我慢せずに、早めにトイレに行く。

⑤気分転換を図り、ストレスを緩和する習慣をつける。

(光岡知足 『腸を鍛える 腸内細菌と腸内フローラ』 p159)

 

便秘を解消していくための生活習慣とは?

便秘を解消していくためには、よく笑ったりリラックスしたりして、副交感神経を優位にする

光岡知足氏も挙げていますが、日頃から腸内環境を良くして便秘を解消していくためには、よく笑ったりリラックスしたり、マインドフルネス瞑想を行なったりして、副交感神経を優位にすることや、ストレスを減らすことが大切なのです。

特にリラックスしたり、幸福感を感じたりすることによって副交感神経が優位になると、そのことが腸のアクセル役を果たし、腸管の運動が活発になるのです。

 

また、日頃から適度な運動を行うことも腸内環境を良好に保つために必要不可欠です。なぜなら、運動をこまめに行わないと、腸が刺激されずにぜん動運動が起こりにくくなるため、どうしても便秘がちになってしまうからです。

 

便秘解消には腸腰筋を刺激することがオススメ。

したがって、特に一日中デスクワークなどを行って座ってばかりの方は、よく歩いたり、エレベーターではなく階段を使ったり、こまめに太ももを交互に上げ下げしたりして、腸腰筋を刺激することをオススメします。

他にも、仰向けになって両膝を上げたら、その両膝を左右に動かす運動をするだけでも、お腹周りの筋肉や内臓を刺激して、便秘を解消することにつながりますし、なるべく腰を垂直に落とし、お尻を地面に近づけるようにする、ゆっくりとしたスクワットを行ってみるのもお勧めです(いわゆる「蹲踞(そんきょ)」に近い形ですが、スクワットすることに慣れていない方は、いきなり無理するのは禁物です)。

 

食事で便秘を改善するには?

便秘を解消していくための生活習慣

なお、便秘を改善するための食事に関しては、水溶性と不溶性食物繊維をバランスよく摂ることが基本です。しかし、食物繊維を積極的に摂るようにしても、なかなかスムーズな排便が行なわれない、という経験をお持ちの方は意外と多いのかもしれません。

そこで、食物繊維では便秘が解消されないという方には、以前の記事でご紹介した便秘の改善にオススメの3つの食品をご紹介したいと思います。

100%の効果を保証するものではありませんが、これらは管理人が実際に試してみて、便秘に対して効果が感じられた、と実感できたものですので、興味がある方はよろしければ試してみてください。

 

 

そのほか、腸内環境を良くして便秘を解消するためには、塩麹甘酒などの発酵食品を、なるべく手作りで、毎日の食生活に採り入れることも効果的です。

 

便秘を解消するには、からだのエネルギー循環が必要

以上ここまで便秘を解消していくための生活習慣について述べてきましたが、便秘を解消するには、ただ闇雲に便秘薬やサプリメントに頼るのではなく、からだのエネルギーが循環するように、食事の改善に加えて、ストレスを溜めない、お腹を冷やさない、座りっぱなしを止めて適度に運動を行う、人生を存分に楽しむ、といった生活習慣を地道に続けることが、必要になってくるのです。

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. 森林浴が慢性的なストレスから解放して心と身体を癒す。
  2. ゆるやかな糖質制限ダイエットで健康的に痩せるには?
  3. 天然はちみつ「マヌカハニー」で免疫力アップ。
  4. 知ってトクするビタミンB12の働き・役割とは?
  5. ストレス解消&リラックスにオススメ【YouTube自然音動画】第3弾。

関連記事

  1. プ酵素ドリンクの効果・効能が腸内環境を整える

    酵素ドリンク

    酵素ドリンクの効果・効能が腸内環境を整える。

    今回は酵素ドリンクの効果・効能が腸内環境を整える、ということに…

  2. 腸内環境・腸内フローラの改善方法

    生活習慣

    腸内環境・腸内フローラを効果的に改善する方法とは?【腸活・菌活】

    腸内環境や腸内フローラを効果的に改善する方法について知っていま…

  3. 不溶性食物繊維の効果効能

    便秘の改善

    腸のために知っておくべき水溶性と不溶性の食物繊維の違いとは?

    今回は、腸のために知っておくべき水溶性と不溶性の食物繊維の違い…

  4. 手作り「塩麹」で簡単・気軽に発酵生活。【作り方】

    発酵食品

    手作り「塩麹」で簡単・気軽に発酵生活。【作り方】

    自家製「塩麹」で手軽に発酵ライフや腸活を始めてみませんか?…

  5. 佐々木典士『ぼくたちは習慣で、できている。』は、習慣に踏み込んだ実用的な一冊。

    生活習慣

    佐々木典士『ぼくたちは習慣で、できている。』は、<習慣>に踏み込んだ実用的な一冊。

    当ブログでは令和の時代のヘルスケアや真の健康実現について考えて…

  6. 体調不調の原因「リーキーガット」を修復するイート・ダート・プログラム

    アレルギー・花粉症

    不調の原因「リーキーガット」を修復するイート・ダート・プログラムとは?

    今回は体調不調の原因「リーキーガット」を修復するイート・ダート…

特集記事

  1. ミトコンドリアを増やすための生活習慣とは?
  2. 『無常の瞬間の記憶 広瀬川風景写真集』 Kindle出版のお知らせ。
  3. 『ホモ・デウス』は心の未来を見据えた書物【感想・書評】
  4. はちみつの効果・効能
  5. ヘンプシードの免疫系に作用する働き

オススメ記事

  1. 知っておきたい天然・生はちみつの美肌・美容効果。
  2. 土を食べろ!?ー『すべての不調をなくしたければ除菌はやめなさ…
  3. 腸内フローラ/腸内環境が悪化する5つの要因とは?
  4. 自宅・自分の部屋でも手軽にアーシング。
  5. 酵素ドリンクの効果・効能が腸内環境を整える。

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. 乳酸菌より注目な「乳酸菌生産物質」の腸への効果とは?

    腸内環境

    乳酸菌より注目な「乳酸菌生産物質」の腸への効果とは?
  2. 食事・運動・瞑想がうつを良くしていく

    うつ

    <食事・運動・瞑想>が【うつ】をやわらげていく理由とは?
  3. 便秘の改善

    食物繊維の効果・効能で腸内環境改善。
  4. ダイエットしないで健康的に痩せるための方法とは?

    痩せ菌ダイエット

    ダイエットしないで健康的に痩せるための方法とは?
  5. 体が硬い人ほど【ゆっくりヨガ】でからだを観察&マインドフルネス。

    マインドフルネス

    体が硬い人ほど【ゆっくりヨガ】でからだを観察&マインドフルネス。
PAGE TOP