『病は「リポリシス」から 生体内核爆発リポリシス』

健康

健やかな生命場とはー『病は「リポリシス」から』

『病は「リポリシス」から 生体内核爆発リポリシス』

今回は『病は「リポリシス」から 生体内核爆発リポリシス』(﨑谷博征 著)を、自分のなかの健康常識を疑い、病気を防いでより健康になっていくための一冊としてご紹介したいと思います。

本書『病は「リポリシス」から 生体内核爆発リポリシス』(風詠社)は、前回の記事で取り上げた﨑谷博征氏の『「プーファ」フリーであなたはよみがえる! 生命場を歪ませるアルデヒド』(鉱脈社)の続篇・姉妹編ともいうべき一冊です。

 

では、タイトルにある「リポリシス」とは何かといえば、簡単にいえば「低血糖による脂肪分解」のことだといいます。

わたしたちの体は、普段は、エネルギー源として糖を利用していますが、糖がなくなってしまうと、今度は体内の脂肪を分解してエネルギーにします。このことに関して、少し長いですが、以下引用します。

 

 血糖値が下がると何が起こるでしょうか?

私たち生命体は、エネルギー源である糖の利用がブロックされると、エネルギー代謝を回すためにどこからか材料を調達しなければなりません。そこで体内の脂肪あるいはタンパク質を分解して糖に変換することを始めます。

まず血糖値が低下すると、即座にHPAを刺激してストレス反応が起きます。具体的には、脳から血糖値を回復すべく「ストレスホルモン」が放出されます。そのストレスホルモンの代表が、前述したアドレナリンとコルチゾールです。

アドレナリンは、まず肝臓の糖のストックを血液中に放出させます(グリコーゲン分解:glycogenolysis〈グライコジェノリシス〉)。悲しいことに現代人の肝臓は過剰のプーファとエストロゲン蓄積によって、機能が低下しています。この肝臓の糖ストックは数時間程度しか持ちません。

そこでアドレナリンとコルチゾールは脂肪を分解して糖に変換します。この低血糖による脂肪分解のことを「リポリシス(lipolysis:「ライポリシス」とも呼ぶ)といいます。

(﨑谷博征『病は「リポリシス」から 生体内核爆発リポリシス』p9~10)

 

この低血糖による脂肪分解は、一見、健康やダイエットのためには良いことのように思われますが、「エネルギー代謝という生命の本質」から見た場合、「低血糖」は最もHPA系を刺激する危険かつ最大のストレス」であると、﨑谷氏は述べています。

(ちなみに「HPA系」とは、視床下部―下垂体―副腎システムのことで、この「HPA系」がストレスによって刺激されると、アドレナリンやコルチゾールなどのストレスホルモンが合成され、放出されます)。

 

プーファとリポリシスの問題とは?

プーファとリポリシスの問題とは?

本書を読む限り、問題になってくるのは、「「リポリシス」(脂肪分解)では、食事でプーファを摂取していないのにも関わらずプーファが血液中を駆け巡ること」になることだと思われます。

(「プーファ」(多価不飽和脂肪酸)については、前回の『「プーファ」フリーであなたはよみがえる! 生命場を歪ませるアルデヒド』について書いた記事を参照していただきたいと思います。)

 

﨑谷博征医師は「食事中からプーファを摂取することによって、大量のアルデヒドという猛毒物質が発生し、体内で恐ろしい反応を引き起こすことが慢性病の本質である」とし、さらに、「今度は低血糖などのストレス反応でも、体内に蓄積されたプーファが血液中に放出され、それが自動酸化されて猛毒のアルデヒドが発生するということなのです」と興味深いことを述べています。

 

さらに、

 

 過剰なプーファが核爆弾(放射能)と同じ威力を持つというのは、細胞・遺伝子レベルで見ると決して大袈裟な表現ではないのです。

そしてリポリシスによって放たれたプーファは、さらにHPA系を刺激してコルチゾールなどのストレスホルモンを放出させ、リポリシスという自己中毒に陥ります(リポリシスが起きなくても食事中に過剰のプーファがあれば同じことが起こる)。生命が健やかに生成・発展していくためには、この核爆弾(プーファ)が放出されることで起こる〝核爆発〟(=アルデヒドの反応)、つまり「リポリシス」をなんとしても食い止めないといけません。つまり、「アンチリポリシス」が必要なのです。

(﨑谷博征『病は「リポリシス」から 生体内核爆発リポリシス』p13~14)

 

と述べており、このくだりは、読むたびに大変な衝撃を憶えます。

 

「健康常識」に懐疑的な方は、本書を一読してみる価値あり。

『病は「リポリシス」から 生体内核爆発リポリシス』

ちなみに、本書『病は「リポリシス」から 生体内核爆発リポリシス』では「アンチリポリシス」のための食事についても言及・提案されていますし、後半部では、「プーファ」と「リポリシス」の視点から、最近流行りの「糖質制限食」や「ケトン食」、「ファスティング(断食)」の問題点についても触れています。

そのため、「リポリシス」と「プーファ」の問題に関心がある方は、実際に手にとって読んでみていただきたいと思いますが、本書の最後に﨑谷博征医師が以下のように書き記している点は、非常に印象に残ります。

 

 現代社会というシックネス・フィールド(病気の場)に身を置くと誰でも心身の病気になるのは当然です。特に現代の日本社会は世界でも最たるシックネス・フィールド(病気の場)を形成しています海外在住の日本人ですら、久しぶりに日本に帰国したときに観る日本人の病的な異常さに驚嘆し、心配しているくらいです。海外から見た日本の真実をもっと知るべきです。そこから抜け出すためには、一人でも多くの人が真実に気づいて変わっていくことでしか、シックネス・フィールド(病気の場)を健やかな生命場(ヘルスィネス・フィールド)に変えていくことはできません。ですから、少しでも多くの人にこの本の内容を伝えていって頂きたいと切に願っています。

(﨑谷博征『病は「リポリシス」から 生体内核爆発リポリシス』p107)

 

病は「リポリシス」から 生体内核爆発リポリシス

巷で流行っている健康法をいくら試してみても、全然からだの調子が良くならない方や、企業を中心としたマーケティングの手法によって私たちの意識に知らない間に浸みこんでしまっている「健康常識」に懐疑的な方は、ぜひ本書を一読してみていただきたいと感じます。

一度読んだだけでは内容そのものを全て鵜呑みには出来なくても、何度も読み返すことで、今よりももっと健康になるためのヒントが、この『病は「リポリシス」から 生体内核爆発リポリシス』からたくさん見つかるかもしれません。

 

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. 知っておきたい!そもそもスーパーフード(Super Food)とは?
  2. 『加工食品には秘密がある』!?
  3. 『難病を克服する珪素の力』はケイ素の効果・効能について詳しく述べた一冊。
  4. 西原克成『免疫力を高める生活 健康の鍵はミトコンドリアが握っている』を読む。
  5. 習慣に「モチベーション」は必要ない理由とは?

関連記事

  1. 三木成夫『内臓とこころ』

    三木成夫『内臓とこころ』から<心>とは何かを考える。

    今回は三木成夫氏の『内臓とこころ』(河出文庫)を、「心」とは何…

  2. 傳田光洋『第三の脳 皮膚から考える命、こころ、世界』

    アトピー

    『第三の脳 皮膚から考える命、こころ、世界』から考える生命

    今回は傳田光洋氏の『第三の脳 皮膚から考える命、こころ、世界』…

  3. テロメア・エフェクト

    ストレス

    健康長寿のためには「ストレス」に対処せよー『テロメア・エフェクト』

    今回は健康長寿のためには「ストレス」に気をつけ、対処することが…

  4. 年末の師走こそあえて頑張り過ぎずに休息をとることが大切

    健康

    年末の師走こそあえて頑張り過ぎずに休息を。

    今回は年末の師走こそあえて頑張り過ぎずに休息をとることが大切だ…

  5. マインドフルネス瞑想のやり方・方法・注意点とは?

    マインドフルネス

    【マインドフルネス瞑想】を始めるためのやり方・方法・注意点とは?

    心身のバランスを整えたり、ストレスをやわらげたりするのに効果的…

  6. 免疫力

    腸内環境の改善は免疫力を確実に高める。

    当ブログでは令和の時代の健康と幸福について書いていますが、今回は腸内環…

特集記事

  1. 毎日のルイボスティーが病気を遠ざける
  2. マインドフルネス瞑想を始める理由とは何か?
  3. 純粋国産はちみつ「Megumi-めぐみ」は非加熱天然
  4. 半日断食(ファスティング)は病気予防にオススメ
  5. アトピーを治していくために続けていきたい生活習慣

オススメ記事

  1. 私たちと共生している腸内細菌の役割とは?
  2. 新しい未来の宗教「データ至上主義」とは何か?-『ホモ・デウス…
  3. 『失われてゆく、我々の内なる細菌』が鳴らす警鐘「抗生物質の冬…
  4. はちみつアロエベラヨーグルトは腸内環境を変えるのにイチオシ。…
  5. 『「腸の力」であなたは変わる』で現代病予防。

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. ダイエットの成功の鍵は腸内細菌の痩せ菌を増やすこと

    痩せ菌ダイエット

    ダイエットの成功の鍵は「ヤセ菌」を増やすこと。
  2. 酵素ドリンク「越後の龍」が腸内環境を整える

    断食(ファスティング)

    酵素ドリンク「越後の龍」は腸内環境を整えるのに役立つ。
  3. 般若心経の【色即是空】を感じることが心身のバランスを整え、一日一日を幸福にする。にある

    仏教

    般若心経の【色即是空】を感じることが心身のバランスを整え、一日一日を幸福にする。…
  4. 【ジャラハニーの効果・効能】ハチミツ生活のために知っておきたい。

    ハチミツ

    【ジャラハニーの効果・効能】ハチミツ生活のために知っておきたい。
  5. 便秘の改善

    食物繊維の効果・効能で腸内環境改善。
PAGE TOP