テロメア・エフェクト

ストレス

健康長寿のためには「ストレス」に対処せよー『テロメア・エフェクト』

健康長寿のためには「ストレス」に気をつけることが大切

今回は健康長寿のためには「ストレス」に気をつけ、対処することが大切であるということを、『細胞から若返る! テロメア・エフェクト 健康長寿のための最強プログラム』(エリザベス・ブラックバーン、エリッサ・エペル 著 森内 薫 訳 NHK出版) を取りあげながら考えてみたいと思います。

 

前回の記事で取り上げた『細胞から若返る! テロメア・エフェクト 健康長寿のための最強プログラム』でも述べましたが、テロメアとは「染色体の端に存在する非コードDNAの繰り返し配列」のことで、このテロメアの長さが私たちの寿命や疾患などに関わっているとされています。

そしてそのテロメアを長くしたり短くしたりする要因として、「ストレス」が関係してくるのです。

肥満症などをはじめとした生活習慣病や慢性炎症、うつ、アトピー、がんなどはどれも広い意味でのストレスが関わっているのは確かだと思われます。また、「キラーストレス」という、放っておくと命にも関わって来る、怖いストレスの問題もあります。

 

しかし、少しのストレスならばテロメアを脅かすことはないようですし、適度なストレスは私たちに人生を生き抜く力を与えてくれるのも事実です。ところがストレスが長期的に継続することは、必ずしもテロメアにとって良い影響を与えるとは言えないようなのです。

 

 どんな種類のストレスがテロメアの短縮に関連するかについては、すでに証拠がある。テロメアの短縮につながりがあるのは、家庭の長期におよぶ介護や、仕事のストレスによる燃え尽き状態なのだ。そのほかに読者もご想像のとおり、現在のものであれ子ども時代のものであれ、非常に深刻なトラウマもテロメアの損傷に関連することがわかっている。レイプや虐待、家庭内暴力、長期にわたるいじめなどがそれにあたる。

(エリザベス・ブラックバーン、エリッサ・エペル 著 森内 薫 訳『テロメア・エフェクト』 NHK出版 p103)

 

テロメアを守るためにはストレス反応を変えることが大切。

テロメアを守るためにはストレス反応を変えることが大切

また、エリザベス・ブラックバーン氏らは『テロメア・エフェクト』のなかで、「ストレスが長く続けば、テロメアは短くなる。長期にわたる心理的に有害な状況からは、できるかぎり抜け出すのが賢明だ」としています。

しかしストレスを長く受け続けてきた経験があるからといって、老化が促進され、寿命が短くなると悲観する必要はないようです。

 

 もちろん、境遇そのものがテロメアを短くするわけではない。問題は、そうした境遇に置かれたときに多くの人が感じるストレス反応であり、そしてここでも「用量」が重要な意味をもつ。一ヵ月程度であればどんなにストレスの高い危機的状況に置かれても、テロメアへの影響を心配する必要はない。テロメアもそこまで脆弱ではない。そうでなければ私たち人間はみな、あっというまにだめになってしまう。

(エリザベス・ブラックバーン、エリッサ・エペル 著 森内 薫 訳『テロメア・エフェクト』 NHK出版 p103)

 だが、自分ではどうにもならないストレスを抱えて暮らす現代人の多くにとって幸いなことに、話はこれで終わりではない。私たちの研究からは、慢性的なストレスがかならずしもテロメアの損傷にはつながらないことが示されている。被験者の何人かは、テロメアを短くせずに介護の重荷を乗り越えていたのだ。ストレスへの耐性が高いこれらの「外れ値」の存在からは、困難な状況から抜け出せなくてもテロメアを守れることがうかがえる。信じがたいかもしれないが、やり方さえわかれば、ストレスをポジティブな燃料に使うことも可能だ。そしてストレスを、テロメアを守る盾として使うこともできるのだ。

(エリザベス・ブラックバーン、エリッサ・エペル 著 森内 薫 訳『テロメア・エフェクト』 NHK出版 p104)

 

つまり、チャレンジするようにして、ストレスに対する反応を自ら変えることが、テロメアを守ることにもつながるのです。

 

テロメア・エフェクト

「ストレスを消し去ることはできない。だが、ストレスフルな出来事に前向きに対処するように努力すれば、体においても心においても、ストレスへの耐性が高まっていく。」

『テロメア・エフェクト』 p122~123

 

なお、より詳しいストレスとの向き合い方については、「テロメア・ストレス・マインドフルネス。」の記事をご参照ください。

 

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. 【知っておきたい】腸の仕組みと働き。
  2. ルーシー・M・ロング『ハチミツの歴史』から伝わる蜂蜜の魅力的側面。
  3. 知ってトクするビタミンB2の働き・役割とは?
  4. うつをやわらげるには身体をゆるめる。
  5. 『腸内細菌が家出する日』がやって来た!?

関連記事

  1. ストレス・寒暖差で自律神経が乱れたら生ローヤルゼリー

    ローヤルゼリー

    ストレス・寒暖差で自律神経が乱れたら生ローヤルゼリー。

    当ブログではハチミツとミトコンドリアで真の健康を実現する方法に…

  2. トランス脂肪酸が体に悪いわけ

    活性酸素(フリーラジカル)

    ストレス・活性酸素を減らすことでアトピー改善。

    今回はストレスや活性酸素を減らすことがアトピーの改善につながる…

  3. ここまでわかった 水素水最新Q&A

    水素

    『ここまでわかった 水素水最新Q&A』で知りたい水素効果のウソ・ホント。

    今回は、『ここまでわかった 水素水最新Q&A』(太田成男 著 …

  4. 『デトックスの極意 最強のアンチエイジング』で慢性的な体調不良を克服。

    デトックス

    『デトックスの極意 最強のアンチエイジング』で慢性的な体調不良を克服。

    今回は『デトックスの極意 最強のアンチエイジング』(福田カレン…

  5. 糖尿病は〝砂糖〟で治す! 甘いものに目がないのは正しかった

    ミトコンドリア

    『糖尿病は〝砂糖〟で治す!』から考える糖の重要性。

    今回は『糖尿病は〝砂糖〟で治す! 甘いものに目がないのは正しか…

  6. ミトコンドリア

    活性酸素と健康長寿・アンチエイジングの関係とは?

    今回は活性酸素・フリーラジカルと健康長寿・アンチエイジングの関…

特集記事

  1. 「カカオ」のメンタル面への効果やうつを予防する働きとは?
  2. ココナッツオイルの効果・効能がヘルシーライフに役立つわけとは?
  3. マインドフルネス瞑想のやり方・方法・注意点とは?
  4. ダイエットしないで健康的に痩せるための方法とは?

オススメ記事

  1. 生ローヤルゼリーの健康効果が心と体にオススメなわけ。
  2. アーシングはアトピー改善にも効果的。
  3. 酵素ドリンクの効果・効能が腸内環境を整える。
  4. みやびの植物酵素100は活きた生酵素を手軽に摂るのにオススメ…
  5. 【天然・純粋・生ハチミツの正しい選び方】毎日の健康のために知…

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. 「天然の抗生物質」プロポリスの効果・効能が注目なわけ。

    効果・効能

    「天然の抗生物質」プロポリスの効果・効能が注目なわけ。
  2. マインドフルネス瞑想を始める理由とは何か?

    マインドフルネス

    これからマインドフルネス瞑想を始めてみる理由とは何か?
  3. 蜂蜜の栄養効果がミトコンドリアのエネルギーを生み出す

    ミトコンドリア

    🍯ハチミツの栄養効果がミトコンドリアのエネルギーを生み出すワケ。
  4. 健康

    自然塩のミネラルバランスが健康・生命のために必要不可欠な理由とは?
  5. 乳酸菌より注目な「乳酸菌生産物質」の腸への効果とは?

    腸内環境

    乳酸菌より注目な「乳酸菌生産物質」の腸への効果とは?
PAGE TOP