【知っておきたい】免疫とストレスの関係とは?

免疫力

【知っておきたい】免疫とストレスの関係とは?

免疫とストレスの関係

当ブログではハチミツとミトコンドリアを中心に、これからのヘルスケアや真の健康実現について考えていますが、今回は、免疫とストレスの関係についてです。

身体的ストレスであり精神的ストレスであれ、ストレスを必要以上に感じたり、溜め込んだりしてしまうことは、免疫力の低下の原因になりますが、では、そのストレスと免疫にはどのような関係があるのでしょうか?

 

まず、「ストレス」についてですが、ストレスとは分かりやすく言えば、外側からかけられた圧力によって、私たちの生体にひずみやゆがみが与えられることです。

また「ストレス」とは、もともと工学、物理学の分野で使われていた用語であり、外側からかけられた圧力に適応しようとして心や体に生じた様々な反応のことは、「ストレス反応」と呼ばれています。

 

そのため、ストレス自体は悪いものではないのですし、ストレスは歩く道がでこぼこしているのと同じように、長い人生を生きていくうえで避けて通れないものなのですが、問題なのは、必要以上のストレスは免疫機能に影響し、免疫力を低下させてしまうことだと考えられます。

 

 私たちの体は、免疫機能(「免疫能」という)が正常にはたらくことによって、多くの病気を防いだり、発病しても悪化を防いでいます。

ということは、免疫機能が活発にはたらいている人は病気に強く、あまり活発にはたらかない人は病気にかかりやすい、あるいは病気が悪化しやすいということがいえます。

ところが、さらに最近の研究によって、ストレスがこの免疫能、あるいは免疫反応に深くかかわっていることが、わかってきました。ストレスにより、免疫能、あるいは免疫反応が低下するのです。その結果、感染に対して防御力が低下することはいうまでもなく、ガンにかかりやすくなったり、またガンの進行を早めたりする、というのです。

(星恵子(『ストレスと免疫』p54)

 

ストレス反応とは?

ストレス反応とは?

また、からだがストレスを感じると、副腎皮質や副腎髄質からコルチゾールやアドレナリンが分泌され、ストレス反応に対処しようとします。このことは「闘争か逃走か」という、ストレスに対する生体の適応現象です。

ちなみのこの生体反応は、内分泌系と自律神経系に分かれます。

 

大ざっぱにいえば、突然車が迫ってきて事故に遭いそうな時など、急な危機に遭遇した場合は、

アドレナリン

というホルモンが、人間関係などでじわじわとストレスを感じる場合は、ストレスホルモンである

コルチゾール(コルチコイドの一種)

が分泌されてストレスに対処しようとします。

 

ストレス反応の抵抗期の体内の反応

内分泌系

脳下垂体

副腎皮質刺激ホルモン

コルチコイド

体細胞

自律神経系

自律神経

副腎髄質

アドレナリン

体細胞

 

大切なのは、自分がストレスとどう向き合うか、どう受け止めるか?

大切なのは、自分がストレスとどう向き合うか、どう受け止めるか?

しかし私たちが生きていくうえで問題になってくるのは、親子関係や人間関係、過剰労働による無理しすぎ、いやな記憶を再現し続ける反芻思考などによって、必要以上にストレスを感じてしまうことです。

また、現代社会は電磁波や食品添加物、化学物質など、生体がストレスだと感じるものが増えてきていますが、そのことは活性酸素の増大を促し、ミトコンドリアに悪影響を与えることでからだの老化や生活習慣病の原因にもなってしまいます。

さらに過度のストレスは自律神経のうちの交感神経ばかりを優位にしてしまい、そのことが免疫力の低下にもつながってしまいます。

 

したがって、免疫力の低下を防ぐためには、ゆっくり呼吸でリラックスを心がけたり、マインドフルネス瞑想を毎日実践したりするなどのストレス対策が必要になってくると考えられます。

 

そして、医学博士の星恵子氏が『ストレスと免疫』のなかで、

 

「ストレスは、ストレッサーがなんであれ、また、体内で免疫系がどのようにはたらくかは別にして、「心のひずみ」といいきることができます」「ストレスに対処する方法としては、まず心のもちようから考えてみる必要があると思います」

 

と述べている通り、心(マインド)の持ち方によって、ストレスによる身体への影響は変わってきます。

 

そのため、ストレスによって病気やうつにならないためには、自分自身のストレスとの向き合い方や受け止め方が非常に大事なってくると考えられます。

つまり、自分が「ストレス」というものとどう向き合うか、「心の免疫力」が、免疫力の低下を防ぐためのストレス対策として重要なのです。

 

 ストレスや苦労は避けられない。それは、人生に必須の一部だ。人を愛したり世話したり、ものごとを心配したり危険を冒したりすれば、かならずストレスがともなう。ならば、人生を存分に生きるいっぽうで、自分を細胞を守るために、チャレンジ反応でストレスに対処するしかない。

(エリザベス・ブラックバーン、エリッサ・エペル 著 森内 薫 訳『テロメア・エフェクト』 NHK出版 p122)

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. ギー(Ghee)の効果・効能で油を変える健康生活。
  2. 「色即是空」とは何を意味するのかー玄侑宗久『現代語訳 般若心経』
  3. ミトコンドリアを弱らせる原因「ストレス」とは何か?
  4. ハチミツを花粉症対策に利用する方法は知っておきたい。
  5. 『縄文人の世界観』から知る古代日本の叡智。

関連記事

  1. マインドフルネス瞑想はマルチタスクによる注意力散漫/イライラ対策に効果的。

    メンタルヘルス

    マインドフルネス瞑想はマルチタスクによる注意力散漫/イライラ対策に効果的。

    令和の時代に突入したものの、毎日忙しすぎたり、やりたいことが多…

  2. 病気

    慢性炎症が生活習慣病の原因になるワケ。

    今回は、慢性炎症は生活習慣病の原因になるということについてです…

  3. ストレス

    腸内フローラ

    過度のストレスは腸内環境悪化の原因に。

    今回はストレスが腸内環境を悪化させる原因になるということについ…

  4. 齊藤真嗣『体温を上げると健康になる』

    体温

    冬の低体温はエネルギー不足のサイン。

    今回は、冬の低体温はエネルギー不足のサインであるということにつ…

  5. プロポリスが花粉症対策に効果的なわけ。

    免疫力

    プロポリスが花粉症対策に効果的なわけ。

    当ブログではハチミツとミトコンドリアで真の健康を実現する方法に…

  6. ミトコンドリア

    ミトコンドリアが免疫力アップに関係しているワケ。

    今回はミトコンドリアが免疫力アップに関係しているワケについてで…

特集記事

  1. 酵素サプリで病気の原因「消化不良」を防いで腸を健康に。
  2. 大地とつながるアーシングが慢性的な体の不調を癒す
  3. 殺菌・抗菌力が強いマヌカハニー。
  4. マインドフルネス瞑想を始める理由とは何か?
  5. 本物のマヌカハニーの正しい選び方

オススメ記事

  1. 発酵食品がこれからの健康生活のためにイチオシなわけ。
  2. ヨーグルトメーカーでの「手作り甘酒」で腸イイ発酵生活【作り方…
  3. 蜂蜜とビタミンCの免疫力アップ効果とは?
  4. ビーポーレン(蜂花粉)で花粉症対策。
  5. 西原克成『免疫力を高める生活 健康の鍵はミトコンドリアが握っ…

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. 知って腸トクする【甘酒の効果・効能】毎日飲むことのメリットとは?

    甘酒

    知って腸トクする【甘酒の効果・効能】毎日飲むことのメリットとは?
  2. ハチミツ

    【天然・純粋・生ハチミツの正しい選び方】毎日の健康のために知っておきたい。
  3. 大地とつながるアーシングが慢性的な体の不調を癒す

    ストレス解消法

    大地とつながるアーシングが慢性的な体の不調を癒す。
  4. ビーポーレン(蜂花粉)がパーフェクトフードなわけ

    ビーポーレン

    ビーポーレン(蜂花粉)がパーフェクトフードなわけとは?
  5. 本物のマヌカハニーの正しい選び方

    ハチミツ

    本物のマヌカハニーの正しい選び方とは?
PAGE TOP