医学常識はウソだらけ

ビタミン

『医学常識はウソだらけ』から学ぶビタミンの重要性。

医学常識はウソだらけ

今回は『医学常識はウソだらけ 分子生物学が明かす「生命の法則」』(三石巌 著 祥伝社黄金文庫)を、これからの健康を考えるために、ご紹介したいと思います。

 

分子生物学者であり、晩年には分子生物学に基づいた「分子栄養学」を創設した三石巌氏による『医学常識はウソだらけ 分子生物学が明かす「生命の法則」』(祥伝社黄金文庫)は、巷に拡がる健康常識を一刀両断する痛快な一冊です。

分子生物学をきちんと学んでいないことによる「「医学常識」は「科学の非常識」」とし、一般的に「体に悪い」と思い込まされているもの、例えば、食塩や砂糖、コレステロール、動物性脂肪などが、体に悪いというのは、実はウソであるということを明らかにしています。

(特に印象的だったのは、私は吸いませんがタバコに関してで、タバコを吸うことによって発生する活性酸素よりも、無理にタバコを止めることによる強いストレスのほうが体に悪いと述べている点は、近年の禁煙を強制するような風潮において、本当の意味での健康とは何か、ということを考えさせられます)。

 

その一方で、有機野菜や無農薬野菜、玄米食、アルカリイオン水など、体に良いとされているものに関しても、何らかの疑問を呈していますので、特定の健康法を信じて実践している方にとっては、本書『医学常識はウソだらけ』は、どこか賛同しかねる部分があるかもしれません。

かくいう私自身も、分子生物学の知識はヒトの健康を考えるうえで最低限必要だと思いますが、かといって、三石巌氏が本書のなかで述べていることが全て100%正しいとは思いません。

 

しかし、この『医学常識はウソだらけ』のなかで強調されている、

  • メガビタミン主義
  • 良質タンパク質の摂取
  • 活性酸素対策

の重要性については、非常に説得力があり、傾聴に値すると思われます。

 

メガビタミン主義とは?

医学常識はウソだらけ

特に「メガビタミン主義」に関して、三石氏は、ビタミンは不足するよりは、たくさん摂っておいた方が良いと述べ、また、必要量に関してはかなりの個人差があるとしています。

 

たとえばビタミンの必要量にも、かなり個体差がある。AやEなどの脂溶性ビタミンで一〇対一、CやB₁などの水溶性ビタミンでは一〇〇対一もの開きがある。最も多く必要な人は、最も少なくて済む人の一〇〇倍のビタミンCを摂取しなければならないのである。しかも、一〇〇対一という水溶性ビタミンの個体差は、体に何のトラブルも抱えていない健康な人々のあいだで生じるものである。一〇〇倍の水溶性ビタミンが必要だからといって、その人が何か病気にかかっているわけではない。病人や体の不調を感じている人の場合、さらに何倍、何十倍ものビタミンCやB₁が必要になることもある。

(三石巌『医学常識はウソだらけ』p207)

 

さらに、ビタミンやミネラルはタンパク質を作る能力と関係していることから、

 

「体内ではDNAの指令にしたがってフィードバックが行なわれている。大量のビタミンを摂るメガビタミン主義によって、すべてのタンパク質がうまく作られるようになるということは、このフィードバックが順調に行われるということだ。」

 

と述べている点からは、鶏卵などから摂取した良質なタンパク質を活かすためには、いかに多くのビタミン(特にビタミンC)が必要か、ということが理解出来てくるのです。

 

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. 地橋秀雄『ブッダの瞑想法』はヴィパッサナー瞑想を始めるための一冊。
  2. 水素水と本当のアンチエイジングの関係とは?-『なぜ水素で細胞から若返るのか』
  3. 新しい未来の宗教「データ至上主義」とは何か?-『ホモ・デウス』
  4. マインドフルネス瞑想で雑念が浮かんでくるのは当たり前。
  5. 空腹力がミトコンドリアを強くする。

関連記事

  1. 失われてゆく、我々の内なる細菌

    腸内フローラ

    『失われてゆく、我々の内なる細菌』が鳴らす警鐘「抗生物質の冬」とは?

    今回はマーティン・J・ブレイザー氏の『失われてゆく、我々の内な…

  2. 『サーファーに花粉症はいない』わけとは!?

    ビタミンD

    知っておきたい『サーファーに花粉症はいない』わけとは!?【2020年】

    当ブログでは令和の時代のヘルスケア&セルフケアについて考えてい…

  3. 『ハチミツの歴史』( ルーシー・M・ロング )

    ハチミツ

    ルーシー・M・ロング『ハチミツの歴史』から伝わる蜂蜜の魅力的側面。

    当ブログではハチミツとミトコンドリアで真の健康を実現する方法に…

  4. 小腸を強くすれば病気にならない

    腸内環境

    『小腸を強くすれば病気にならない』でSIBO対策。

    今回は『小腸を強くすれば病気にならない 今、日本人に忍び寄る「…

  5. 知っておきたいビタミンDの役割とは?

    ビタミンD

    知っておきたいビタミンDの役割・効果効能とは?

    今回は、ビタミンDの役割や効果・効能についてです。一般…

  6. マインドフルネス瞑想はビジネスのための道具なのか?『光の中のマインドフルネス』

    仏教

    マインドフルネス瞑想はビジネスのための道具なのか?『光の中のマインドフルネス』

    当ブログでは令和の時代の健康と幸福のために、マインドフルネス瞑…

特集記事

  1. 食事・運動・瞑想がうつを良くしていく
  2. 短鎖脂肪酸の効果・効能
  3. 般若心経の【色即是空】を感じることが心身のバランスを整え、一日一日を幸福にする。にある
  4. ダイエットしないで健康的に痩せるための方法とは?
  5. 大地とつながるアーシングが慢性的な体の不調を癒す

オススメ記事

  1. プロポリスが虫歯や歯周病、口臭を予防する。
  2. 『病気が教えてくれる、病気の治し方』から病気とは何かを考える…
  3. 『癒す心、治る力』から伝わる自然治癒力の可能性。
  4. 太古からの栄養源「スピルリナ」の効果・効能とは?
  5. 糖質制限は炭水化物を減らすではなく「選ぶ」が大切。

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. 呼吸はいつも、今・ここにある【呼吸に還るマインドフルネス】

    マインドフルネス

    呼吸はいつも、今・ここにある【呼吸に還るマインドフルネス】
  2. ビーポーレン(蜂花粉)がパーフェクトフードなわけ

    ビーポーレン

    ビーポーレン(蜂花粉)がパーフェクトフードなわけとは?
  3. 呼吸&マインドフルネス瞑想で根本的なストレス対策。

    ストレス解消法

    根本的なストレス対策は呼吸&マインドフルネス瞑想で。
  4. ミトコンドリア

    ミトコンドリアが免疫力アップに関係しているワケ。
  5. マインドフルネス瞑想を始める理由とは何か?

    マインドフルネス

    これからマインドフルネス瞑想を始めてみる理由とは何か?
PAGE TOP