呼吸

呼吸によるマインドフルネス瞑想が心身のバランスを整える。

呼吸によるマインドフルネス瞑想が心身のバランスを整える。

ついイライラしてしまった時や、心が不安定だと感じる時は、呼吸によるマインドフルネス瞑想で心身のバランスを整えてみるのがオススメです。

そういうわけで今回は、呼吸によるマインドフルネス瞑想が心身のバランスを整えるわけについてです。

呼吸によるマインドフルネス瞑想のポイント

  • ただ自然に呼吸することに気づくようにする。
  • 無理に「正しい」呼吸をしようとしない。
  • 頭に雑念が浮かんできたら、「雑念、雑念、雑念」とラベリングする。

 

自分自身の呼吸を観察することは現在(いま)の瞬間に気づき、心身のバランスを整えるのに効果的です。

またマインドフルネス瞑想(ヴィッパサナー瞑想)によって、自分の呼吸に気づく習慣をもつことは、自律神経のバランスを整えて免疫力を高めたり、ストレスによるイライラや精神的な疲れを鎮めたり、不安な気持ちを解消したりするのにも最適の方法です。

そのほか、ゆっくりと呼吸するようにすることは、生活習慣病や慢性炎症の予防にも効果的ですし、ダイエットやアンチエイジングのためにも役立つと思われます。

 

呼吸はただ自然に行うことが何よりも大切。

ゆっくりと呼吸するようにすることはダイエットやアンチエイジングにも役立つ

ちなみに呼吸には胸式呼吸、腹式呼吸、逆腹式呼吸、丹田呼吸、完全呼吸など、様々な呼吸法がありますが、無理に「正しい」呼吸法を意識する必要はないように思います。

なぜなら、正しい呼吸法があると思ってしまうと、そのことに囚われてしまい、気持ちよく呼吸が出来なくなるからです。

つまり、無理に「正しく呼吸しなくちゃ」と焦る必要はなく、肩の力を抜き、自然に気持ちよく行うことが、呼吸する際は何よりも大切なのです。

 

もちろん、ヨガや整体の先生や、スポーツジムのインストラクターに、呼吸の秘訣を教わって参考にするのは、より呼吸を深めるのに役立つかもしれませんが、自分の呼吸を「本来の型」のように無理に当てはめようとすると、途端に呼吸は不自然なものになってしまいます。

 

マインドフルネス瞑想で「呼吸」に気づくには?

マインドフルネス瞑想で「呼吸」に気づくには?

座布団や椅子に座り、気持ちよく背筋を伸ばし、肩の力を抜いてリラックスしたら、ゆっくりと鼻で息を出し入れしてみてください。

吸う息も吐く息もどちらも同じくらい大切ですが、一般的には、吐くほうの時間を長めにすることが、よりリラックスする秘訣だとされています。

ですが、あえてわざとらしい呼吸をする必要はなく、なるべく「自然」な呼吸を心がけてみてください。

 

次に、鼻のちょうど下あたりに注意を向け、息を出し入れする際の感覚に集中してみます。

その際、息を吸う時は、

「吸います、吸います、吸います」

吐く時は、

「吐きます、吐きます、吐きます」

と、言葉による実況中継を行ないながら呼吸してみると、集中しやすいです。

 

また、もし呼吸によるマインドフルネス瞑想を深めている際に、頭の中に過去の後悔や未来への不安などが思い浮かんできたら、そのことに対して「良いこと」「悪いこと」と自分の価値観で判断せず、

「雑念、雑念、雑念」

もしくは

「妄想、妄想、妄想」

と言葉によってラベリングするようにします。

 

もちろん、仕事で失敗したり、他人の言動にイライラしたりしている時は、普段よりも心に思い浮かんだことを「雑念」や「妄想」として片づけることは難しいかもしれませんが、しかしそのような際にラベリングによって対処してみることは、実はかなりの心の訓練になるのです。

 

 

忙しい時こそ、「呼吸」によってマインドフルネス。

忙しい時こそ、「呼吸」によってマインドフルネス。

特に忙しい毎日を送っていると、当たり前のように行なわれている<呼吸>の大切さに気づくことが難しくなってくると感じられます。

しかし、「息」とは「生きる」ことと同義であるように、呼吸のあり方と、その人自身の生きることへの態度や姿勢、心の状態は、実は密接に関わっています。

毎日、時間に追われてばかりで、リラックスする機会が少ない場合は、それだけ身体が前のめりになりがちで、呼吸も浅くなり、緊張状態が続いて交感神経ばかりが優位になっています。

 

また、そのように交感神経ばかりが優位になり、副交感神経がうまく働かなくなると、自律神経のバランスが崩れ、免疫力や生命力は低下してしまいます。

 

呼吸によるマインドフルネス瞑想で自分自身で時間のゆとりを作り出す。

呼吸によるマインドフルネス瞑想で自分自身で時間のゆとりを作り出す

その一方で、呼吸に気づくためのマインドフルネス瞑想を実践すれば、自律神経のバランスが整い、かなりのストレス軽減が期待できますし、前のめりにならず、周りに流されず自分自身で時間のゆとりを作り出すことが可能です。

そのような、呼吸によって心身をコントロール出来る理由には、呼吸の働きが関わっています。呼吸の際、腹圧によって上下する横隔膜は、リラックス効果をもたらす副交感神経とつながっています。

副交感神経は心拍数を抑制したり、内臓の働きを活発にしたりするため、呼吸を意識して深めるようにすることは、緊張状態やストレスの緩和に役立つのです。

 

 呼吸に注意を集中するということは、文字どおり〝注意を集中する〟こと以外の何ものでもありません。呼吸を自分に強制したり、深く呼吸しようと努めたり、呼吸のパターンやリズムを変えたりということをする必要はありません。これまでも、あなたが何を考えなくても、呼吸はとどこおりなく行なわれてきたはずです。今は、呼吸に注意を集中することです。コントロールする必要はありません。実際、コントロールしようとするとかえって逆効果になります。ここで呼吸に注意を集中しようとするのは、息を吸ったり吐いたりする感じを意識するためです。

(ジョン・カバットジン『マインドフルネスストレス低減法』 春木豊 訳 北大路書房 p79)

 

レジの会計を待っている間にも、自分の呼吸に気づくようにしてみる。

呼吸によるマインドフルネス瞑想を行う

以上、今回の記事では、呼吸によるマインドフルネス瞑想が心身のバランスを整えるわけについて述べてみました。

ちなみに、呼吸によるマインドフルネス瞑想を行う際は、森林浴ができる公園や河川の近く、海辺など、自然を満喫できる場所のほうが、リラックスのためにより効果的です。

また、自然を満喫する機会がなくても、青信号やレジの会計を待っている間、自分の呼吸に気づくようにする習慣をもつことも、日頃から心身のバランスを整えるのに有効です。

 

忙しい時やイライラした時こそ、現在(いま)の瞬間に気づくために、10秒でも構わないのでマインドフルネス瞑想を行ない、<呼吸>に還るようにしてみてください。

 

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. 究極の発酵食品<醍醐>とは何か?
  2. 健康長寿のためには「ストレス」に対処せよー『テロメア・エフェクト』
  3. 『食物養生大全』は食事で現代病を解決していくための一冊。
  4. 食品添加物は腸内環境悪化の原因。
  5. 短鎖脂肪酸配合の乳酸菌発酵エキス「善玉元気」で腸をキレイに。

関連記事

  1. マインドフルネス瞑想はビジネスのための道具なのか?『光の中のマインドフルネス』

    仏教

    マインドフルネス瞑想はビジネスのための道具なのか?『光の中のマインドフルネス』

    当ブログでは令和の時代の健康と幸福のために、マインドフルネス瞑…

  2. マインドフルネスは関係性の中で活かすー『〈目覚め〉への3つのステップ マインドフルネスを生活に生かす実践 』
  3. 「気づく」とはどういうことか こころと神経の科学

    マインドフルネス

    『「気づく」とはどういうことか』はマインドフルネスに関心がある方にオススメ。

    当ブログでは、令和の時代の心と身体の健康のために、マインドフル…

  4. 【悟り】は本当に必要なのか?ー『なぜ今、仏教なのか』3

    仏教

    現代に【悟り】は本当に必要なのか?ー『なぜ今、仏教なのか』3

    瞑想によって悟ることは本当に必要なのでしょうか?今回は…

  5. 食事・運動・瞑想がうつを良くしていく

    うつ

    <食事・運動・瞑想>が【うつ】をやわらげていく理由とは?

    現代社会においては、毎日の生活のなかで、「うつ」の症状を一度は…

  6. うつの改善には瞑想が効果的

    うつ

    うつの改善には<いま>に気づく瞑想が効果的。

    今回は、瞑想がうつの改善に効果的な理由についてです。日…

特集記事

  1. 知腸内環境の改善が免疫力を高める
  2. 「天然の抗生物質」プロポリスの効果・効能が注目なわけ。
  3. 手作り「塩麹」で簡単・気軽に発酵生活。【作り方】
  4. アロエベラの効果・効能
  5. マヌカハニーの効果・効能

オススメ記事

  1. 食物繊維の効果・効能で腸内環境改善。
  2. 酵素サプリで病気の原因「消化不良」を防いで腸健康。
  3. 知っておきたい高品質なココナッツオイルの選び方とは?
  4. 三木成夫『内臓とこころ』から<心>とは何かを考える。
  5. ルーシー・M・ロング『ハチミツの歴史』から伝わる蜂蜜の魅力的…

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. 毎日のルイボスティーが病気を遠ざける

    ルイボスティー

    毎日のルイボスティー習慣が病気の多くを遠ざけるワケ。
  2. ビーポーレン(蜂花粉)がパーフェクトフードなわけ

    ビーポーレン

    ビーポーレン(蜂花粉)がパーフェクトフードなわけとは?
  3. 「カカオ」のメンタル面への効果やうつを予防する働きとは?

    カカオ

    <神様の食べ物>カカオの効果・効能が注目なワケ。
  4. プチゆるダイエットは「スーパーフード」で気持ちよく

    食事

    スーパーフードが体と心に良い効果をもたらしてくれるワケとは?
  5. 手作り「塩麹」で簡単・気軽に発酵生活。【作り方】

    発酵食品

    手作り「塩麹」で簡単・気軽に発酵生活。【作り方】
PAGE TOP