大麦の食物繊維は腸内環境の改善と便秘予防に効果的

便秘の改善

大麦の食物繊維は腸内環境の改善と便秘予防に効果的

今回は食物繊維が豊富な大麦は、腸内環境の改善や便秘予防に効果的である、ということについて述べていきたいと思います。

近年、毎日の食事をスーパーマーケットやコンビニエンスストアで販売されている加工食品やファストフードで済ます方が増えてきているかもしれませんが、野菜や果物、海藻類などをほとんど口にせずに加工食品ばかりを食べていると、深刻な問題が生じてきます。

それは食物繊維の不足です。

食物繊維はヒトの酵素では消化できないため、小腸で吸収されずに大腸に送られるのですが、大腸に送られた食物繊維は腸内細菌のエサになったり、腸内の有害物質を吸着し、便のかさを増やして体外に排出したりします。

つまり、食物繊維は腸内細菌のバランスを整えたり、デトックス(毒出し)したりしてくれるのです。そういうわけで、食物繊維が不足してしまうと、反対に便秘や大腸がんなどの原因にもなってしまいます。

 

しかし、大麦は100g中、10gも食物繊維が含まれており、その量は精白米のおよそ20倍だとされているため、日頃の食生活に大麦をプラスすることは、生活習慣病予防や便秘の改善のためにオススメなのです。

しかも、10gのうち6gは水溶性の食物繊維で、約4gは不溶性の食物繊維だとされています。そのため、大麦は水溶性の食物繊維と不溶性の食物繊維のバランスが優れているといえます。

水溶性の食物繊維は糖質の吸収をゆるやかにしたり、腸内細菌のエサになることで腸内細菌のバランスを整えたりします。

 

一方、水に溶けにくい不溶性と呼ばれるものは、腸内の有害物質を吸着して体外に排出するデトックス効果や、腸の蠕動(ぜんどう)運動を刺激して便通を促す効果があります。

この水溶性の食物繊維と不溶性の食物繊維をバランスよく摂っていくことが腸内環境を改善するための秘訣なのですが、大麦はどちらもバランスよく含まれているため、食物繊維の不足を補うのに最適な食材だといえます。

 

「スーパー大麦 バーリーマックス」は大麦の食物繊維の効果をより追求したい方オススメ。

スーパー大麦 バーリーマックス

大きめのスーパーや健康食品の専門店には、大麦を粉末状にしたものが売られていたりするので、そのような商品を利用するのもお勧めですが、大麦の食物繊維の効果をより追求したい方は、「スーパー大麦 バーリーマックス」が特にオススメです。

 

なぜなら「スーパー大麦 バーリーマックス」は、オーストラリア連邦科学産業研究機構が10年かけて品種改良して開発して非遺伝子組み換えの高機能大麦であり、 6種類ある食物繊維の内、4種類もの天然の食物繊維をバランスよく含んでいるからです。

しかも「スーパー大麦 バーリーマックス」には、「レジスタントスターチ」(難消化性でんぷん)が豊富に含まれているほか、βグルカンやフルクタンといった食物繊維も含有しています。これら3種類の食物繊維(レジスタントスターチ、βグルカン、フルクタン)が、発酵速度の違いにより段階的に「腸の奥」まで届けてくれます。

 

なお、この「スーパー大麦 バーリーマックス」は、最初から蒸してあって柔らかいため、ご飯やサラダなどにプラスするだけで、美味しく食べることができます。

 

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. MCTオイルはサラダ油の代わりに摂りたいヘルシーオイル。
  2. 生ローヤルゼリーの健康効果が心と体にオススメなわけ。
  3. うつをやわらげていくための食事の3つのポイントとは?
  4. ATPはミトコンドリアによるエネルギー通貨。
  5. うつをやわらげるには身体をゆるめる。

関連記事

  1. 長谷川恵『腸内環境を変えたい人はアロエベラを食べなさい』

    腸内環境

    『腸内環境を変えたい人はアロエベラを食べなさい』から伝わるアロエパワー。

    今回は『腸内環境を変えたい人はアロエベラを食べなさい』(長谷川…

  2. 乳酸菌より注目な「乳酸菌生産物質」の腸への効果とは?

    腸内環境

    乳酸菌より注目な「乳酸菌生産物質」の腸への効果とは?

    乳酸菌よりもその効果が注目されている「乳酸菌生産物質」について…

  3. 乳酸菌の効果・効能が健康維持に役立つワケ。

    乳酸菌

    乳酸菌の効果・効能が健康維持に役立つワケ。

    今回は乳酸菌の効果・効能が健康維持に役立つ理由について述べてい…

  4. 花粉症対策と腸内環境の関係とは?

    アレルギー・花粉症

    毎年つら~い花粉症の症状と腸内環境の関係とは?

    今回は、毎年のつらい花粉症の症状と腸内環境の関係についてです。…

  5. 腸科学 健康な人生を支える細菌の育て方

    腸内フローラ

    『腸科学 健康な人生を支える細菌の育て方』は食物繊維の大切さを学ぶのに最適。

    今回は今年ハヤカワノンフィクション文庫にもなった『腸科学 健康…

  6. 知っておきたい腸と脳の関係とは?【脳腸相関】

    腸内環境

    知っておきたい腸と脳の関係とは?【脳腸相関】

    腸内フローラのバランスを整えることで、腸の腸内環境を最良の状態…

特集記事

  1. 呼吸はいつも、今・ここにある【呼吸に還るマインドフルネス】
  2. 「天然の抗生物質」プロポリスの効果・効能が注目なわけ。
  3. 「カカオ」のメンタル面への効果やうつを予防する働きとは?
  4. アトピーを治していくために続けていきたい生活習慣
  5. 話題の乳酸菌が16種類・500億個の「乳酸菌革命」とは?

オススメ記事

  1. 『縄文人の世界観』から知る古代日本の叡智。
  2. うつを治していくための糖質制限とは?
  3. ルーシー・M・ロング『ハチミツの歴史』から伝わる蜂蜜の魅力的…
  4. ココナッツオイル&ギーでスキンケア&乾燥肌対策。
  5. 大地とつながるアーシングが慢性的な体の不調を癒す。

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. 知腸内環境の改善が免疫力を高める

    酵素ドリンク

    ダイエットに効果的!酵素ドリンクでのプチゆる断食。
  2. なぜ今、発酵生活が現代人のライフスタイルに必要なのか?

    発酵食品

    なぜ今、発酵生活が現代人のライフスタイルに必要なのか?
  3. 毎日のルイボスティーが病気を遠ざける

    ルイボスティー

    毎日のルイボスティー習慣が病気の多くを遠ざけるワケ。
  4. ダイエットしないで健康的に痩せるための方法とは?

    痩せ菌ダイエット

    ダイエットしないで健康的に痩せるための方法とは?
  5. 話題の乳酸菌が16種類・500億個の「乳酸菌革命」とは?

    乳酸菌

    人気の乳酸菌が16種類・500億個の<乳酸菌革命>とは?
PAGE TOP