こまめな日光浴はエネルギー不足の解消に効果的。【うつ対策】

日光浴

こまめな日光浴はエネルギー不足の解消に効果的。【冬のうつ対策】

エネルギー不足を補うためには、普段からこまめな日光浴を行うのが効果的

日頃から心身の健康のために太陽の光を十分に浴びる習慣をお持ちですか?

今回は、エネルギー不足を補うためには、普段からこまめな日光浴を行うのが効果的であるということについてです。

 

冬から春にかけての寒い季節は、気持ちが落ち込みがちになることも多いですが、特に「うつ」な気分の時は、何のやる気も起きず、屋内にこもりがちになってしまいます。

しかしそういう時こそ思い切って外に出て、わたしたち生命の源である太陽の光をしばらく浴びてみるのがオススメです。

なぜなら、細胞内のミトコンドリアがエネルギー通貨である「ATP」を作り出し、細胞の新陳代謝が促されるからです。

 

また、最低30分を目安に、日光を直接皮膚に浴びせれば、体がビタミンDを作り出してくれますし、さらにセロトニンや睡眠を促すホルモンである「メラトニン」が作られることにもつながるため、なんとなくやる気が出なかったり、夜ぐっすりと眠れなかったりする場合は、太陽が出ている午前中の時間帯にしっかりと日光浴を行うことが大切です。

太陽からエネルギーをもらうことで、体がぽかぽかと温まれば身体は元気になっていき、気分もポジティブな方向へ変化していきます。

しかも、からだが冷えていると気分もネガティブになりやすいですが、しばらく太陽からエネルギーをもらうことで、体がぽかぽかと温まれば身体は元気になっていき、気分も良くなってポジティブな方向へ変化していきます。

 

特に冬は、日照時間が短く、ただでさえエネルギー不足に陥りやすいので、朝や昼の間、もし快晴で太陽の日差しが地上に降り注いでいたら、太陽光からエネルギーをチャージするつもりで、積極的に日光浴を行ってみるのがオススメです。

 

そのほか、「エネルギー不足」を防ぐという意味では、何事も頑張りすぎず、無理し過ぎず、疲れたら仰向けになって骨休めすることも大切です。

 

今回は、エネルギー不足を補うためには、普段からこまめな日光浴を行うのが効果的であるということについて述べてみましたが、「うつ」でなかなか元気が出ない場合は、午前中の時間帯などに、しばらく太陽の光を浴びてみてはいかがでしょうか?

 

うつの予防対策には、食事・運動・瞑想といった生活習慣が大切です。

食事・運動・瞑想

 

 

当ブログ管理人が書いた『食事・運動・瞑想で「うつ」な気分をよくする生き方 自分を大切にするためのセルフケア習慣』、Amazon Kindleで販売中です(^^♪

食事・運動・瞑想で「うつ」な気分をよくする生き方

 

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. 水素水の抗炎症効果と抗アレルギー作用がアンチエイジングに注目なわけとは?
  2. 生きることの幸福を粘り強く考えるー『生き方と哲学』2
  3. ミトコンドリアを元気にするための方法とは?【より健康になるための生活習慣】
  4. 腸内細菌のバランスが健康維持のためにすごく大切なわけ。
  5. 『抗生物質と人間』から考える微生物とのつき合い方。

関連記事

  1. クリスタルボウルの音は「うつ」な気分の時にオススメ。【不眠症対策にも】

    うつ

    クリスタルボウルの音色は「うつ」な気分の時にオススメ。【不眠症対策にも】

    当ブログでは令和の時代のセルフケアについて述べていますが、今回…

  2. うつをやわらげるには身体をゆるめることが大切

    うつ

    うつをやわらげるには身体をゆるめる。

    当ブログでは人生100年時代のセルフケアについて述べていますが…

  3. エネルギー不足が「うつ」の原因のひとつである理由とは?

    メンタルヘルス

    エネルギー不足が「うつ」の原因のひとつである理由とは?

    毎日仕事や家事、育児などで頑張りすぎたり無理しすぎたりしてはい…

  4. 日光浴・ビタミンD・メラトニンが慢性炎症を抑える理由とは?

    日光浴

    日光浴・ビタミンD・メラトニンが慢性炎症を抑える理由とは?

    普段から健康のために日光浴をされていますか?今回は日光…

  5. 言葉のチカラが「うつ」な気分を良くするワケとは?

    言葉

    コトバのチカラが「うつ」な気分を良くするワケとは?【ネガティブ言葉をポジティブに】

    「つらい」「いやだ」「最低最悪」「出来ない」「もうダメだ」とい…

  6. 腸内環境

    「心の不調」と腸・皮膚・筋肉の関係とは?『腸・皮膚・筋肉が心の不調を治す』

    今回は「心の不調」と腸・皮膚・筋肉の関係についてです。…

特集記事

  1. ギー(Ghee)の効果・効能で油を変える健康生活。
  2. 短鎖脂肪酸の効果・効能
  3. 『無常の瞬間の記憶 広瀬川風景写真集』 Kindle出版のお知らせ。
  4. なぜ今、発酵生活が現代人のライフスタイルに必要なのか?
  5. 森林浴×マインドフルネスでこれからの健康管理

オススメ記事

  1. 生はちみつがこれからの糖質制限にオススメなわけ。
  2. 『運力 あなたの人生はこれで決まる』で好運を引き寄せるには?…
  3. 腸内フローラ/腸内環境が悪化する5つの要因とは?
  4. 知っておきたい『サーファーに花粉症はいない』わけとは!?【2…
  5. 「小さな習慣」なら本当の習慣に育てることができるワケ。-『小…

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. 体が硬い人ほど【ゆっくりヨガ】でからだを観察&マインドフルネス。

    マインドフルネス

    体が硬い人ほど【ゆっくりヨガ】でからだを観察&マインドフルネス。
  2. 短鎖脂肪酸の効果・効能

    腸内細菌

    短鎖脂肪酸の効果・効能は腸内細菌の万能薬!?
  3. 『食事・運動・瞑想で「うつ」な気分を良くする生き方』「はじめに」を無料公開。

    電子書籍

    『食事・運動・瞑想で「うつ」な気分を良くする生き方』Kindle本販売のお知らせ…
  4. 呼吸はいつも、今・ここにある【呼吸に還るマインドフルネス】

    マインドフルネス

    呼吸はいつも、今・ここにある【呼吸に還るマインドフルネス】
  5. 腸内環境・腸内フローラの改善方法

    生活習慣

    腸内環境・腸内フローラを効果的に改善する方法とは?【腸活・菌活】
PAGE TOP