日光浴・ビタミンD・メラトニンが慢性炎症を抑える理由とは?

日光浴

日光浴・ビタミンD・メラトニンが慢性炎症を抑える理由とは?

日光浴・ビタミンD・メラトニンが慢性炎症を抑える理由とは?

普段から健康のために日光浴をされていますか?

今回は日光浴によるビタミンDの生成とメラトニンが慢性炎症を抑えるということについて述べていきたいと思います。

 

慢性炎症については以前の記事でも書いたことがありましたが、慢性炎症は糖尿病や肥満症などの生活習慣病や、認知症、がん、ストレスが関係してくるうつやアトピーなどの原因になっていると考えられます。

また、何となくイライラしたり、調子が悪かったり、思ったように元気が出なかったりするのも、この慢性炎症が関係していると思われます。

 

さらに慢性炎症は老化をも加速させますが、ビタミンDやホルモンの一種であるメラトニンは、慢性炎症を抑える働き・抗炎症作用や細胞の老化を防ぐ抗酸化作用をもつとされているのです。

 

ビタミンDは、カルシウムの吸収を促すだけではなく、炎症や免疫の調節、皮膚の健康維持などにも関わっているといいます。

このことに加えて、眠りを促すホルモンとして知られている「メラトニン」には、フリーラジカルや活性酸素を消去し、老化を防ぐ強い抗酸化作用があるとされています。

 

免疫力を高めて慢性炎症を抑えるためには、適度に日光浴を行う習慣が大切。

ビタミンDもメラトニンも、太陽の光を浴びる日光浴によって体内で作られます

ビタミンDもメラトニンも、太陽の光を浴びる日光浴によって体内で作られますので、慢性炎症を抑えるためには、1日に最低でも10~20分程度、日焼け止めを塗らず、直接肌に日光を当てることが大切になってきます。

もちろん、真夏は日差しが強すぎますので、ビタミンDもメラトニンの生成や肌の健康のためとはいえ、皮膚が焼けるほどの紫外線を長時間浴び続けることは良くありません。

 

そのため、季節ごとに日差しの強さを鑑みながら日光浴を行う必要がありますが、免疫力を高めて慢性炎症を抑えるためには、紫外線を理由に太陽の光をむやみやたらと避けるのではなく、適度に日光浴を行う習慣をもったほうが良いと考えられます。

 

また、パソコンやスマートフォンなどが発せられる「ブルーライト」を夜に浴びると、メラトニンが分泌されにくくなるので、夜遅くまでパソコンやスマートフォンの画面を見続けるのは避けた方が良いといわれています。

さらに、夜の明かりは白色のLED照明ではなく、暖かな感じがする電球色に変えてみるのも入眠のためにお勧めです。

 

そのほか、以前の記事でも書きましたが、日頃から適度に日光浴を行うようにする習慣は、花粉症対策としても有効だと思われます。

 

ご訪問、ありがとうございます。

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. エネルギー不足が「うつ」の原因のひとつである理由とは?
  2. 「生活習慣」はアトピーを治していくためのキーワード。
  3. 『「腸の力」であなたは変わる』で現代病予防。
  4. 「ウォーキング」は肥満/コロナ太りを解消するために注目の運動。
  5. 知っておきたい高品質なココナッツオイルの選び方とは?

関連記事

  1. 心身を蝕む「キラーストレス」が怖いのは本当

    うつ

    心身を蝕むキラーストレスが怖いのは本当なわけ。

    当ブログでは令和の時代の健康と幸福について書いていますが、今回…

  2. こまめな日光浴はエネルギー不足の解消に効果的。【うつ対策】

    日光浴

    こまめな日光浴はエネルギー不足の解消に効果的。【冬のうつ対策】

    日頃から心身の健康のために太陽の光を十分に浴びる習慣をお持ちで…

  3. 太陽光を気持ちよく浴びることはアトピー改善のための生活習慣としてオススメ。

    日光浴

    太陽光を気持ちよく浴びることはアトピー改善のための生活習慣としてオススメ。

    日光浴を行うことはアトピー性皮膚炎の改善や予防に効果的なのでし…

  4. 濡れた地面や海辺などを歩いた方が、電気が流れやすくなるために、よりアーシングに効果的

    アーシング

    なぜアーシングの効果は慢性炎症をやわらげるのか?

    今回は、アーシングの効果が慢性炎症をやわらげるわけについてです…

  5. 脳の炎症

    脳の炎症がうつの症状を引き起こす?

    当ブログでは令和の時代のセルフケアについて述べていますが、今回…

  6. 脳の炎症を抑えるための生活習慣

    「うつ」にも関わる【脳の炎症】を抑えるための生活習慣とは?

    当ブログでは令和の時代のヘルスケア&セルフケアについて考えてい…

特集記事

  1. ビーポーレン(蜂花粉)がパーフェクトフードなわけ
  2. マインドフルネス瞑想を始める理由とは何か?
  3. 殺菌・抗菌力が強いマヌカハニー。
  4. 本物のマヌカハニーの正しい選び方

オススメ記事

  1. 短鎖脂肪酸の効果・効能は腸内細菌の万能薬!?
  2. ひとさじのハチミツを舐めるベストタイミングとは?
  3. 『癒す心、治る力』から伝わる自然治癒力の可能性。
  4. なぜ【食事・運動・瞑想】が「うつ」な気分を良くするのか?
  5. 『はちみつ・ミトコンドリア・腸健康法 これからの免疫力を高め…

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. 話題の乳酸菌が16種類・500億個の「乳酸菌革命」とは?

    乳酸菌

    人気の乳酸菌が16種類・500億個の<乳酸菌革命>とは?
  2. 呼吸はいつも、今・ここにある【呼吸に還るマインドフルネス】

    マインドフルネス

    呼吸はいつも、今・ここにある【呼吸に還るマインドフルネス】
  3. 299種類もの栄養が注目なサジーの健康効果

    サジー(シーバックソーン)

    299種類もの栄養が注目なサジーの健康効果とは?
  4. 蜂蜜の栄養効果がミトコンドリアのエネルギーを生み出す

    ミトコンドリア

    🍯ハチミツの栄養効果がミトコンドリアのエネルギーを生み出すワケ。
  5. 『肥満を解消するためのマインドフルネス・ダイエット』Kindle販売のお知らせ。

    ミトコンドリア

    『肥満を解消するためのマインドフルネス・ダイエット』Kindle販売のお知らせ。…
PAGE TOP