ビーポーレン(蜂花粉)がパーフェクトフードなわけ

ビーポーレン

ビーポーレン(蜂花粉)がパーフェクトフードなわけとは?

ビーポーレン

今回は栄養豊富な「ビーポーレン」がパーフェクトフードである理由についてです。

スーパーフードとしても注目されているビーポーレンは、ミツバチ花粉、蜂花粉や花粉荷、花粉団子などとも呼ばれていますが、このビーポーレンとは、ミツバチが数百万個集めた花粉の粒を、蜜と混ぜて小さな球にしたもののことをいいます。

 

非加熱・無添加の純粋・天然・生はちみつや、プロポリスローヤルゼリーなどにも様々な栄養素が多く含まれていますが、このビーポーレン(蜂花粉・花粉荷)にも、ビタミンやミネラル、アミノ酸、酵素、糖質など様々な栄養素が豊富に含まれていることが知られています。

 

また、ビーポーレンはアルカリ性の食品であり、栄養豊富なビーポーレンを食生活に採り入れることで、花粉症をはじめとしたアレルギー症状を抑えるなど、様々な効果・効能が期待できるとされています。

そのため、ビーポーレンはスーパーフードのなかでも、「パーフェクトフード」とも呼ばれているほどなのです。

 

ビーポーレンに期待出来る栄養効果とは?

ビーポーレン

ビーポーレン(蜂花粉・花粉荷)に期待出来る栄養効果としては以下が挙げられます。

  • アレルギー反応を抑える効果
  • 抗酸化作用によるアンチエイジング効果
  • 疲労を回復する効果
  • ダイエット効果

 

まず、ビーポーレンにはヒスタミンの生産量を抑える働きがあるといわれているため、花粉症をはじめとしたアレルギー症状を抑える効果が期待されています。特に花粉症に悩まされている方は、試しにビーポーレンを摂ってみると良いかもしれません。

 

 

ビーポーレンはビタミンB群が豊富。

ビーポーレン(蜂花粉)

また、ビーポーレンは、ストレスや激しい運動によって生じる「活性酸素」による細胞の老化を防ぐ「抗酸化作用」が強いため、アンチエイジングや万病の予防、長寿の実現に効果的だと考えられます。

活性酸素」はある程度はからだにとって必要なものですが、増えすぎてしまうと、ミトコンドリアの機能低下をもたらし、遺伝子を攻撃することで、老化を促進させたり、病気の原因を作ったりします。

さらに、ビーポーレンにはビタミンB群が豊富に含まれているとされていますが、ビタミンB群には、ストレスを防ぐ効果や、肌の老化を防ぐ効果があるとされています。

 

ほかにも、ビーポーレンにはアミノ酸や各種ビタミン、ミネラルといった栄養素が豊富に含まれているため、体力や持久力を維持したり、からだの疲労の回復を早めたりするといわれていますし、消化に役立つ酵素群は、ダイエットにも役立つとされています。

 

ビーポーレンの食べ方は?

ビーポーレンとはちみつ

生のビーポーレン(蜂花粉・花粉荷)はそのままおやつとして食べることができますが、乾燥したものは、よく噛まないと栄養素の吸収率が下がってしまうとされています。

そのため、ビーポーレンはハチミツやヨーグルト、スムージーなどに溶かし込んで食べるのが一般的です。

 

またごくまれにアレルギー反応が出ることがあるとされていますので、初めて食べる方は、少量を口に入れてみることをおすすめします。

さらに1歳未満の子どもに食べさせることは避け、子どもに食べさせる場合は、5歳以上にしておいたほうが無難です。

 

ビーポーレン(蜂花粉)がパーフェクトフードなわけ

以上ここまで、ビーポーレン(蜂花粉)がパーフェクトフードなわけについて述べてきましたが、ビーポーレンの栄養効果が気になる方は、ビーポーレンを日々の生活に採り入れることで、これからの健康生活に役立ててみてはいかがでしょうか?

ちなみにビーポーレンはハチミツ専門店や健康食品の専門店、オンラインショップなどで購入することができます。

 

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. ゴジベリー(クコの実)のスーパーフード効果が注目なわけ。
  2. 肉食中心の食事は大腸がんの原因に!?
  3. ダイエットの成功の鍵は「ヤセ菌」を増やすこと。
  4. 『テロメア・エフェクト』が健康長寿のために大切なわけ。
  5. 『見えない巨人―微生物』から発酵・病気・環境を考える。

関連記事

  1. ヘンププロテインは現代人のための貴重なタンパク源

    ヘンプシード

    ヘンププロテインは現代人のための貴重なタンパク源。

    今回は、ヘンププロテインは現代人のための貴重なタンパク源である…

  2. キヌアの栄養効果がゆる糖質制限にオススメなわけとは?

    糖質制限

    キヌアの栄養効果がゆる糖質制限にオススメなわけとは?

    今回は栄養豊富なスーパーフードである「キヌア」を、ゆる糖質制限…

  3. ココウェルのココナッツオイルがイチオシなわけとは?

    ココナッツオイル

    ココウェルのココナッツオイルがイチオシなわけとは?

    良質なココナッツオイルを日々のライフスタイルにとりいれてみませ…

  4. ビーポーレン(蜂花粉)で花粉症緩和。

    アレルギー・花粉症

    みつばちのビーポーレン(蜂花粉)で花粉症対策。

    ミツバチが作り出すビーポーレンを花粉症対策に役立ててみませんか…

  5. アロエベラの効果・効能

    アロエベラ

    アロエベラの効果・効能が病気予防にイチオシなわけ。

    腸内環境の改善や美肌の実現に最適なスーパーフード「アロエベラ」…

  6. 【59種類の栄養】ユーグレナ効果が現代食の栄養不足を補うために最適なワケ。

    ユーグレナ

    【59種類の栄養】ユーグレナ効果が現代食の栄養不足を補うために最適なワケ。

    59種類もの栄養を含み、さらに栄養素の吸収率が高いユーグレナは…

特集記事

  1. 悟りの向こうにある真に幸福な生き方とは?ー苫米地英人『超悟り入門』
  2. ビーポーレン(蜂花粉)がパーフェクトフードなわけ
  3. 知って腸トクする【甘酒の効果・効能】毎日飲むことのメリットとは?
  4. 心身を浄化する瞑想「倍音声明」CDブック

オススメ記事

  1. 知っておきたい『水素分子はかなりすごい』理由とは?
  2. 生ハチミツはダイエットにも効果的。
  3. 「いい習慣」で脳を変えるためには正しいゴール設定が必要なわけ…
  4. マインドフルネス瞑想をすることの効能とは?-『「今、ここ」に…
  5. 『縄文人の世界観』から知る古代日本の叡智。

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. ダイエットの成功の鍵は腸内細菌の痩せ菌を増やすこと

    痩せ菌ダイエット

    ダイエットの成功の鍵は「ヤセ菌」を増やすこと。
  2. 呼吸&マインドフルネス瞑想で根本的なストレス対策。

    ストレス解消法

    根本的なストレス対策は呼吸&マインドフルネス瞑想で。
  3. BeeMeのマヌカハニーはハチミツ生活にオススメ

    ハチミツ

    BeeMeのマヌカハニーはハチミツ健康生活にオススメ。
  4. 299種類もの栄養が注目なサジーの健康効果

    サジー(シーバックソーン)

    299種類もの栄養が注目なサジーの健康効果とは?
  5. マインドフルネス瞑想のやり方・方法・注意点とは?

    マインドフルネス

    【マインドフルネス瞑想】を始めるためのやり方・方法・注意点とは?
PAGE TOP