歩く瞑想は現在(いま)と身体感覚を意識するのにオススメ。

身体

歩く瞑想は現在(いま)と身体感覚を意識するのにオススメ。

歩く瞑想は現在(いま)と身体感覚を意識するのにオススメ

心身のバランスを整えるために、マインドフルに歩く瞑想をこまめに実践してみませんか?

今回は、歩く瞑想・歩行瞑想が現在(いま)と身体感覚を意識するのにオススメなわけについてです。

 

当ブログでは健康維持や病気予防、ストレス対策のために、マインドフルネス瞑想の実践をお勧めしていますが、マインドフルネス瞑想というと、座ったまま行うのが一般的です。

しかし、普段から歩きながら行う「歩くヴィパッサナー瞑想」をこまめに実践することも、現在の瞬間を感じたり、自分の足裏感覚に気づいたりするのに効果的なのです。

 

まずは背筋を気持ちよく伸ばして立ち、立っていることと足裏に感覚があることを意識します。そのとき、立っていることや身体があるという感覚、呼吸している自分、足裏に感覚を確認できたら、「立っています」「感じています」と、言葉によって実況中継します。

次に、なるべくゆっくりと歩いていくのですが、片足を上げた際に、

「上げます、上げます、上げます」

足を下ろす時には、

「下げます、下げます、下げます」

と、余計な雑念が浮かばないように、心の中で実況中継していきます。

 

そして、足の裏をゆっくりと地面に着け、かかとやつま先といった足裏感覚を確認できたら、

「感じています、感じています、感じています」

と気づき(サティ)の実況中継を行ないます。

そうしたら、次はもう片方の足をゆっくりと上げていき、再び先程と同じように、「上げます、上げます、上げます」、足を下ろす時には、「下げます、下げます、下げます」と、余計な雑念が浮かばないように、心の中で実況中継していきます。

 

もし、途中から現在の瞬間や足裏感覚に集中できなくなり、頭の中が雑念だらけになってしまったら、一度歩くのをストップし、立ち止まって背筋を気持ちよく伸ばし、最初と同じように、「立っていること」や呼吸している自分に気づくようにします。

 

 足の裏のかすかな知覚を意識すると、常に移り変わる知覚の流れが心に満たされ、思考が入り込むすきがなくなる、ということがわかります。頭でっかちが解消され、どっしり根を下ろした感じがして、思考や感情に振り回されないようになります。足の裏まで意識を下ろしていくと、心がすっきりとして、不安が晴れていくのが感じられます。

(ジャン・チョーズン・ベイズ『「今、ここ」に意識を集中する練習 心を強く、やわらかくする「マインドフルネス」入門』 高橋由紀子 訳 日本実業出版社 p132)

 

ゆっくりと歩くことを意識してバランス感覚を養う。

ゆっくりと歩くことを意識してバランス感覚を養う。

この歩く瞑想・歩行瞑想を行う際のポイントは、なるべくゆっくり行うことです。

このように述べる理由は、出来るだけゆっくり歩くようにしてみると、普段から気持ちが前のめりになっていて早歩きをしている場合、「歩く」という何気ない行為が非常に難しく感じられるからです。

そのため、あえて毎日何気なく行っている「歩くこと」を意識することが大変重要になってきます。

 

また、太ももをいつもより少し高く上げてみると、片足立ちになるため、バランス感覚が必要になります。

もし、意識が現在に集中できておらず、頭に雑念が湧いたり、気持ちがどこか遠くにいってしまったりしていると、カラダのバランスがすぐに崩れて転んでしまいそうになってしまいます。

したがって、この「歩く瞑想」は、日頃からバランス感覚を養うのにも役立ちます。

 

なお、スリランカ上座部仏教のスマナサーラ長老による、この歩くヴィパッサナー瞑想の詳しい方法については、以下の通りです。

 

誰でもよく歩きますが、歩いているときにまわりを見たり、いろいろなことを考えたりしますから、身体と心は別々な場所にあります。しかし、歩く瞑想は足の動きを感じながら、実況中継で歩きます。自分に気持ちのよい歩幅で、実況中継しやすいスピードで歩きます。

(アルボムッレ・スマナサーラ『現代人のための瞑想法』 p171)

 

 まず、背筋を伸ばして、上半身をできるだけゆれないように保ちます。そして、足だけ動かします。そのとき、このように実況中継してみましょう。「右足、上げます、運びます、下ろします」。右足を下ろしてから、「左足、上げます、運びます、下ろします」。このシンプルな実況中継で心のなかに雑念妄想が現れないように、ガードしておいてください。徐々に上手になります。この瞑想は一時間やるのが理想的です。

(アルボムッレ・スマナサーラ『現代人のための瞑想法』 p171)

 

歩く瞑想はとりあえず実践することが何よりも大事。

歩く瞑想はとりあえず実践することが何よりも大事。

以上今回の記事では、歩く瞑想・歩行瞑想の方法について簡単に述べてきましたが、ぜひこの歩く瞑想を、自宅にある和室や廊下などで、現在の瞬間を意識したり、身体感覚を取り戻したりするためのトレーニングとしてこまめに実践してみてください。

ちなみにこの歩く瞑想は、スリランカ上座部仏教のスマナサーラ長老によれば、1日に1時間行うのが理想的だといいますが、忙しい場合は、15~30分程度を目安に、小さな習慣としてなるべく毎日行ってみても良いと思います。大切なのはとりあえず実践することなのです。

 

また、この歩く瞑想をしばらく行った後は、今度はゆっくりと座って慈悲の瞑想を実践してみるのも、より心が落ち着くためにオススメです。

 

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. 天然はちみつは身体と脳の疲労回復に効果的。
  2. 心と身体へのアプローチが「うつ」をやわらげる。
  3. 水素水と本当のアンチエイジングの関係とは?-『なぜ水素で細胞から若返るのか』
  4. 「アッカーマンシア ムシニフィラ」という痩せ菌を増やすには?
  5. 知っておきたい天然・生はちみつの美肌・美容効果。

関連記事

  1. 水と呼吸とマインドフルネス。

    呼吸

    水と呼吸とマインドフルネス。(呼吸に気づくための画像集)

    年末は忙しすぎてつい呼吸が浅くなってしまう。そういう時こそ、あえて呼吸…

  2. 呼吸&マインドフルネス瞑想で根本的なストレス対策。

    ストレス解消法

    根本的なストレス対策は呼吸&マインドフルネス瞑想がオススメ。

    普段から慢性的なストレスやイライラ、不安感や嫌悪感などに悩まさ…

  3. マインドフルネス瞑想の効能とは?-『「今、ここ」に意識を集中する練習』

    マインドフルネス

    マインドフルネス瞑想を実践することの効能とは?-『「今、ここ」に意識を集中する練習』

    マインドフルネス瞑想を実践するとどんな良いことがあるのか、ご存…

  4. 春の森林浴×マインドフルネスの感覚。

    森林浴

    春の森林浴×マインドフルネスの感覚。

    当ブログではこれからの真のヘルスケア&セルフケアについて考えていますが…

  5. 『マインドフルネス習慣で「今・ここ」を選ぶ生き方』

    電子書籍

    『マインドフルネス習慣で「今・ここ」を選ぶ生き方』増補・改訂しました(^^♪

    生きづらい時代のセルフケアのために、これから、<今・ここ>に気…

  6. ボディスキャンによるマインドフルネスでストレス低減。

    ストレス解消法

    ボディスキャンによるマインドフルネスは身体への気づきを深めるのにオススメ。

    身体が<ある>ことに気づくマインドフルネスを、毎日の生活にとり…

特集記事

  1. 2020年冬の風邪/インフルエンザ/新型コロナウイルス対策はハチミツで。
  2. ミトコンドリアを増やすための生活習慣とは?
  3. 森林浴×マインドフルネスでこれからの健康管理
  4. 『はちみつ・ミトコンドリア・腸健康法 これからの免疫力を高める生き方』

オススメ記事

  1. 大地とつながるアーシングが慢性的な体の不調を癒す。
  2. 「いい習慣」で脳を変えるためには正しいゴール設定が必要なわけ…
  3. マインドフルネス瞑想を実践することの効能とは?-『「今、ここ…
  4. うつを治していくための糖質制限とは?
  5. 武州養蜂園の花の露キッチンボトルは砂糖代わりに使える蜂蜜。

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. 短鎖脂肪酸の効果・効能

    腸内細菌

    短鎖脂肪酸の効果・効能は腸内細菌の万能薬!?
  2. 半日断食(ファスティング)は病気予防にオススメ

    断食(ファスティング)

    半日断食(ファスティング)が現代病予防にオススメなわけ。
  3. 便秘の改善

    食物繊維の効果・効能で腸内環境改善。
  4. ヘンプシードの免疫系に作用する働き

    ヘンプシード

    ヘンプシードは未来の健康のためのスーパーフード。
  5. 【ジャラハニーの効果・効能】ハチミツ生活のために知っておきたい。

    ハチミツ

    【ジャラハニーの効果・効能】ハチミツ生活のために知っておきたい。
PAGE TOP