不溶性食物繊維の効果効能

便秘の改善

腸のために知っておくべき水溶性と不溶性の食物繊維の違いとは?

水溶性と不溶性の食物繊維の違い

今回は、腸のために知っておくべき水溶性と不溶性の食物繊維の違いについてです。

近年話題になっている腸活や菌活といった腸内環境改善の実践には、食物繊維を積極的に摂ることが大切だと言われていますが、実は、食物繊維には水に溶けやすい水溶性の食物繊維と水に溶けにくい不溶性の食物繊維があります。

 

まず水に溶けやすい性質をもつ水溶性の食物繊維についてですが、水溶性食物繊維は、サラサラ・ネバネバしており、摂取すると腸内の水分に溶けてゲル状になる性質があるため、栄養素のうちの特に糖質の吸収をゆるやかにしたり、血糖値の急激な上昇やコレステロールの吸収を抑えたりするとされています。

また、腸内細菌のエサになることで腸内フローラのバランスを整えやすいのは水溶性の食物繊維だと言われており、この水溶性食物繊維の性質は、短鎖脂肪酸の生成にも役立ちます。

 

水溶性食物繊維の種類と豊富に含まれている主な食材

水溶性食物繊維の効果効能

その水溶性食物繊維が豊富に含まれている主な食材は、わかめ、昆布、モズク、寒天、らっきょう、ごぼう、イチゴ、アボガド、納豆、切り干し大根などです。

水溶性食物繊維の種類には、イチゴなどの果物に多いペクチン、こんにゃくに多いグルコマンナン、めかぶや昆布といった海藻類に多いフコイダンやアルギン酸、難消化性デキストリンなどがあります。

 

人生を変える賢い腸のつくり方

ちなみに医学博士の内藤裕二氏は『人生を変える賢い腸のつくり方』のなかで、水溶性食物繊維の効果効能として、

 

  • 「便を軟らかくして出しやすくし、便の状態を整える」
  • 「食物が腸内をゆっくりと通過することで消化・吸収の速度が遅くなる」
  • 「脂肪や糖分の吸収を緩やかにし、血糖値の急上昇を抑える」
  • 「余分な糖・脂質を体外へ排出する」
  • 「有用菌の栄養源となり、腸内の有用菌を増やして腸内環境を整える」

 

を挙げており、特に水溶性食物繊維のグァー豆酵素分解物に着目しています。

 

 

不溶性食物繊維の働きとは?

不溶性食物繊維の働きとは?

一方、水に溶けにくい不溶性食物繊維はザラザラ・ボツボツしているという性質があり、そのザラザラ・ボツボツした性質や、胃や腸で水分を吸収すると大きく膨らむことが、腸を刺激してぜん動運動を活発にしやすいといわれています。

また腸内で便のかさを増す働きがあるため、腸内の不要な残留物を体外に排出しやすいという特徴があります。

つまり、不溶性の食物繊維は便通を促しやすく、便秘の解消にも効果的だといえそうです。

 

さらに腸内の不要物や老廃物・毒素を吸着し、便として一緒に体外に排出するというデトックス効果もあります。

そのため、不溶性の食物繊維は、腸内細菌のエサにはならず、腸内環境をきれいにお掃除することで腸内環境を整える役割があるのです。

 

不溶性食物繊維の効果効能

この不溶性食物繊維の種類としては、セルロース、ヘミセルロース、リグニン、キチン、キトサンなどがあります。

不溶性食物繊維が豊富に含まれている主な食材としては、ごぼう、さつまいも、玄米、キヌア、チアシード、アボガド、大豆、納豆、切り干し大根、干ししいたけ、アーモンド、くるみ、落花生、ヘンプシードなどが挙げられます。

 

また、先程の医学博士の内藤裕二氏は『人生を変える賢い腸のつくり方』のなかで、不溶性食物繊維の効果効能として、

 

  • 「水に溶けにくく腸内で水分や老廃物などを吸収し、数倍に膨らむ」
  • 「便のかさを増して腸のぜん動運動を活性化し、便通を良くしてくれる」
  • 「腸内に接した有害物質や老廃物を体外に排泄し、大腸がんなどの予防に効果が期待できる」

 

を挙げています。

 

以上ここまで、水溶性と不溶性の食物繊維の違いについて述べてきましたが、医学博士の松生恒夫氏によれば、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の割合を2:1にすると、便秘の改善に良好な結果を生むといいますので、どちらの食物繊維もバランスに気をつけて摂るようにすることが大切だといえます。

なお、食物繊維の効果・効能についてはこちらの記事をご参照ください。

 

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. 知って得する【腸と皮膚】の関係とは?
  2. 『生命記憶を探る旅 三木成夫を読み解く』から進化を考える。
  3. なぜアーシングの効果は慢性炎症をやわらげるのか?
  4. 三木成夫『内臓とこころ』から<心>とは何かを考える。
  5. 知らなきゃ損する<にんじん>の栄養効果。

関連記事

  1. ハチミツ

    はちみつアロエベラの腸内環境を改善する効果がスゴイわけ。

    当ブログではハチミツとミトコンドリアで真の健康を実現する方法に…

  2. 知っておきたい腸と脳の関係とは?【脳腸相関】

    腸内環境

    知っておきたい腸と脳の関係とは?【脳腸相関】

    腸内フローラのバランスを整えることで、腸の腸内環境を最良の状態…

  3. 私たちと共生している腸内細菌の役割とは?

    腸内フローラ

    私たちと共生している腸内細菌の役割とは?

    今回は腸内細菌の役割や働きについてです。私たちの腸内に…

  4. ヨーグルトメーカーでの「手作り甘酒」で腸イイ発酵生活【作り方】

    甘酒

    ヨーグルトメーカーでの「手作り甘酒」で腸イイ発酵生活【作り方】

    腸は毎日健康的ですか? また、普段から便秘に悩まされてはいませ…

  5. 大麦の食物繊維は腸内環境の改善と便秘予防に効果的

    便秘の改善

    大麦の食物繊維は腸内環境の改善と便秘予防に効果的

    今回は食物繊維が豊富な大麦は、腸内環境の改善や便秘予防に効果的…

  6. SIBO(小腸内細菌増殖症)とは何か?

    腸内細菌

    腸内細菌が増えすぎる「SIBO(小腸内細菌増殖症)」とは?

    今回はSIBO(小腸内細菌増殖症)と呼ばれる小腸の病気について…

特集記事

  1. 『ホモ・デウス』は心の未来を見据えた書物【感想・書評】
  2. 酵素サプリで病気の原因「消化不良」を防いで腸を健康に。
  3. マヌカハニーの効果・効能
  4. 般若心経の【色即是空】を感じることが心身のバランスを整え、一日一日を幸福にする。にある
  5. 乳酸菌より注目な「乳酸菌生産物質」の腸への効果とは?

オススメ記事

  1. ココナッツオイル&ギーでスキンケア&乾燥肌対策。
  2. 『思考のすごい力』は自分の人生を劇的に変えるきっかけになる。…
  3. うつをやわらげていくための食事の3つのポイントとは?
  4. 無理してヤセる前に読みたい『知的アンチダイエット生活』【コロ…
  5. 知っておきたいマヌカハニーの効果・効能とは?

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. 乳酸菌発酵エキス「善玉元気」で腸内環境をキレイに

    サプリメント

    短鎖脂肪酸配合の乳酸菌発酵エキス「善玉元気」で腸をキレイに。
  2. 腸内環境・腸内フローラの改善方法

    生活習慣

    腸内環境・腸内フローラを効果的に改善する方法とは?【腸活・菌活】
  3. 酵素サプリで病気の原因「消化不良」を防いで腸を健康に。

    酵素

    酵素サプリで病気の原因「消化不良」を防いで腸健康。
  4. 知腸内環境の改善が免疫力を高める

    酵素ドリンク

    ダイエットに効果的!酵素ドリンクでのプチゆる断食。
  5. 蜂蜜の栄養効果がミトコンドリアのエネルギーを生み出す

    ミトコンドリア

    🍯ハチミツの栄養効果がミトコンドリアのエネルギーを生み出すワケ。
PAGE TOP