生活習慣でアトピーを治す

生活習慣

「生活習慣」はアトピーを治していくためのキーワード。

「生活習慣」はアトピーを治していくためのキーワード

今回は「生活習慣」はアトピーを治していくためのキーワードであるということについて述べていきたいと思います。

アトピーによる顔や肌の赤みや、かゆみが気になって仕方がないけれど、保湿剤などを一生懸命塗っても、なかなか外側からのケアだけでは、皮膚にでてくる赤みやかゆみは改善されない、と感じる方は意外と多いのではないでしょうか?

アトピー性皮膚炎によって皮膚が赤くなったり、かゆくなったりすることは、本当につらいものです。私自身も、顔やからだに赤みがひろがったことや毎日の皮膚の落屑によって、精神的にかなりつらい日々を送った経験があります。

 

では、アトピーの皮膚の赤みはなぜ起きてくるのでしょうか?

分かりやすくいえば、皮膚が赤くなるのは、からだのなかで「炎症」が起こっているからなのであり、このことは、何らかの異物に対して、からだの免疫機能が反応しているということでもあるのです。

アトピーの原因には、食べ物のなかのアレルゲンや化学物質、細菌、ダニやホコリなど、様々なものが挙げられますが、そういったものに対して、免疫が反応してしまうわけなのです。

 

つまり、アトピーはアレルギーの一種だとされていますが、広い意味では、血液の汚れなどの要因で炎症という症状が起こってしまっていることが、アトピーの大きな原因なのだと思われます。

 

生活習慣を変えることによって炎症の原因となるものを遠ざけていく。

自分のアトピーはこのままずっと治らないのではないか、と不安

そのため、アトピー性皮膚炎における炎症を少しでも抑えていくためには、食事などの生活習慣を変えることによって、炎症の原因となるものを遠ざける必要があると思われます。

ちなみにアトピーの治療に用いられるステロイド剤は、一時的に免疫を抑制することで、炎症を抑えるとされていますので、対症療法としては有効かもしれませんが、炎症が起こる原因をどうにかしない限り、アトピー性皮膚炎の根本的な治癒にはいたらないように思います。

 

もちろん、この記事でステロイド剤の使用を完全否定するわけではないのですが、本当の意味でからだで起こっている炎症を軽減していくためには、ステロイド剤を皮膚の患部に塗るだけではなく、ストレスの原因になるものを減らすなど、自分自身で日頃の生活習慣を変えていくしかないように思うのです。

医者に言われたとおり、いくらステロイド剤や保湿剤を塗ってもアトピーが治らない、顔や肌の赤みが消えない、と悩んでいる方はたくさんいらっしゃるのかもしれません。

また、もしかしたら自分のアトピーはこのままずっと治らないのではないか、と不安になっている方も多いのかもしれません。

 

アトピーだからといって自分ばかりを責める必要はない。

アトピーである自分ばかりを責める必要はない

ですが、よく言われることですが、アトピー性皮膚炎になる人が急増したのは、ここ数十年の間だといわれており、まだ都市化・工業化が進んでいなかった頃には、アトピーになる人はあまりいなかったとされているのです。

ところが、近年は、加工食品の多くに何種類もの食品添加物が当たり前のように使われていますし、洗剤、スキンケア用品、消臭剤などにも、からだにとっては不自然な化学物質が経皮毒として、たくさん入りこんできます。

要するに体のなかに毒素が溜まってしまっており、その毒素をからだが排出しきれないことが、からだの内側からアトピーが起こってくる原因のひとつだと考えられるのです。

 

けれども、からだに不要物が溜まってしまっているからといって、自分のこれまでの生活習慣を責める必要はありません。なぜならアトピーは個人の責任というよりも、アトピーになりやすい環境になってしまっている現代社会のほうに問題があると思われるからです。

つまり、アトピー性皮膚炎だからといって、アトピーである自分ばかりを責める必要はないということなのです。

 

しかし、だからといって、アトピーを自分以外の何かのせいにしていても何も始まらないように思います。

したがって、からだの内側から起こっている炎症を抑えていくためには、日頃の生活習慣を、健康な皮膚を取り戻すという思いから、自らの意志で変えていくというアプローチが重要になってくると、私自身は感じるのです。

 

生活習慣をいきなり変えるのは難しい理由

生活習慣をいきなり変えるのは難しい理由

ところが、生活習慣を変えるといっても、今までの生活習慣をいきなりガラリと変えるというのは難しいかもしれません。

なぜなら「生活習慣」とは、いちいち考えなくても、日頃、当たり前のように何気なくやっていることの集まりだからです。

そのため、これまでの生活習慣を頑張って変えようとしても、気がつくと、もとの生活習慣に戻ってしまっている可能性が高いのです。

したがって、「生活習慣を変える」といっても大切なのは、何もかも生活習慣を変えようとして頑張ることではありません。

 

自分のアトピーと関係していそうな生活習慣を自分で変えたいと思って変えてみる。

生活習慣を自分で変えたいと思って変えてみる

それよりも、まずは、自分でこれまでの生活習慣を振り返り、出来る範囲で、アトピーと関係していそうなものに対して、自分からあえて距離を置いてみることが重要なのです。

その際、より大切なことは、まずは3割程度、自分のアトピーと関係していそうな生活習慣を、自分で変えたいと思って、変えてみることなのです。

 

どのような生活習慣を送っているかは人それぞれですので、「この生活習慣を正せばアトピーは治る」と明言することは出来ませんが、栄養バランスの悪い食生活や生活リズムの乱れ、運動不足、睡眠不足、長時間のパソコンやスマートフォンの使用などは、どこかでアトピー性皮膚炎の症状と関係しているかもしれません。

 

また、日頃の生活習慣を見直すことで、炎症が起こりにくい体に変えていくことは、アトピーの治療のためにステロイド剤を使用していた場合、そのステロイド剤をだんだん弱いものに代えていくということでもあるのです。

もちろん、生活習慣を変えたからといって、すぐに炎症が抑えられるわけではありません。

なぜなら、炎症はこれまでの自分の生活習慣の蓄積によって起こっていると考えられるからです。

したがって、炎症が抑えられていくタイミングはからだのほうが決めるのであり、自分自身ではいつ皮膚から赤みが消えるかは分からないのです。

 

大切なのはアトピーが良くなるような生活習慣を地道に我慢強く続けること。

大切なのはアトピーが良くなるような生活習慣を地道に我慢強く続けること。

そのため、炎症が引いたと思えた日があったとしても、次の日にはまたぶり返すこともありますので、皮膚の炎症のことで一喜一憂することは多々あります。

ですが、炎症が起こるということは、カラダが自分の体を治そうとしている結果であり、その炎症が起こらなくても良いように気をつける生活習慣を数か月、半年、一年と続けていけば、次第に皮膚の炎症も治まってきます。

このあたりのことは多くの方にとって半信半疑かもしれませんが、私自身が経験してきたことです。

 

以上ここまで、「生活習慣」はアトピーを治していくためのキーワードであるということについて述べてきましたが、

  • 余計なストレスをなるべく減らす
  • 食事の栄養バランスに気をつける
  • 無理しない程度に運動を行う
  • 多少かゆくてもなるべく気持ちのよい汗をかくようにする
  • 笑える時は思いっきり笑うようにする
  • 自分が楽しいと思えることに熱中する

 

など、時に我慢強く、地道に炎症が起きないような生活習慣を続けていれば、アトピーは(少なくとも以前よりは)必ず良くなっていくと、私自身、確信しています。

また、『小さな習慣』という本に書かれている通り、いきなり何もかも変えようとするのではなく、食事や運動に関して、最初の目標設定をなるべく小さくすることが、新しく始めた習慣を長続きさせる秘訣です。

アトピーを治していくために大切なこと

ちなみに、アトピーを治していくために大切なこととして考えられるのは、シンプルに整理すると、以下のようになります。

  1. 腸内環境を改善する
  2. 血液をきれいにする
  3. 新陳代謝を良くする

 

そしてそのために具体的に必要なことは、以下のようなことだと思われます。

 

なお、アトピー性皮膚炎の症状に関しては、原因や症状についても個人差があるため、この記事の内容が、どなたにとっても100パーセント正しいわけではありません。そのため、この記事の内容は、アトピーを少しでも良くしていくための参考程度に止めておいていただければ幸いです。

また、この記事内容が少しでも、アトピー性皮膚炎に悩んでいる方の症状の改善のお役に立てれば、大変嬉しく思います。

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. 感覚をマインドフルに観察することは反応しない練習ー『なぜ今、仏教なのか』2
  2. 便秘を解消していくための生活習慣とは?
  3. 低GIのアカシアはちみつでゆるやかな糖質制限。
  4. 知っておきたい黒酢の効果・効能とは?
  5. 鉄分とルチンが豊富なそば蜂蜜の効果・効能とは?

関連記事

  1. 「今、ここ」に意識を集中する練習 心を強く、やわらかくする「マインドフルネス」入門

    マインドフルネス

    マインドフルネスの効果「ない」をアリに変えるには?

    マインドフルネス瞑想を試しに始めてみたけれど「効果なし」だった…

  2. 習慣は自分の人生を「理想郷」にするために大切ー『人生を変える習慣のつくり方』

    生活習慣

    習慣は自分の人生を「理想郷」にするために大切ー『人生を変える習慣のつくり方』

    2020年、新しい時代の幕開けをきっかけに、新しい習慣を始めて…

  3. 小さな習慣にモチベーションはいらないワケとは?-『小さな習慣』2

    生活習慣

    小さな習慣に「モチベーションはいらない」わけとは?-『小さな習慣』2

    今回は前回に引き続き 『小さな習慣』(スティーヴン・ガイズ 著…

  4. ルイボスティーでアトピーを改善する

    ルイボスティー

    ルイボスティーでアトピー改善生活。

    当ブログではハチミツとミトコンドリアで真の健康を実現する方法について書…

  5. 9割の医者が知らない正しいアトピーの治し方

    アトピー

    『9割の医者が知らない正しいアトピーの治し方』から考える脱ステロイド。

    今回は『9割の医者が知らない正しいアトピーの治し方』という本を…

  6. テロメアの短縮をもたらす「ストレス」への対策にはマインドフルネス瞑想が有効

    生活習慣

    『テロメア・エフェクト』が健康長寿のために大切なわけ。

    今回この記事では、2017年に発売された『細胞から若返る! テ…

特集記事

  1. ダイエットの成功の鍵は腸内細菌の痩せ菌を増やすこと
  2. 手作り「塩麹」で簡単・気軽に発酵生活。【作り方】
  3. 知って腸トクする【甘酒の効果・効能】毎日飲むことのメリットとは?
  4. 「天然の抗生物質」プロポリスの効果・効能が注目なわけ。

オススメ記事

  1. 天然ハチミツがうつの予防対策に役立つわけとは?
  2. 1分間のマインドフルネス瞑想がうつを遠ざける。
  3. 「酵素」は毎日の健康を目指していくために大切な存在。
  4. 天然はちみつ「マヌカハニー」で免疫力アップ。
  5. マインドフルネス瞑想を長く続けるためのポイントとは?

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. そもそも免疫力とは何か?

    ミトコンドリア

    そもそも免疫力とは何か?【健康のために知っておきたい】
  2. 話題の乳酸菌が16種類・500億個の「乳酸菌革命」とは?

    乳酸菌

    人気の乳酸菌が16種類・500億個の<乳酸菌革命>とは?
  3. ミトコンドリアを増やすための生活習慣とは?

    ミトコンドリア

    ミトコンドリアを増やすための生活習慣とは?【健康のために知っておきたい】
  4. 便秘の改善

    食物繊維の効果・効能で腸内環境改善。
  5. 『肥満を解消するためのマインドフルネス・ダイエット』Kindle販売のお知らせ。

    ミトコンドリア

    『肥満を解消するためのマインドフルネス・ダイエット』Kindle販売のお知らせ。…
PAGE TOP