生食と加熱食の割合は6対4が良い理由

加工食品

生食と加熱食の割合は6対4が良い理由。

生食と加熱食の割合は6対4が良い理由

今回は生食と加熱食の割合は6対4が良い理由についてです。

テレビのCMやインターネット広告などで、「酵素」が含まれた健康食品が体に良いと宣伝されていますが、代謝のために働く酵素は、必要に応じて、体内でその都度つくられるので、食べ物から補充することはできません。

このあたりのことについては、前々回の記事「「酵素」は毎日の健康を目指していくために大切。」でも述べましたが、しかし、かといって、果物や野菜、発酵食品やハチミツなどに含まれている食物酵素が、健康のためにまったく役に立たないのかといえば、そうではないように思います。

 

このことに関して、たとえば、酵素栄養学の祖であるエドワード・ハウエル博士は、「自然はすべての生の食べ物のなかに、人間が消化しやすいように、最終的には人間の体外でも分解できるように、正しく、バランスのとれた大量の食物酵素を入れてくれている」と述べています。

そして、大根や山芋や生姜、りんごやパイナップルやバナナといった野菜や果物には消化酵素が豊富に含まれていますし、納豆や味噌、ぬか漬けなど、日本が誇る伝統食の発酵食品にも消化を助けてくれる酵素が含まれています。

納豆や味噌など発酵食品にも消化を助けてくれる酵素が含まれている

これらの食物酵素が含まれた食材はどれも、体内に摂り入れた際、消化管に負担をかけないよう、あらかじめ消化されやすいようになっているのです。

ところが酵素は熱に弱い性質があり、48℃を超えると次第に壊れ始めていくため、加熱食や加工食品には食物酵素は含まれていません。

また、手軽で便利な加工食品には、食品添加物や人工甘味料、トランス脂肪酸など、体内の酸化や糖化、慢性炎症などに関係してくるものが含まれている場合が多いことは、留意しておく必要があるように思います。

 

生食だけではなく加熱食も摂ったほうがよい理由とは?

生食だけではなく加熱食も摂ったほうがよい理由とは?

もちろん、この記事では、火を通した加熱食自体が体に悪いと述べたいわけではありません。

食材によっては、加熱することにより、細菌の繁殖を防いだり、栄養価が高くなったり、消化しやすくなったりする、といったメリットもあるため、決して、加熱食の代わりに、食物酵素が含まれた生の食材だけを摂るようにすることを勧めているわけではないのです。

このことに関しては、たとえば日本における酵素栄養学の第一人者である鶴見隆史氏も、『「酵素」の謎 なぜ病気を防ぎ、寿命を延ばすのか』のなかで、生食と加熱食の割合は6対4が良いとしています。

 

その理由としては、現代においては生野菜や果物の栄養価は農薬やビニールハウスなどの影響で下がっており、酵素も少なくなっているため、生の野菜や果物だけでは栄養学的に満たされず、免疫力もつかないことを挙げています。

また、肉や魚、卵などの動物食にはアミノ酸やビタミンB12など、植物性の食品だけでは補いきれない栄養素が含まれていることも、その理由のひとつです。

さらに、極端な食事設定をしてしまうと、そのことがストレスになり、病気や消化不良の原因を引き起こすことになりかねないとしています。

 

そのほか、大根やしいたけなど加熱したり干したりしたほうが栄養価が高まる食材もあるため、加熱によって酵素の力が失われたとしても、生の野菜と併用することで、栄養面と消化面の両方を十分なものにすることが出来ると述べています。

 

日本人は刺身など、加熱しない方法で食事を摂る文化を持っている。

納豆や味噌、漬物や刺身など、加熱しない方法で食事を摂る文化

それに加え、日本人は特に納豆や味噌、漬物や刺身など、加熱しない方法で食事を摂る文化を持っており、そのことが長寿を支えてきたとも鶴見氏は述べています。

スーパーマーケットやコンビニエンスストアで販売されている手軽で便利な加工食品を、忙しいことを理由につい頼ってしまいがちになりますが、これからの健康に留意するならば、体に消化の負担をそれほどかけない食物酵素が含まれた非加熱の食材も、「6:4」を目標にバランスをとるようにして、毎日の食生活に採り入れていく必要があると感じます。

 

ただし、いきなり「生食6」「加熱食4」というのはハードルが高いので、まずは「生食4」「加熱食6」を目標にして、食事に果物や発酵食品など、食物酵素が含まれた非加熱の食品を取り入れてみてはいかがでしょうか?

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. 【腸と血液】の関係とは?ー『血液をきれいにして病気を防ぐ、治す』
  2. 村山友美『聴くだけで「引き寄せ」が起こるCDブック』が幸運を引き寄せやすくする。…
  3. 過度のストレスは腸内環境悪化の原因に。
  4. 【知っておきたい】腸の仕組みと働き。
  5. 知っておきたい【天然・生はちみつの効果・効能】とは?

関連記事

  1. 「うつ」を予防するための食事

    うつ

    「うつ」を予防するための食事のポイントとは?

    今回は「うつ」を予防するための食事について述べていきたいと思い…

  2. プチゆるダイエットは「スーパーフード」で気持ちよく

    食事

    スーパーフードが体と心に良い効果をもたらしてくれるワケとは?

    今回はスーパーフードが体と心に良い効果をもたらしてくれるワケに…

  3. いのちの働きを感じることがうつを解消していく。

    うつ

    いのちの働きを感じることがうつを解消していく。

    今回はいのちの働きを感じることがうつを解消していくということに…

  4. 玄米リブレフラワーの効果・効能は食養生にオススメ

    健康

    玄米リブレフラワーの効果・効能は食養生にオススメ。

    今回は玄米リブレフラワーをこれからの健康と食養生のためにオスス…

  5. アトピーを食事で治していく

    アトピー

    栄養バランスの良い食事はアトピーを治していくために大切。

    今回は食事・食生活を見直すことはアトピーを治していくために大切…

  6. 油のことで知っておきたい飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の違いとは?

    油・オイル

    オイル摂取で知っておきたい飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の違いとは?

    今回は、脂質・油の摂り方に関する、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の違…

特集記事

  1. ココナッツオイルの効果・効能がヘルシーライフに役立つわけとは?
  2. ギー(Ghee)の効果・効能で油を変える健康生活。
  3. 乳酸菌より注目な「乳酸菌生産物質」の腸への効果とは?
  4. ビーポーレン(蜂花粉)がパーフェクトフードなわけ
  5. 299種類もの栄養が注目なサジーの健康効果

オススメ記事

  1. マインドフルネス瞑想をアトピー改善に役立てるには?
  2. プチゆるダイエットは「スーパーフード」で気持ちよく。
  3. 「いい習慣」で脳を変えるためには正しいゴール設定が必要なわけ…
  4. ヘンプシードは未来の健康のためのスーパーフード。
  5. プロポリスに含まれる栄養素・成分は?

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. マヌカハニーの効果・効能

    ハチミツ

    知っておきたいマヌカハニーの効果・効能とは?
  2. 『ホモ・デウス』は心の未来を見据えた書物【感想・書評】

    進化

    『ホモ・デウス』は心の未来を見据えた書物【要約・書評】
  3. 大地とつながるアーシングが慢性的な体の不調を癒す

    ストレス解消法

    大地とつながるアーシングが慢性的な体の不調を癒す。
  4. 純粋国産はちみつ「Megumi-めぐみ」は非加熱天然

    ハチミツ

    純粋・生の国産はちみつ「Megumi-めぐみ」は非加熱天然でオススメ。
  5. なぜ今、発酵生活が現代人のライフスタイルに必要なのか?

    発酵食品

    なぜ今、発酵生活が現代人のライフスタイルに必要なのか?
PAGE TOP