瞑想での雑念は棚上げすることが大切ー『1日10秒マインドフルネス』

マインドフルネス

瞑想での雑念は棚上げすることが大切ー『1日10秒マインドフルネス』

雑念は棚上げすることが大切ー『1日10秒マインドフルネス』

当ブログでは人生100年時代の真のヘルスケアについて述べていますが、今回は、瞑想での雑念は棚上げすることが大切であるということを、以前の記事でご紹介した『1日10秒マインドフルネス』(藤井英雄 著 大和書房)を取り上げながら述べていきたいと思います。

 

当ブログでは、マインドフルネス瞑想ストレス対策のために毎日の生活習慣にしてみることをオススメしていますが、マインドフルネス瞑想を始めたばかりの頃は、すぐに雑念が浮かんできて、30分どころ5分も続けられない、という悩みが生じると思われます。

しかし、以前の記事で詳しく述べたのですが、マインドフルネス瞑想で雑念が浮かんでくるのは当たり前なのです。

そのため、浮かんでくるのは仕方ない「雑念」に対して、自分が「雑念が浮かんでいる」と気づくことがまず必要になってくるのですが、問題は、雑念に囚われている間は、「雑念が浮かんでいる」こと自体になかなか気づけないということだと思われます。

 

したがって、時計のタイマー機能などを利用して、いまマインドフルネス瞑想している最中だと気づくための仕掛けを作ってみることは、雑念に対処するためのひとつの手段だといえます。

 

雑念が浮かんできても「後で考える」と決めて瞑想を続けるための「棚上げ」とは?

雑念が浮かんできても「後で考える」と決めて瞑想を続けるための「棚上げ」とは?

ところで、この雑念への悩みについて、藤井英雄氏は『1日10秒マインドフルネス』のなかで、

「人は常に思考しています。瞑想によっていったん思考を止めてマインドフルネスになってもすぐに思考が戻ってきます。この思考が雑念です。雑念が現れるのは当たり前のことなのです」

としつつ、「棚上げ」というスキルを紹介しています。

 

もしマインドフルネス瞑想を実践している間に、「明日のプレゼンのためにやるべきこと」が思い浮かんできたら、

 

  • 「選択肢1……きっぱりと瞑想をやめて仕事をする。」
  • 「選択肢2……だらだらと瞑想を続けながらも頭の中でこれからやる仕事のことや段取りなどを考える」
  • 「選択肢3……棚上げする」

 

という3つの選択肢があるというのですが、このうち三つ目の「棚上げする」とは、

「「後で考える」と決めて瞑想の対象を感じることに全力を傾けるようにする」

ことだといいます。

 

ここで藤井英雄氏がいう「瞑想の対象」とは、「足の裏の感覚、鼻を通る空気、おなかのふくらみなど、そのときに意識している部分のこと」であり、瞑想の対象に「とにかく集中するのがコツ」だと述べています。

 

では、もしマインドフルネス瞑想を実践している間に思い浮かんできたことを忘れてしまったらどうすれば良いのでしょうか?

藤井氏は「棚上げして忘れてしまったならそれはたいしたことではありません」としています。

 

雑念の中にはマインドフルネスで冷静に客観視して対処する必要があるものも。

雑念の中には、マインドフルネスで冷静に客観視して対処する必要があるものも。

もちろん、もしマインドフルネス瞑想中に今すぐにしなければ取り返しのつかない事態に陥るであろう急な用事を思い出したら、「選択肢1」の「きっぱりと瞑想をやめて仕事」をしたほうが得策です。

また、ネガティブ思考ばかりが浮かんできた場合、「その対象となるべきものが何度も浮かんでくるということは、本当に棚上げしてはいけないものだということ」だとし、さらに「棚上げによって振り払っても戻ってくる心配事や不安感、イライラや怒りなどは実際に対処する必要がある」と藤井氏は述べています。

 

要するに、浮かんでくる雑念は全て棚上げして問題解決したつもりになるのではなく、雑念のなかには、目をそらさずにマインドフルネスで冷静に客観視し、対処する必要があるものも存在するということなのです。

 

とはいっても、(これは自分の経験ですが)突然浮かんでくる雑念の多くは、「今・ここ」に集中することの重要性に比べたら自分が思っているほど「たいしたことではない」場合が多いため、雑念が浮かんできて仕方がないという方は、「後で考える」と決めて瞑想の対象を感じることに全力を傾けるようにする」棚上げを、マインドフルネス瞑想中にぜひ心がけてみてください。

マインドフルネス瞑想をわざわざする目的は、藤井英雄氏がいうように、「「今、ここ」にいることに気づいて考えることをやめる。そうやって雑念という思考を手放す練習」をすることなのです。

 

またクリエイティブな仕事をされている方で、マインドフルネス瞑想中にひらめいたアイデアをどうしても忘れたくないという方は、手元にメモを用意して、忘れないうちに書きつけておき、再びマインドフルネス瞑想に集中するのも良いかもしれません。

 

以上今回の記事では、瞑想での雑念は棚上げすることが大切であるということを、以前の記事でご紹介した『1日10秒マインドフルネス』(藤井英雄 著 大和書房)を取り上げながら述べてみました。

 

 瞑想中に雑念に気づくのはよいことです。あるがままに出てくる雑念をマインドフルネスとなり、「今、ここ」にいることに気づいて考えることをやめる。そうやって雑念という思考を手放す練習をしています。

このスキルこそ「棚上げ」という方法なのです。この棚上げの力を鍛えることこそ、ここでの瞑想の目的の一つです。

(藤井英雄『1日10秒マインドフルネス』 p98~99)

 

 

 

 

当ブログ管理人が書いた『マインドフルネス習慣で「今・ここ」を選ぶ生き方 情報社会を生き抜くためのセルフケア』 AmazonのKindleストアで販売中です。

『マインドフルネス習慣で「今・ここ」を選ぶ生き方 情報社会を生き抜くためのセルフケア』

 

 

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. 21世紀・令和の健康実現は<バランス>が大切。
  2. ネクターフローのハチミツがおすすめなわけ。
  3. ボディスキャンによるマインドフルネスは身体への気づきを深めるのにオススメ。
  4. マインドフルネス瞑想を長く続けるためのポイントとは?
  5. <海苔(のり)の栄養効果>日本人なら知っておきたい。

関連記事

  1. 『ひとさじのはちみつ 自然がくれた家庭医薬品の知恵』

    ハチミツ

    『ひとさじのはちみつ』から伝わる蜂蜜の魅力。

    当ブログではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、…

  2. 鶴見隆史『食物養生大全』

    健康

    『食物養生大全』は食事で現代病を解決していくための一冊。

    今回は『食物養生大全 「食」による病気治しの考証』(鶴見隆史 …

  3. 大島直行『縄文人の世界観』

    縄文

    『縄文人の世界観』から知る古代日本の叡智。

    当ブログでは令和の時代の健康と幸福について書いていますが、今回…

  4. 水と呼吸とマインドフルネス。

    呼吸

    水と呼吸とマインドフルネス。(呼吸に気づくための画像集)

    年末は忙しすぎてつい呼吸が浅くなってしまう。そういう時こそ、あえて呼吸…

  5. 体の不調は「首こり」から治す、が正しい

    生活習慣

    「首こり」に気をつけることが心身を整え、うつも防ぐ。

    当ブログでは令和の時代のヘルスケア&セルフケアについて考えてい…

  6. マインドフルネス瞑想の効能とは?-『「今、ここ」に意識を集中する練習』

    マインドフルネス

    マインドフルネス瞑想をすることの効能とは?-『「今、ここ」に意識を集中する練習』

    マインドフルネス瞑想を実践することには、どんな良いことがあるの…

特集記事

  1. ビーポーレン(蜂花粉)がパーフェクトフードなわけ
  2. マヌカハニーの効果・効能
  3. 毎日のルイボスティーが病気を遠ざける
  4. 腸内環境・腸内フローラの改善方法
  5. 知って腸トクする【甘酒の効果・効能】毎日飲むことのメリットとは?

オススメ記事

  1. 生命力を高めるには『GO WILD 野生の体を取り戻せ!』が…
  2. 厳選!便秘の改善にオススメの3つの食品。
  3. マインドフルネスは関係性の中で活かすー『〈目覚め〉への3つの…
  4. 『AI原論 神の支配と人間の自由』の書評・要約 1
  5. 『なぜ今、仏教なのか』から「自然選択」と「妄想」の関係を考え…

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. 悟りの向こうにある真に幸福な生き方とは?ー苫米地英人『超悟り入門』

    仏教

    悟りの向こうにある真に幸福な生き方とは?ー苫米地英人『超悟り入門』
  2. 免疫力

    腸内環境の改善は免疫力を確実に高める。【腸活が免疫力をアップする理由】
  3. 「天然の抗生物質」プロポリスの効果・効能が注目なわけ。

    効果・効能

    「天然の抗生物質」プロポリスの効果・効能が注目なわけ。
  4. 短鎖脂肪酸の効果・効能

    腸内細菌

    短鎖脂肪酸の効果・効能は腸内細菌の万能薬!?
  5. 『食事・運動・瞑想で「うつ」な気分を良くする生き方』「はじめに」を無料公開。

    電子書籍

    『食事・運動・瞑想で「うつ」な気分を良くする生き方』Kindle本販売のお知らせ…
PAGE TOP