私たちと共生している腸内細菌の役割とは?

腸内フローラ

私たちと共生している腸内細菌の役割とは?

腸内細菌の役割・働き

今回は腸内細菌の役割や働きについてです。

私たちの腸内には100種類・100兆個以上もの腸内細菌が存在しており、その群生の様子はお花畑になぞらえて「腸内フローラ」と呼ばれています。では、この腸内フローラを構成する腸内細菌は、私たちの腸内でどのような役割を果たしているのでしょうか?

また、腸内細菌の働きにはどのようなものがあるのでしょうか?

ヒトの腸に生息する代表的な腸内細菌としては、ラクトバチルス、ビフィドバクテリウム、バクテロイデス、大腸菌、クロストリジウム、腸球菌、連鎖球菌などが挙げられます。

 

ちなみに腸内細菌は一般的に、人の健康のために良い働きをする善玉菌と、普段は悪さはしませんが増えすぎると健康に悪影響を与える悪玉菌、そして、そのどちらにも傾く日和見菌に分類されています。

腸内細菌の理想的なバランスは「善玉菌2:悪玉菌1:日和見菌7」だとされていますが、しかし、近年はそれぞれの菌が様々な役割を担っていることが解析技術によって分かってきているため、単純に「善玉菌=良い/悪玉菌=悪い」といったような旧来の図式は成り立たないとされています。

 

腸内細菌の役割・働きとは?

腸内細菌は腸内環境を正常な酸性に保つ働きをしてくれている

そして、それらの腸内細菌は私たちの知らないところで、日々、腸内の環境を正常な酸性に保つ働きをしてくれています。

例えば乳酸桿菌は乳酸を、ビフィズス菌は酢酸をせっせと生み出し、腸内環境が悪化して人体にとって有害な菌が増殖するのを防いでくれています。

また、食物の分解・消化に関わっています。さらに、体内の毒素や老廃物を体外に排出する解毒の役割もあります。

 

ビタミン・ホルモンの生成に関わる腸内細菌

腸内細菌の役割・働き

  1. 免疫機能の維持・免疫活性
  2. 食べ物の消化と分解
  3. 代謝
  4. 便の形成
  5. ビタミン類やホルモンの合成
  6. 必須アミノ酸の合成
  7. 有害物質の解毒
  8. 酵素の分泌
  9. 腸の蠕動(ぜんどう)運動の促進

 

ビタミン・ホルモンの生成に関わる腸内細菌

ビタミン・ホルモンの生成に関わる腸内細菌

腸内細菌の特に重要な役割としては、まずビタミン類の合成が挙げられます。

腸内細菌が作り出すビタミンは、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸、ビタミンKなどです。

そのため体内の特にビタミンB群を増やすには、サプリメントなどで補充するよりも、腸内細菌を増やして、腸内細菌に作らせたほうが良いとされています。

また、腸内細菌が合成するビタミンB群は、「セロトニン」や「メラトニン」、「ドーパミン」といった脳内神経伝達物質の生成に必要になるため、心の健康維持やうつの予防のためにも、腸内細菌のビタミンを合成する働きは非常に大切になってきます。

 

ちなみに、「セロトニン」の前駆物質も腸内細菌によって作られます。そのため、うつなどをはじめとした心の病気の予防のためにも、腸内細菌の役割や働きは大変重要になってくるのです。

それに加え、リラックス効果のあるGABA(γアミノ酪酸)の産生にも腸内細菌は関わっているといわれています。

さらに腸内細菌は免疫細胞に働きかけることで、免疫系を活性化させる働きもあります。そのため、腸内細菌のバランスを整えることは、免疫力を高めることに直結します。

 

腸内細菌は短鎖脂肪酸の生成にも関わる。

短鎖脂肪酸

それに加えて、腸内細菌は「短鎖脂肪酸」の生成にも関わっています。

この「短鎖脂肪酸」とは、腸内細菌が人間の消化酵素では分解しきれなかった炭水化物から作り出す、酢酸、酪酸、プロピオン酸などの総称のことです。

そしてこの短鎖脂肪酸は、大腸のエネルギー源になったり、大腸がんを予防したりするとされています。

 

また、短鎖脂肪酸には肥満細胞に余分なエネルギーが蓄積するのを防ぐ働きがあるため、肥満を予防したり、ダイエットしたりするのに役立つとされています(東京農工大学大学院・木村郁夫博士の研究)。

 

 短鎖脂肪酸とは、私たちが食べた食物繊維を腸内細菌が分解するときにつくる代謝産物だ。

腸内細菌がつくる主要な脂肪酸は三つ。酢酸、プロピオン酸、酪酸であり、排せつされるか結腸に吸収され、体の細胞のエネルギー源として使われる。

酪酸は結腸の内側をおおう細胞にとってもっとも重要な燃料であり、発がん抑制効果、抗炎症効果もある。

これらの脂肪酸の割合は腸内細菌の多様性や、食事のあり方に左右される。

デイヴィッド・パールマター 『「腸の力」であなたは変わる』 白澤卓二 訳 p196

 

日頃から健康を維持するためには腸内細菌のバランスが崩れないようにする。

日頃から健康を維持するためには腸内細菌のバランスが崩れないようにする

このように腸内細菌には、ビタミンやホルモン、短鎖脂肪酸の生成など、私たちの健康を維持するための様々な役割や働きがあるのです。

そして、この腸内細菌が私たちの腸内で十全に働けるようにするためには、腸内環境が悪化しないよう普段から腸内フローラを整えていくことが必要だと思われます。

そのため、腸内細菌のバランスが崩れないよう、日頃から発酵食品や腸内細菌のエサになる食物繊維乳酸菌オリゴ糖などを摂るようにしたり、運動不足や過剰なストレスを避けたりして、腸内環境や腸内フローラをバランスよく整えていくことが非常に大切になってくるのです。

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. 『お金2.0』で価値主義に生きる。
  2. マインドフルネスでやめられない習慣が断ち切れるワケとはー『あなたの脳は変えられる…
  3. 腸内環境の改善がアレルギーを緩和していく理由とは?
  4. ココナッツオイルを認知症予防に簡単に役立てるには?
  5. 『あなたの体は9割が細菌』から考える微生物の大切さ。

関連記事

  1. 今さら聞けないプロバイオティクスとプレバイオティクスの違いとは?

    腸内環境

    今さら聞けないプロバイオティクスとプレバイオティクスの違いとは?

    今回は今さら聞けないプロバイオティクスとプレバイオティクスの違…

  2. 乳酸菌より注目な「乳酸菌生産物質」の腸への効果とは?

    腸内環境

    乳酸菌より注目な「乳酸菌生産物質」の腸への効果とは?

    乳酸菌よりもその効果が注目されている「乳酸菌生産物質」について…

  3. 体調不調の原因「リーキーガット」を修復するイート・ダート・プログラム

    腸内環境

    土を食べろ!?ー『すべての不調をなくしたければ除菌はやめなさい』

    今回は『すべての不調をなくしたければ除菌はやめなさい』(ジョシ…

  4. 乳酸菌の効果・効能が健康維持に役立つワケ。

    乳酸菌

    乳酸菌の効果・効能が健康維持に役立つワケ。

    今回は乳酸菌の効果・効能が健康維持に役立つ理由について述べてい…

  5. 腸内環境

    『「腸の力」であなたは変わる』で現代病予防。

    今回はデイビッド・パールマター/クリスティン・ロバーグ氏の『「…

  6. 小腸を強くすれば病気にならない

    腸内環境

    『小腸を強くすれば病気にならない』でSIBO対策。

    今回は『小腸を強くすれば病気にならない 今、日本人に忍び寄る「…

特集記事

  1. マインドフルネス瞑想を始める理由とは何か?
  2. プチゆるダイエットは「スーパーフード」で気持ちよく
  3. ビーポーレン(蜂花粉)がパーフェクトフードなわけ
  4. 知腸内環境の改善が免疫力を高める
  5. ダイエットしないで健康的に痩せるための方法とは?

オススメ記事

  1. ハチミツでビジネス・仕事の合間のエネルギー補給。
  2. 武州養蜂園の花の露キッチンボトルは砂糖代わりに使える蜂蜜。
  3. RTRoomのルイボスティーは高品質でおすすめ。
  4. みやびの植物酵素100は活きた生酵素を手軽に摂るのにオススメ…
  5. 知って腸トクする【甘酒の効果・効能】毎日飲むことのメリットと…

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. ハチミツ

    【天然・純粋・生ハチミツの正しい選び方】毎日の健康のために知っておきたい。
  2. 知って腸トクする【甘酒の効果・効能】毎日飲むことのメリットとは?

    甘酒

    知って腸トクする【甘酒の効果・効能】毎日飲むことのメリットとは?
  3. ビーポーレン(蜂花粉)がパーフェクトフードなわけ

    ビーポーレン

    ビーポーレン(蜂花粉)がパーフェクトフードなわけとは?
  4. 腸内環境・腸内フローラの改善方法

    生活習慣

    腸内環境・腸内フローラを効果的に改善する方法とは?【腸活・菌活】
  5. 299種類もの栄養が注目なサジーの健康効果

    サジー(シーバックソーン)

    299種類もの栄養が注目なサジーの健康効果とは?
PAGE TOP