食べ過ぎは腸内環境を悪化させる

腸内フローラ

食べ過ぎによる消化不良は腸内環境を悪化させる。

は食べ過ぎによる消化不良は腸内環境を悪化させる

今回は食べ過ぎによる消化不良は腸内環境を悪化させるということについてです。

私たちの腸内には100種類・100兆個以上もの腸内細菌が存在しており、その群生の様子はお花畑になぞらえて「腸内フローラ」と呼ばれています。

その腸内細菌の集まりである腸内フローラや腸内環境は、免疫系に深く関わるなどしているため、普段から腸内細菌のバランスを整えるよう腸内環境を改善していくことは、これからの健康長寿の実現のためには欠かせません。

 

しかし、腸内フローラや腸内環境を悪化させてしまう要因があり、それらには、

  1. 食品添加物
  2. 抗生物質
  3. ストレス
  4. 食べ過ぎ
  5. 運動不足

などが挙げられるのですが、今回はそのうちの「食べ過ぎ」について述べていきたいと思います。

 

消化不良が生じることは、腸内環境を著しく悪化させる原因になる。

消化不良は腸内環境を悪化

消化に悪い食べ物を食べ過ぎたり、お腹をいっぱいにしてから寝る事によって食べ物の消化不良が生じることは、腸内環境を著しく悪化させる原因になってしまうと考えられます。

ここでいう「消化不良」とは、食べ過ぎや早食い、加工食品などの摂り過ぎによって、食べ物の三大栄養素(糖質・たんぱく質・脂質)が消化酵素によって十分に分解されないまま腸に達してしまうことです。

それにより三大栄養素は腐敗し、腸内環境を悪化させ、生活習慣病や大腸がんなど、様々な病気の原因になってしまうのです。

 

特に肉食中心の食事によってたんぱく質を摂りすぎてしまうと、腸内で「腐敗」と呼ばれる現象が起きます。

この「腐敗」とは、たんぱく質が分解する際に発生するアミン、インドール、スカトール、フェノールなどの有害物質が食べ物を腐敗させ、腸内環境を悪化させてしまうことです。

 

腹七~八分の食生活を心がけることが消化不良を遠ざける。

果物

そして、腸内を腐敗させるこれらの有害物質は、さらに強烈な発がん物質であるニトロソアミンを作り出すと言われており、このニトロソアミンは大腸がんの原因にもなってしまいます。

したがって、消化不良によって腸内環境が悪化するのを避けるためには、いつも満腹にするのではなく、常に腹七~八分の食生活を心がけることが必要になってきます。

 

また、寝る前に夜食を胃の中に詰め込んだり、夜遅くに消化に悪い食べ物を食べたりしないことも、消化不良を避けるために大切です。

もし寝る前にどうしてもお腹が空いたら、ハチミツをちょっと舐めたり、食物酵素が多く含まれている消化に良い果物などを食べたりするようにするのも、消化不良を防ぐためにオススメです。

 

以上ここまで、食べ過ぎによる消化不良は腸内環境を悪化させるということについて述べてきましたが、日頃からいかに食べ物の消化不良を防ぐか、ということは、未消化の食べ物を減らし、腸内環境を常に良好に保つためには非常に大切になってくるように思われます。

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. なぜ【食事・運動・瞑想】が「うつ」な気分を良くするのか?
  2. 知っておきたいビタミンAの役割・効果効能とは?
  3. マグネシウムの効果と働き【知っておきたいミネラルの栄養学】
  4. 鼻呼吸の徹底がアトピーを良くする理由とは?
  5. 『アトピーがぐんぐん消えた!』で大人アトピーの生活改善。

関連記事

  1. 体調不調の原因「リーキーガット」を修復するイート・ダート・プログラム

    アレルギー・花粉症

    不調の原因「リーキーガット」を修復するイート・ダート・プログラムとは?

    今回は体調不調の原因「リーキーガット」を修復するイート・ダート…

  2. なぜ今、発酵生活が現代人のライフスタイルに必要なのか?

    発酵食品

    なぜ今、発酵生活が現代人のライフスタイルに必要なのか?

    令和のはじまりをきっかけにして、これからの心と体の健康のために…

  3. 不溶性食物繊維の効果効能

    便秘の改善

    腸のために知っておくべき水溶性と不溶性の食物繊維の違いとは?

    今回は、腸のために知っておくべき水溶性と不溶性の食物繊維の違い…

  4. いのちの働きを感じることがうつを解消していく。

    うつ

    いのちの働きを感じることがうつを解消していく。

    今回はいのちの働きを感じることがうつを解消していくということに…

  5. 「うつ」にならないための食事術とは?ー『「うつ」にならない食生活』

    うつ

    「うつ」にならないための食事術とは?ー『「うつ」にならない食生活』

    当ブログでは令和の時代の真のヘルスケアについて述べていますが、…

  6. ミトコンドリア

    空腹力がミトコンドリアを強くする・増やす。

    時々食べない時間をつくることで空腹を感じることは、ミトコンドリ…

特集記事

  1. 生活習慣を変えてより健康になる秘訣とは?
  2. ダイエットしないで健康的に痩せるための方法とは?
  3. 2020年冬の風邪/インフルエンザ/新型コロナウイルス対策はハチミツで。
  4. ヘンプシードの免疫系に作用する働き
  5. 短鎖脂肪酸の効果・効能

オススメ記事

  1. 「いい習慣」で脳を変えるためには正しいゴール設定が必要なわけ…
  2. 歩く瞑想は現在(いま)と身体感覚を意識するのにオススメ。
  3. 苫米地英人『一生幸福になる 超訳「般若心経」 』で【空】を実…
  4. 腸内環境・腸内フローラを効果的に改善する方法とは?【腸活・菌…
  5. 低GIのアカシアはちみつでゆるやかな糖質制限。

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. 蜂蜜の栄養効果がミトコンドリアのエネルギーを生み出す

    ミトコンドリア

    🍯ハチミツの栄養効果がミトコンドリアのエネルギーを生み出すワケ。
  2. 「天然の抗生物質」プロポリスの効果・効能が注目なわけ。

    効果・効能

    「天然の抗生物質」プロポリスの効果・効能が注目なわけ。
  3. 毎日のルイボスティーが病気を遠ざける

    ルイボスティー

    毎日のルイボスティー習慣が病気の多くを遠ざけるワケ。
  4. 生活習慣を変えてより健康になる秘訣とは?

    生活習慣

    いつもの生活習慣を変えて、今より少しだけ健康になってみるためには?
  5. ダイエットしないで健康的に痩せるための方法とは?

    痩せ菌ダイエット

    ダイエットしないで健康的に痩せるための方法とは?
PAGE TOP