なぜ【食事・運動・瞑想】が「うつ」な気分を良くするのか?

うつ

なぜ【食事・運動・瞑想】が「うつ」な気分を良くするのか?

最近何だかうつっぽいと感じたら、食事・運動・瞑想で自分自身を大切にするためのセルフケア、始めてみませんか?

 

以前の記事で、『食事・運動・瞑想で「うつ」な気分を良くする生き方 自分を大切にするためのセルフケア習慣』をKindleで出版したことをお知らせしましたが、今回の記事はなぜ食事・運動・瞑想が「うつ」な気分を良くするのか? ということについて述べていきたいと思います。

この『食事・運動・瞑想で「うつ」な気分を良くする生き方』の前半部では、食事・運動・瞑想がなぜ「うつ」な気分を良くするのかということについて、後半部では、「うつ」の要因として、ストレスやエネルギー不足、自分を大切に出来ないことを挙げています。

 

特に後半部では、脳ストレスや「ぐるぐる思考」によるエネルギーの消耗、子ども時代の親子関係から生じてくる自己嫌悪について書いていますが、これらはどれも密接に関係し合っているように思います。

そしてその問題を少しでも解決していくために有効なのが、食事・運動・瞑想による心身の健康へのアプローチなのです。

 

食事・運動・瞑想

 

☆食事☆

厳密にはうつや脳に良い食事というものはないため、新鮮な野菜や果物、お米、肉や魚、海藻、発酵食品などから栄養素をバランスよく摂るようにすることが大切。

また出来る範囲で少しずつ、加工食品・食品添加物、質の悪い油(トランス脂肪酸など)の摂取を減らすようにする。

 

☆運動☆

ヨガやスロージョギング、ゆっくりスクワットといった適度な運動を行うことは、神経細胞やBDNF(脳由来神経栄養因子)を増やしたり、認知機能を改善したりすることにつながる。

しかし「うつ」の時ほど運動する気がなかなか起きないため、いきなり毎日頑張ろうせず、まずは「週末だけ1日20分程度のウォーキングをしてみる」「筋トレは3日に1回だけ」など、最初のハードルをなるべく低くする。

また「うつ」はエネルギー不足が関係しているため、無理に運動をし続けることで疲れすぎないように注意する。

 

☆瞑想☆

自分ひとりでは解決が難しい問題に対して、「ぐるぐる思考」や「自動思考」を延々と続けることは、脳でエネルギーをかなり消耗してしまう。

しかし日頃からマインドフルネス瞑想の実践によって、過去や未来ではなく、現在(いま)を意識するようにトレーニングすることは、「うつ」な気分を良くしていくことにつながる。

また、いきなり30分の瞑想をしようとすると、すぐに退屈に感じて続けるのが難しくなるため、1分からの「小さな習慣」から始めてみる。そうすれば、3分、5分、10分と長く続けられる可能性が出てくる。

 

二十歳の頃は、食事や運動、瞑想が心の健康のために大事だということは考えてもみなかった。

二十歳の頃は、食事や運動、瞑想が心の健康のために大事だということは考えてもみなかった。

私自身、両親が不仲な家庭環境で育ったこともあって、特に親子関係に対して屈折した思いをこれまで抱いてきました。

そして成長期に家庭環境で感じてきたストレスを体が憶えており、大人になってからもイヤな記憶として想い起しては、心のなかで再現することで余計にストレスを増やしてしまっていたのです。

 

特に「うつ」がひどくなったのは20代前半の頃で、当時はお金の話題ばかりが蔓延する日本の社会に対しても不満ばかりがつのり、それと同時に自分の生き方を模索することで、自分自身の生に対してはどこか不安や劣等感を感じていました。

その頃は今の自分とは正反対で、食事や運動、瞑想が心の健康のために大事だということは考えてもみませんでしたし、読書だけが心の救いだったため、どこか理屈っぽく頭でっかちでした。

しかしある時ヨガを始めてみたら、かなり体調が良くなり、身体の状態を変えれば心の領域である「気分」がこんなにも変わるのかと驚いたのです。

 

そしてその後、「心とは何か」ということについて関心を持ち、哲学や仏教などの分野に対してアプローチしながら自分なりに探求していくうちに「瞑想」に興味を持ち、お釈迦さまの瞑想法である、瞬間を生きるための「ヴィパッサナー瞑想」というものがあることを知ったのです。

また、毎日の食事も自分の心身にかなりの影響を与えていることに気づき、酵素栄養学など多くの本を参考にしながら、日々の食事を出来る範囲で改善してみました。

 

そして長い道のりでしたが、実際に食事を変え、体を動かし、瞑想を実践し、過去や未来ではなく、瞬間(いま)を生きるようにすることによって、いつもの気分を良い方向に変えられることが実感できたのです。

『食事・運動・瞑想で「うつ」な気分を良くする生き方』はそのような自分の経験をもとにしながら書いたものですが、難しく考えるよりもまずは実践していただきたいと思い、理論的な話は最低限に止めました。

 

気になる方は、当ブログ管理人が書いた『食事・運動・瞑想で「うつ」な気分をよくする生き方 自分を大切にするためのセルフケア習慣』、amazonでチェックしてみていただけると、大変うれしく思います。

食事・運動・瞑想で「うつ」な気分をよくする生き方 自分を大切にするためのセルフケア習慣

表紙をリニューアル、本文のレイアウトを変更し、かなり読みやすくなりました❕

 

 

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. 太古からの栄養源「スピルリナ」の効果・効能とは?
  2. 【水溶性ケイ素と松果体の関係とは】松久正『水晶(珪素)化する地球人の秘密』
  3. 本物のオリーブオイルを選ぶにはー『そのオリーブオイルは偽物です』
  4. 人新世の人類の腰痛対策とは?-『サピエンス異変』2
  5. 食品添加物は腸内環境悪化の原因。

関連記事

  1. 心と身体へのアプローチがうつをやわらげる。

    うつ

    心と身体へのアプローチが「うつ」をやわらげる。

    今回は心と身体へのアプローチがうつをやわらげるということについ…

  2. アトピーを食事で治していく

    アトピー

    栄養バランスの良い食事はアトピーを治していくために大切。

    今回は食事・食生活を見直すことはアトピーを治していくために大切…

  3. マインドフルネス瞑想についての間違いと正しい理解とは?

    マインドフルネス

    マインドフルネス瞑想についての間違いと正しい理解とは?

    「マインドフルネス瞑想」について、「怪しい」「危険」「宗教」「…

  4. 地橋秀雄『ブッダの瞑想法』はヴィパッサナー瞑想を始めるための一冊。

    仏教

    地橋秀雄『ブッダの瞑想法』はヴィパッサナー瞑想を始めるための一冊。

    今回は、私が瞑想を始めてみる際に手に取った『ブッダの瞑想法 ヴ…

  5. 苫米地英人『一生幸福になる 超訳「般若心経」 』で【空】を実現する生き方。

    仏教

    苫米地英人『一生幸福になる 超訳「般若心経」 』で【空】を実現する生き方。

    ポピュラーなお経である<般若心経>が説く【空】を正しく理解する…

  6. 「うつ」にならないための食事術とは?ー『「うつ」にならない食生活』

    うつ

    「うつ」にならないための食事術とは?ー『「うつ」にならない食生活』

    当ブログでは令和の時代の真のヘルスケアについて述べていますが、…

特集記事

  1. 知腸内環境の改善が免疫力を高める
  2. 発酵食品がこれからの健康生活のためにイチオシなわけ。
  3. 本物のマヌカハニーの正しい選び方
  4. 【ジャラハニーの効果・効能】ハチミツ生活のために知っておきたい。
  5. 話題の乳酸菌が16種類・500億個の「乳酸菌革命」とは?

オススメ記事

  1. 【食事・運動・瞑想】で心身のバランスを整えることは<コロナう…
  2. 腸内環境の改善は免疫力を確実に高める。
  3. スーパーフードが体と心に良い効果をもたらしてくれるワケとは?…
  4. 知ってトクする<自然音の効果・効能>とは?【ストレス解消・リ…
  5. 不調の原因「リーキーガット」を修復するイート・ダート・プログ…

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. 乳酸菌より注目な「乳酸菌生産物質」の腸への効果とは?

    腸内環境

    乳酸菌より注目な「乳酸菌生産物質」の腸への効果とは?
  2. 乳酸菌発酵エキス「善玉元気」で腸内環境をキレイに

    サプリメント

    短鎖脂肪酸配合の乳酸菌発酵エキス「善玉元気」で腸をキレイに。
  3. 短鎖脂肪酸の効果・効能

    腸内細菌

    短鎖脂肪酸の効果・効能は腸内細菌の万能薬!?
  4. ミトコンドリア

    ミトコンドリアが免疫力アップに関係しているワケ。
  5. 腸内環境・腸内フローラの改善方法

    生活習慣

    腸内環境・腸内フローラを効果的に改善する方法とは?【腸活・菌活】
PAGE TOP