『1日10秒マインドフルネス』でマインドフルネス瞑想を毎日の習慣に。

マインドフルネス

『1日10秒マインドフルネス』で、マインドフルネス瞑想を毎日習慣に。

『1日10秒マインドフルネス』でマインドフルネス瞑想を毎日の習慣に。

当ブログでは令和の時代の真のヘルスケアについて述べていますが、今回は、『1日10秒マインドフルネス』(藤井英雄 著 大和書房)という1冊を、マインドフルネス瞑想を毎日の習慣にするためにご紹介したいと思います。

 

マインドフルネス瞑想を始めたけれど、すぐに雑念が浮かんできたり、退屈さを感じたりして、30分どころか5分も続けれられない、という方は多くいらっしゃるのではないでしょうか?

また、マインドフルネス瞑想に興味・関心があって始めてみたけれど、気づいたら続けるのを止めてしまっていた、という方もいらっしゃると思います。

そのような、マインドフルネス瞑想を続けたいけれど、時間的にも習慣的にもなかなか長続きしないで悩んでいる方にオススメな一冊は、『マインドフルネスの教科書』、『1日1行マインドフルネス日記』といった著作もある、精神科医で作家の藤井英雄氏が書いた『1日10秒マインドフルネス』なのです。

 

本書の「はじめに」のなかで、藤井英雄氏は、マインドフルネス瞑想の欠点として、

  • 「マインドフルネスが長続きしないこと」
  • 「いざというときに自分の意志でマインドフルネスになることが非常に難しいということ」

を挙げています。

この藤井氏が挙げる「マインドフルネスが長続きしないこと」や「いざというときに自分の意志でマインドフルネスになることが非常に難しいということ」は、私自身も、マインドフルネス瞑想の実践を続けるなかで、よく感じることがあります。

 

まず一つ目の欠点は、マインドフルネスが長続きしないことです。いったんマインドフルネスな状態となっても、短ければ一瞬のうちにマインドフルネスな状態は消え去ります。練習していなければ長くもっても3秒程度でしょう。

さらにもう一つあります。それはいざというときに自分の意志でマインドフルネスになることが非常に難しいということです。マインドフルネスが最も威力を発揮するのはネガティブ思考にとらわれているときです。ネガティブ思考や感情とはイライラや悲しみのことです。そのネガティブ思考や感情を感じたときにマインドフルネスになることは非常に難しいものです。マインドフルネスの瞬間は偶然の賜物としての要素もあるのです。

(藤井英雄『1日10秒マインドフルネス』 p4)

 

マインドフルネスは10秒が効果的なワケ。

マインドフルネスは10秒が効果的なワケ。

そして藤井英雄氏は、「週に一回長い時間、マインドフルネス瞑想をすることも有効ですが、それよりも毎日少しの時間でもマインドフルネス瞑想をするほうがより効果的」だとしています。

確かに、マインドフルネス瞑想を始めたばかりの頃は、最初から長い時間マインドフルネス瞑想を続けるというのは難しいため、「毎日少しの時間でもマインドフルネス瞑想をする」ほうが、続けやすいと思います。

 

では具体的にどのくらいの時間、マインドフルネス瞑想を行なえば良いのかといえば、藤井英雄氏によれば、たったの

10秒

なのです。

このことに関して藤井氏が、

「まずは10秒間、マインドフルネスな状態を継続する力をつけます。10秒間、マインドフルネスな状態で過ごせるなら、次の10秒間も同じ状態でいれられます。」

と述べていることは注目に値します。

 

週に一回長い時間、マインドフルネス瞑想をすることも有効ですが、それよりも毎日少しの時間でもマインドフルネス瞑想をするほうがより効果的なのです。

まずは10秒間、マインドフルネスな状態を継続する力をつけます。10秒間、マインドフルネスな状態で過ごせるなら、次の10秒間も同じ状態でいれられます。

(藤井英雄『1日10秒マインドフルネス』 p5)

 

 

10秒マインドフルネス瞑想の方法とは?

10秒マインドフルネス瞑想の方法とは?

では、具体的に10秒間のマインドフルネス瞑想をどのように行えば良いのでしょうか?

藤井英雄氏は、10秒マインドフルネスの手順として3つを挙げています。

 

1、はじめの宣言

「今からマインドフルネス瞑想のエクササイズをする」と宣言する

2、感じる

「今、ここ」の現実を10秒間、感じる

3、おわりの宣言

「ここからマインドフルネスな状態で生きる」と宣言する

(藤井英雄『1日10秒マインドフルネス』 p51)

 

では、この藤井英雄氏による10秒マインドフルネスの手順を簡単に解説していきたいと思います。

まず、「今からマインドフルネスの練習をする」「私は今ここにいます」など、「「はじめの宣言」をすることで心をエクササイズに集中する効果」があるといいます。

 

次に、「たとえば目を閉じてまわりにどんな音がするか」など、「「今、ここ」の現実を10秒間」感じるようにします。

しかし「音を聞くことだけに集中」して「没頭」するのではなく、音を聴いている<今・ここ>の自分に気づき、「「感じた」ことを実況することが大切」なのです。

 

最後に、意図的に「「ここからマインドフルネスな状態で生きる」と宣言」することで潜在意識に響かせ、「マインドフルネスの頻度が高く」なるようにします。

 

また、この10秒マインドフルネスをどのように実践するのか、具体的なイメージがなかなか湧かないかもしれませんが、

 

  • 胸式呼吸
  • 腹式呼吸
  • 鼻を通る空気
  • 指の感覚
  • 物を拾う
  • 食べる
  • 立つ
  • 左右の重心
  • 前後の重心
  • 歩く
  • 身体の一部
  • 心の声を聴く

 

といったことに応用するための方法が本書の第2章で述べられていますので、そのあたりを読むと、より10秒マインドフルネスに馴染みやすくなると思います。

『1日10秒マインドフルネス』はマインドフルネス瞑想を小さな習慣として始めるのに最適。

『1日10秒マインドフルネス』はマインドフルネス瞑想を小さな習慣として始めるのに最適。

以上今回の記事では、『1日10秒マインドフルネス』(藤井英雄 著 大和書房)を、マインドフルネス瞑想を毎日の習慣にするためにご紹介してきましたが、本書はマインドフルネス瞑想を小さな習慣として始めるのに最適な一冊です。

また、この1日10秒マインドフルネスの方法は、人生のなかの、仕事・ビジネスや家事など、様々な場面でも、応用できると思いますので、そういう意味でも本書はオススメです。

そのほか、本書に書かれている「棚上げ」という、瞑想中の雑念の対処法も、たいへん参考になります。

 

 

 

当ブログ管理人が書いた『マインドフルネス習慣で「今・ここ」を選ぶ生き方 情報社会を生き抜くためのセルフケア』 AmazonのKindleストアで販売中です。

『マインドフルネス習慣で「今・ここ」を選ぶ生き方 情報社会を生き抜くためのセルフケア』

 

 

 

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. 『病気が教えてくれる、病気の治し方』から病気とは何かを考える。
  2. 幸福への第一歩は他人からの評価を気にしないこと。
  3. 『「腸の力」であなたは変わる』で現代病予防。
  4. 北欧の果実「リンゴンベリー」でアンチエイジング。
  5. キヌアの栄養効果がゆる糖質制限にオススメなわけとは?

関連記事

  1. お金2.0で価値主義に生きる

    経済

    『お金2.0』で価値主義に生きる。

    今回は、『お金2.0 新しい経済のルールと生き方』(佐藤航陽 …

  2. 21世紀の健康はエネルギーに注目ー『未来を救う「波動医学」』

    健康

    21世紀の健康はエネルギーに注目ー『未来を救う「波動医学」』

    今回は、『未来を救う「波動医学」 瞬時に診断・治療し、痛みも副…

  3. 習慣は自分の人生を「理想郷」にするために大切ー『人生を変える習慣のつくり方』

    生活習慣

    習慣は自分の人生を「理想郷」にするために大切ー『人生を変える習慣のつくり方』

    2020年、新しい時代の幕開けをきっかけに、新しい習慣を始めて…

  4. 「いい習慣」で「脳を変える」ためには抽象度の高いゴール設定が必要なわけ。

    成功法則

    「いい習慣」で脳を変えるためには正しいゴール設定が必要なわけ。

    今回は、前回に引き続き、『いい習慣が脳を変える 健康・仕事・お…

  5. なぜ森林浴×マインドフルネス効果がストレスによる慢性炎症・生活習慣病を防ぐのか?

    森林浴

    なぜ森林浴×マインドフルネスがストレスによる慢性炎症・生活習慣病を防ぐのか?

    慢性的なストレスを減らすために、森林浴×マインドフルネスを日々…

  6. 体の不調は「首こり」から治す、が正しい

    生活習慣

    「首こり」に気をつけることが心身を整え、うつも防ぐ。

    当ブログでは令和の時代のヘルスケア&セルフケアについて考えてい…

特集記事

  1. ATPはミトコンドリアによるエネルギー通貨。
  2. 純粋国産はちみつ「Megumi-めぐみ」は非加熱天然
  3. アトピーを治していくために続けていきたい生活習慣
  4. 体が硬い人ほど【ゆっくりヨガ】でからだを観察&マインドフルネス。
  5. 『ホモ・デウス』は心の未来を見据えた書物【感想・書評】

オススメ記事

  1. 腸内細菌のバランスが健康維持のためにすごく大切なわけ。
  2. 生ハチミツはビタミンの補充に効果的。
  3. エネルギー不足が「うつ」の原因のひとつである理由とは?
  4. 糖質制限は炭水化物を減らすではなく「選ぶ」が大切。
  5. 天然はちみつは身体と脳の疲労回復に効果的。

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. 『ホモ・デウス』は心の未来を見据えた書物【感想・書評】

    進化

    『ホモ・デウス』は心の未来を見据えた書物【要約・書評】
  2. 知腸内環境の改善が免疫力を高める

    酵素ドリンク

    ダイエットに効果的!酵素ドリンクでのプチゆる断食。
  3. マインドフルネス瞑想を始める理由とは何か?

    マインドフルネス

    これからマインドフルネス瞑想を始めてみる理由とは何か?
  4. マインドフルネス瞑想のやり方・方法・注意点とは?

    マインドフルネス

    【マインドフルネス瞑想】を始めるためのやり方・方法・注意点とは?
  5. プチゆるダイエットは「スーパーフード」で気持ちよく

    食事

    スーパーフードが体と心に良い効果をもたらしてくれるワケとは?
PAGE TOP