SIBO(小腸内細菌増殖症)とは何か?

腸内細菌

腸内細菌が増えすぎる「SIBO(小腸内細菌増殖症)」とは?

SIBO(小腸内細菌増殖症)とは?

今回はSIBO(小腸内細菌増殖症)と呼ばれる小腸の病気についてです。

腸内環境を良くして便秘を解消したり、腸内フローラを改善したりする時、焦点が当てられるのは、多数の腸内細菌が群生している大腸ですが、今、小腸の健康が脅かされているといいます。

特に、SIBO(小腸内細菌増殖症)と呼ばれる小腸の病気においては、1万個程度生息している小腸の腸内細菌が、およそ10倍も増えてしまうというのです。

小腸は、人体の免疫システムの要(かなめ)であり、食べ物の栄養素を吸収するための大切な器官です。しかし、もし小腸の腸内細菌が異常に増殖してしまえば、小腸内で炎症やガスが生じ、食べ物の栄養素がきちんと吸収されなかったり、免疫力の低下などの深刻な問題も起きてきてしまいます。

 

また、一般的に腸内環境や腸内フローラを改善するためには、オリゴ糖や水溶性の食物繊維などを摂取することによって、腸内の大腸の善玉菌を増やすことが重要だとされていますが、「SIBO」(小腸内細菌増殖症)の場合には、オリゴ糖などの炭水化物を摂ると、小腸の細菌を増やしてしまうことになり、かえって逆効果になるとされています。

つまり、腸に良いといわれている穀物や野菜、果物、発酵食品などの食べ物を摂ると、逆にお腹が張ったり、腹痛や下痢に悩まされたりする場合、SIBO(小腸内細菌増殖症)が関係している可能性を疑ってみる必要もあるのです。

 

ちなみに、

  • うつなどの精神疾患
  • 肥満
  • 肌荒れ・ロザケア(しゅさ)
  • 過敏性腸症候群
  • リーキーガット症候群
  • 自己免疫疾患
  • セリアック病・クローン病
  • 膠原病

などの症状も、このSIBOが関係していることが多いと言います(参考 江田証『小腸を強くすれば病気にならない 今、日本人に忍び寄る「SIBO」から身を守れ!』 インプレス)。

 

SIBOの原因とは?

小腸を強くすれば病気にならない

では、なぜ「SIBO」(小腸内細菌増殖症)は引き起こされてしまうのでしょうか?

現在、日本においてSIBOの問題について詳しいのは『パン・豆類・ヨーグルト・りんごを食べてはいけません ―世界が認めたおなかの弱い人の食べ方・治し方』などの著作がある医学博士の江田証氏です。

江田証氏は、SIBOを引き起こす原因として、『小腸を強くすれば病気にならない 今、日本人に忍び寄る「SIBO」から身を守れ!』(インプレス)のなかで、以下を挙げています。

 

①小腸の消化管運動の障害

②大きなストレスや間食などの生活習慣が、小腸の動きを悪くする

③抗生物質の乱用

④胃薬による胃酸過少

⑤免疫力の低下

⑥炭水化物の消化不良、食べすぎ

⑦重金属が体に蓄積

⑧急性胃腸炎などのあとに発生する

⑨大腸のバウヒン弁に障害がある

⑩胆のう除去など機能的な問題

(江田証『小腸を強くすれば病気にならない』p106)

 

SIBOを予防するには生活習慣の見直しが大切。

SIBOを予防するには生活習慣の見直しが大切。

SIBOになる原因を特定することは難しいのかもしれませんが、やはり大きいのは、欧米型に移行した日本人のライフスタイルの変化であるように感じます。

食事に関しては、ファストフードに代表されるような、日頃からグルテンなどが含まれている小麦が多く使われたパンやパスタ、ピザなどを多く食べるようになったことや、食べ過ぎによる消化不良などが、原因のひとつに挙げられるように思うのです。

 

ちなみに、SIBOを食事によって改善するには、炭水化物の摂り方に気をつけ、「高FOODMAP」と呼ばれる食品を避けることが重要だといわれています。

さらに、ある程度食べない時間を作る断食(ファスティング)も、小腸の健康維持やSIBOの予防のために有効のようです。

また、過度のストレスや座ってばかりの生活を避け、意識的にこまめに歩くようにすることで運動不足を解消することも小腸の健康やSIBOの予防のためには大切であるように感じます。

 

なお、SIBOについて詳しく書かれている江田証氏の『小腸を強くすれば病気にならない 今、日本人に忍び寄る「SIBO」から身を守れ!』や、「FOODMAP」のことなど、主に食事によるSIBOの改善については、こちらの記事をご参照ください。

 

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. まつえ蜂蜜は花の香りが漂う天然の生はちみつ。
  2. 知ってトクするナイアシンの働き・役割とは?
  3. イスラ・ナチュラ ピュアハニーというチリの生はちみつが美味しすぎる。
  4. うつの時は「しなければならない」を減らして「したい」を増やす。
  5. Kindle本第3弾❕『森林浴×マインドフルネスでこれからの健康管理』 内容紹介…

関連記事

  1. 腸内環境の改善がアレルギーを緩和していく。

    免疫力

    腸内環境の改善がアレルギーを緩和していく理由とは?

    今回は腸内環境の改善がアレルギー症状の緩和につながるということ…

  2. 乳酸菌より注目な「乳酸菌生産物質」の腸への効果とは?

    腸内環境

    乳酸菌より注目な「乳酸菌生産物質」の腸への効果とは?

    乳酸菌よりもその効果が注目されている「乳酸菌生産物質」について…

  3. 病気が教えてくれる、病気の治し方 スピリチュアル対症療法

    病気とは何か?

    『病気が教えてくれる、病気の治し方』から病気とは何かを考える。

    今回は『病気が教えてくれる、病気の治し方 スピリチュアル対症療…

  4. 腸内環境

    オリゴ糖の効果・効能は善玉菌を増やす。

    今回はオリゴ糖の効果・効能が善玉菌を増やすということについて述…

  5. 小腸を強くすれば病気にならない

    腸内環境

    『小腸を強くすれば病気にならない』でSIBO対策。

    今回は『小腸を強くすれば病気にならない 今、日本人に忍び寄る「…

  6. 抗生物質

    腸内フローラ

    抗生物質は腸内フローラのバランスを乱す原因に。

    今回は抗生物質が腸内フローラのバランスを乱し、腸内環境を悪化さ…

特集記事

  1. 天然ハチミツジャングルハニー
  2. 『ホモ・デウス』は心の未来を見据えた書物【感想・書評】
  3. ビーポーレン(蜂花粉)がパーフェクトフードなわけ
  4. 生ローヤルゼリーの健康効果が心と体にオススメなわけ
  5. 腸内環境・腸内フローラの改善方法

オススメ記事

  1. いのちの働きを感じることがうつを解消していく。
  2. 半日断食(ファスティング)が現代病予防にオススメなわけ。
  3. なぜ【食事・運動・瞑想】が「うつ」な気分を良くするのか?
  4. ONKYOスピーカー【D-112NFX(D)】の感想はハイレ…
  5. 生・純粋ハチミツの腸内環境を改善する効果の実力とは?

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. 『食事・運動・瞑想で「うつ」な気分を良くする生き方』「はじめに」を無料公開。

    電子書籍

    『食事・運動・瞑想で「うつ」な気分を良くする生き方』Kindle本販売のお知らせ…
  2. ココナッツオイルの効果・効能がヘルシーライフに役立つわけとは?

    ミトコンドリア

    ココナッツオイルの効果・効能がヘルシーライフに役立つわけとは?
  3. 『ホモ・デウス』は心の未来を見据えた書物【感想・書評】

    進化

    『ホモ・デウス』は心の未来を見据えた書物【要約・書評】
  4. 短鎖脂肪酸の効果・効能

    腸内細菌

    短鎖脂肪酸の効果・効能は腸内細菌の万能薬!?
  5. ダイエットしないで健康的に痩せるための方法とは?

    痩せ菌ダイエット

    ダイエットしないで健康的に痩せるための方法とは?
PAGE TOP