糖尿病は〝砂糖〟で治す! 甘いものに目がないのは正しかった

糖尿病

『糖尿病は〝砂糖〟で治す!』で糖質制限とでんぷんの問題を考える。

糖尿病は〝砂糖〟で治す! 甘いものに目がないのは正しかった

今回は前回に引き続き、『糖尿病は〝砂糖〟で治す! 甘いものに目がないのは正しかった』(﨑谷博征 著 鉱脈社)という本をご紹介しながら、でんぷんと糖質制限の問題について考えてみたいと思います。

 

前回の記事でも述べましたが、パレオドクターである﨑谷博征医師の『糖尿病は〝砂糖〟で治す!』は糖尿病のことだけではなく、「健康の場」という視点から砂糖(ブドウ糖・果糖)によるエネルギー代謝の重要性について述べている一冊です。

糖尿病の原因は砂糖ではないという記述も興味深いのですが、実際に通読してみると、糖類をカットし、タンパク質や脂肪をエネルギー源にする糖質制限健康法の問題点や、近頃のケトン体ブームなどについても考えさせられます。

また、「糖」を摂取する場合、ご飯やパン(でんぷん質)ではなく、なぜブドウ糖と果糖のバランスが良い砂糖やハチミツ、果物でなければいけないのかもわかってきます。

 

ちなみにストレスを感じた際、「甘い物」が欲しくなりますが、この「甘い物」とはブドウ糖と果糖で構成された砂糖やハチミツ、フルーツのことであって、決して人工甘味料や異性化糖のことではありません。

 

特に果糖に関しては、摂り過ぎると痛風の原因になるなど、巷の健康本を読んでいると悪者扱いされていることが多い印象ですが、本書のなかで﨑谷博征医師は、

  • 「果糖(フルクトース)は、糖よりも熱産生、二酸化炭素(CO₂)産生が高いことが分かっています。さらに糖よりも糖代謝を促進し、脂肪の酸化・燃焼(=シックネス・フィールドでの代謝)を防ぎます。つまり、糖よりエネルギー代謝を高める物質なのです。」
  • 「果糖(フルクトース)は、酸化ストレスに対する耐性を高める」

としています。

 

一方、デンプン質に対しては、

 

・反応性低血糖を引き起こす(インシュリンの大量分泌)

・小腸をすり抜けて、小動脈を詰まらせる(パーソープション)

・エンドトキシン(内毒素)を増やして、肥満や炎症反応を引き起こす

(﨑谷博征『糖尿病は〝砂糖〟で治す!』p160)

 

としており、糖質摂取源としては推奨していません。

 

したがって、本書の内容を糖質制限に活かす場合、ご飯やパンといった炭水化物・穀物ではなく、十分な量の糖類(ブドウ糖と果糖)を砂糖やハチミツ、フルーツなどから摂るようにすることが大切になるのです。

 

『糖尿病は〝砂糖〟で治す!』で、糖質制限やケトン食ダイエットを見直してみる。

糖尿病は〝砂糖〟で治す! 甘いものに目がないのは正しかった

また、﨑谷医師は「病気の場(sickness field:シックネス・フィールド)では、糖は不完全燃焼に終わってしまうか、あるいは糖以外の脂質(脂肪酸)、タンパク質(アミノ酸)を燃料としています。」としている通り、巷の糖質制限健康法の、糖質の摂取を控える代わりに、タンパク質と脂肪をエネルギー源にするという考えは認めていません。

そのあたりの詳しい理由について気になる方は、本書を『糖尿病は〝砂糖〟で治す!』を実際に読んでみていただきたいと思いますが、本書の内容は、近年、流行している糖質制限やケトン食ダイエットを見直すのにも有益であると思います。

ちなみに本書では理想的な糖質の供給源として、砂糖(スクロース)、ハチミツ、フルーツ、フルーツのピューレ、アガベシロップが挙げられています。

 

現実的には、これらの食品だけから、糖質を摂取するというのは難しいように感じますが、1日の糖質の必要量をこれらの食品から摂取するのは無理だとしても、プーファ(多価不飽和脂肪酸)を減らしつつ、デンプン質を含む穀物を例えば1~2食分減らし、代わりに、砂糖やハチミツ、フルーツなどから糖類(ブドウ糖と果糖)を摂るようにすることはこれからの糖質制限として可能であるように思います。

 

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. 蜂蜜は果糖もスゴかった🍯『自然治癒はハチミツから ハニー・フルクトースの実力』
  2. ジャラハニーの殺菌・抗菌効果が注目なわけ。
  3. 天然ハチミツジャングルハニーはミネラルが3.1倍!
  4. ココアの「うつ」な気分をやわらげる効果とは?
  5. 『森林浴×マインドフルネスでこれからの健康管理』Kindle本加筆修正のお知らせ…

関連記事

  1. 人生を良い方向に変えるための『小さな習慣』とは?

    生活習慣

    人生を良い方向に変えるには『小さな習慣』が大切。

    どういうわけか何をやってもうまくいかない、という時、人生を少し…

  2. AI原論 神の支配と人間の自由

    進化

    シンギュラリティ仮説と一神教思想の類似点とはー『AI原論』2

    今回は、前回に引き続き、『AI原論 神の支配と人間の自由』(西…

  3. 『生き方と哲学』

    哲学

    生きることの幸福を粘り強く考えるー『生き方と哲学』2

    今回は前回に引き続き、『生き方と哲学』(鬼界彰夫 著 講談社)…

  4. 糖質・炭水化物の種類

    糖質制限

    糖質制限はゆるやかに行うのがオススメ。

    今回は糖質制限はゆるやかに行うのがオススメということについて述…

  5. 『ひとさじのはちみつ 自然がくれた家庭医薬品の知恵』

    ハチミツ

    『ひとさじのはちみつ』から伝わる蜂蜜の魅力。

    当ブログではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、…

  6. 苫米地英人『音楽と洗脳』は音と脳の関係を考えるのに画期的。

    苫米地英人

    苫米地英人『音楽と洗脳』は音と脳の関係を考えるのに画期的。

    今回は『音楽と洗脳 美しき和音の正体』(苫米地英人 著)を、音…

特集記事

  1. 瞑想・創造・読書が、自己肯定感・安全基地を育てる!【孤独なのにつながっている】
  2. 毎日のルイボスティーが病気を遠ざける
  3. 発酵食品がこれからの健康生活のためにイチオシなわけ。
  4. 体が硬い人ほど【ゆっくりヨガ】でからだを観察&マインドフルネス。
  5. ダイエットしないで健康的に痩せるための方法とは?

オススメ記事

  1. ココナッツオイル&ギーでスキンケア&乾燥肌対策。
  2. 1分間のマインドフルネス瞑想が免疫力の低下を防ぐ。
  3. 腸内細菌のバランスが健康維持のためにすごく大切なわけ。【腸を…
  4. 『失われてゆく、我々の内なる細菌』が鳴らす警鐘「抗生物質の冬…
  5. 花粉症対策とビタミンD、冬の日光浴不足の関係とは?【2022…

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Post Type Selectors

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. 食事・運動・瞑想がうつを良くしていく

    うつ

    <食事・運動・瞑想>が【うつ】をやわらげていく理由とは?【2022年版】
  2. アロエベラの効果・効能

    アロエベラ

    【知っておきたい】アロエベラの効果・効能が病気予防にイチオシなわけ。
  3. そもそも免疫力とは何か?

    ミトコンドリア

    そもそも免疫力とは何か?【健康のために知っておきたい】
  4. 酵素サプリで病気の原因「消化不良」を防いで腸を健康に。

    酵素

    酵素サプリで病気の原因「消化不良」を防いで腸健康。
  5. ココナッツオイルの効果・効能がヘルシーライフに役立つわけとは?

    ミトコンドリア

    ココナッツオイルの効果・効能がヘルシーライフに役立つわけとは?
PAGE TOP